方法、手法

車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

オイルを抜くのは上抜きが良い?

某カーメンテナンスショップには、「オイルは下抜きよりも上抜きの方がいい」と書かれた看板をみたことがあります。

これは、車のメンテナンスを行う知識を持った者たちにとっては、度々物議を生じさせる話題のひとつ。

私は、仕事柄、設計する人の思想を考えて解釈するようにしていますので、私の見解としては、“基本的には下抜きが正しい”と判断しています。

車の設計思想としては、下抜きでオイルが抜けるように設計しています。

ですから、スマートなどの下抜きが出来ない車種を除いて、基本的には下抜きで問題がないように設計されているはずなので、迷った時は下抜きです。

 

なぜ上抜きが良いとの見解があるのか?

上抜きの方が、下抜きよりも多くオイルが抜ける車種が多数存在します。

交換したいオイルは汚れていたり、酸化していたりするので少しでも多く、新しいオイルと置換したいもの。

つまり、少しでも多く古いオイルが抜ける方が良い方法と判断できます。

 

上抜きと下抜きのどちらが良いか判断する方法

スマートなど、そもそも下抜きが出来ない車種だとか、BMWの一部の車種のようにオイルレベルゲージが付いていなく、そもそも上抜きが出来ない車種を除いて、多くの車種では上抜きと下抜きの両方に対応しています。

この場合、自分の車がどちらに適しているのか判断しておく必要があります。

手順としては、まず下抜きでオイルが垂れてこなくなるまで完全に抜きます。

次に、上抜きでオイルを抜いてみます。

この時に、オイルが抜けるようであれば、その車種は上抜きの方が多くオイルが抜けると判断できます。

理論上、この手順は逆でもできますが、上記に示す手順の方が分かりやすいと思います。

 

下抜きのメリット

ドレンボルトに若干の磁性がありますので、ドレンボルトに付着した鉄分を直接ウエス(ボロ布など)で拭き取ることが出来ます。

冬などの温度が低い環境でもオイルが抜けやすい。

スキルに左右されることなく、規定量のオイルを抜くことができる。

 

 

下抜きのデメリット

ジャッキアップが大変。

車の下にもぐることになるので、一歩間違えると大怪我につがなります。(゚д゚lll)

ドレンプラグを外すので、パッキンが劣化します。

基本的には、一度外すと、パッキンは新品に交換する必要があります。

ドレンプラグを外すと同時に、廃油が流れ落ちるので、高確率で手が汚れます。

受け皿の位置を間違えると、床を汚す危険性がある。

ドレンプラグを締め忘れるリスクがあります。

締めすぎることによるドレンプラグの消耗が発生する。

締めるトルクが適正でないと、オイル漏れのリスクがあります。

 

 

上抜きのメリット

作業工程が少ないので、作業が楽で早い!

※冬などの温度が低いときは、暖気運転しないとすごく時間がかかります。

レベルゲージを抜いて、そこにホースを突っ込むだけでオイルが抜けます。

ドレンプラグを外さないので、下抜きのデメリットがすべてありません。

ジャッキアップも必要ありませんので安全ですし、作業場所が地面の柔らかい土の上であっても問題なく作業ができます。

あとは、手がほとんど汚れません。

 

 

下抜きの注意点

毎年、このジャッキアップのミスにより死亡事故が発生しています。

ジャッキアップのリフトのみで、作業しない事です。

必ずウマと呼ばれる台を使用するか、なければ余っているタイヤなどを挟んでおく必要があります。

勾配のある土地や、やわらかい地面の上でのジャッキアップは大変危険ですから注意してください。

 

 

上抜きのデメリット

スキル(技術や熟練度)によって、抜ける量が変わることがあります。

スキルとは関係なく、ほとんどオイルが抜けない車種があります。

入れたホースが抜けにくいことがあります。(私の経験では、スバルのボクサーエンジンで数台ありました。)

これは、入れてからでないと判りませんので、ちょっとびびります。

冬などの温度が低い環境では、暖機運転していないとオイルを抜くのに異常に時間が必要になります。

ドレンプラグに付着した鉄粉を拭き取ることができない。

 

上抜きの注意点

事前に、上抜きで不具合がないか調べることが必要です。

説明書などで、オイル交換時に必要なオイル量を調べておき、その量が抜けているか確認しておく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、上抜きと下抜きでは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

総合的に考えると、ユーザーが自分でオイル交換を行うなら、安全性の観点から上抜きをお勧めします。

オイルエレメントを交換する時は、ショップで行ってもらい、その時は下抜きしてもらえばいいのではないでしょうか。

オイルエレメントの交換は、アンダーカバーを取り外したり、他の部品を外したりと、位置によっては非常に困難な車種もあります。

工賃もそんなに高くありませんので、オイルエレメントの交換時のみショップで行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:バイクに車用のエンジンオイルを入れるとどうなるのか

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    【ひとつの選択肢】これから犬や猫を飼いたいと検討している人たちへ

    もしも、漠然とペットショップに行こうと考えているなら、私から、もうひと…

  2. 方法、手法

    口内炎は10(ジュー)秒で治す! レポート付き

    口内炎はどうなったのか?幹部は赤くなり、軽く火傷をした状態になりました…

  3. 方法、手法

    XML サイトマップ作成方法(Google XML Sitemaps)

    Googleへのサイトマップ送信は、Search Console(旧ウ…

  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 風編

    熱いカラダを冷ますのに、うちわで扇ぐと涼しく感じるのは、この原理と同じ…

  5. 方法、手法

    買い物依存症を克服するには

    すでに同様の物を持っているのに、たくさんの物品を購入してしまいます。ま…

  6. 方法、手法

    絶対に得をする礼儀作法

    礼儀作法がきちんと身についていれば、身なりが多少ダメであっても、大きく…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由
  2. トレンド

    明治のカールが東日本へのお土産の定番になる
  3. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?
  4. 方法、手法

    へこんだ畳の修復方法
  5. 方法、手法

    なめそうなほど硬いネジを緩める場合
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。