方法、手法

車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

オイルを抜くのは、上抜きが良い?

某カーメンテナンスショップには、「オイルは下抜きよりも上抜きの方がいい」と書かれた看板をみたことがあります。

これは、車のメンテナンスを行う知識を持った者たちにとっては、度々物議を生じさせる話題の一つです。

私は、仕事柄、設計する人の思想を考えて解釈するようにしていますので、私の見解としては、“基本的には下抜きが正しい”と言えると判断しています。

車の設計思想としては、下抜きでオイルが抜けるように設計しています。

ですから、スマートなどの下抜きが出来ない車種を除いて、基本的には下抜きで問題がないように設計されていますので、迷った時は下抜きです。

 

なぜ、上抜きが良いとの見解があるのか?

上抜きの方が、下抜きよりも多くオイルが抜ける車種が多数存在します。

交換したいオイルは汚れていたり、酸化していたりするので少しでも多く、新しいオイルと置換したいものです。

つまり、少しでも多く古いオイルが抜ける方が良い方法と判断できます。

 

 

自分の車が、上抜きと下抜きのどちらが良いか判断する方法

スマートなど、そもそも下抜きが出来ない車種だとか、BMWの一部の車種のようにオイルレベルゲージが付いていなく、そもそも上抜きが出来ない車種を除いて、多くの車種では上抜きと下抜きの両方に対応しています。

この場合、自分の車がどちらに適しているのか判断しておく必要があります。

手順としては、まず下抜きでオイルが垂れてこなくなるまで完全に抜きます。

次に、上抜きでオイルを抜いてみます。

この時に、オイルが抜けるようであれば、その車種は上抜きの方が多くオイルが抜けると判断できます。

理論上、この手順は逆でもできますが、上記に示す手順の方が分かりやすいと思います。

 

下抜きのメリット

ドレンボルトに若干の磁性がありますので、ドレンボルトに付着した鉄分を直接ウエス(ボロ布など)で拭き取ることが出来ます。

冬などの温度が低い環境で、オイルが抜けやすいといえます。

スキルに左右されることなく、規定量のオイルを抜くことができる。

 

 

下抜きのデメリット

ジャッキアップが大変です。

車の下にもぐることになるので、一つ間違えると大怪我につがなります。(゚д゚lll)

ドレンプラグを外すので、パッキンが劣化します。

基本的には、一度外すと、パッキンは新品に交換する必要があります。

ドレンプラグを外すと同時に、廃油が流れ落ちるので、高確率で手が汚れます。

受け皿の位置を間違えると、床を汚す危険性がある。

ドレンプラグを締め忘れるリスクがあります。

締めすぎることによるドレンプラグの消耗が発生する。

締めるトルクが適正でないと、オイル漏れのリスクがあります。

下記の商品は、普段私が使っているオイルチェンジャーです。

 

 

上抜きのメリット

作業工程が少ないので、作業が楽で早い!

レベルゲージを抜いて、そこにホースを突っ込めばオイルが抜けます。

ドレンプラグを外さないので、下抜きのデメリットがすべてありません。

ジャッキアップも必要ありませんので、安全ですし、作業場所が地面の柔らかい土の上であっても問題なく作業ができる。

手がほとんど汚れません。

 

 

下抜きの注意点

毎年、このジャッキアップのミスにより死亡事故が発生しています。

ジャッキアップのリフトのみで、作業しない事です。

必ずウマと呼ばれる台を使用するか、なければ余っているタイヤなどを挟んでおく必要があります。

勾配のある土地や、やわらかい地面の上でのジャッキアップは大変危険です。

 

 

上抜きのデメリット

スキル(技術や熟練度)によって、抜ける量が変わることがあります。

スキルとは関係なく、ほとんどオイルが抜けない車種があります。

入れたホースが抜けにくいことがあり得ます。(私の経験では、スバルのボクサーエンジンで数台ありました。)

これは、入れてからでないと判りませんので、ちょっと不安です。

冬などの温度が低い環境では、暖機運転していないとオイルを抜くのに異常に時間が必要になります。

ドレンプラグに付着した鉄粉を拭き取ることができない。

上抜きの注意点

事前に、上抜きで不具合がないか調べることが必要です。

説明書などで、オイル交換時に必要なオイル量を調べておき、その量が抜けているか確認しておく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、上抜きと下抜きでは、それぞれにメリットとデメリットがありましたね。

総合的に考えると、ユーザーが自分でオイル交換を行うなら、安全性の観点から上抜きをお勧めします。

オイルエレメントを交換する時は、ショップで行ってもらい、その時は下抜きしてもらえばいいのではないでしょうか。

オイルエレメントの交換は、アンダーカバーを取り外したり、他の部品を外したりと、位置によっては非常に困難な車種もあります。

工賃もそんなに高くありませんので、オイルエレメントの交換時のみショップで行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    切れない包丁でも、きれいに切れるのはなぜ?

    切れないから、切れない包丁ですよね?それが、きれいに切れる?意味がわか…

  2. 方法、手法

    ほとんどの電卓で使える、ちょっとした技

    消費税の計算に使えます。「1.08」「××」で、「1.08×」を固定す…

  3. 方法、手法

    お餅にお醤油を垂らすと網に付かなくなる理由

    お餅が網にくっ付く理由お餅の中には、小さな気泡がたくさ…

  4. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

  5. 方法、手法

    車のバッテリートラブルを未然に防ぐ方法

    この統計から判断できる結果として、バッテリートラブルさえ起こさなければ…

  6. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編

    今回の記事は、板金設計における穴やねじなどの加工についての設計ノウハウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. トレンド

    明治のカールが東日本へのお土産の定番になるかもしれない
  2. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ
  3. 考え方

    台風が接近!事前に私たちが備えることは、なに?
  4. 方法、手法

    スマホの便利な機能 パート1
  5. 思い出

    『備忘録』 阪神・淡路大震災の記憶
PAGE TOP