方法、手法

怒りの気持ちと上手に付き合う方法

怒らない人はいますか?

誰しも、仕事が忙しくなったり、家庭でも忙しくなったりすると、時間に追われるようになります。

そのような慌しさの中で、ついイライラして、自分の怒りを人にぶつけてしまい、後悔してしまうことはありませんか?

怒らない人なんてなかなかいません。

もしも、いるなら、その人は、怒りの気持ちに対して上手に付き合う方法をご存じなのかもしれません。

誰しも、すぐにはそんな人にはなれませんが、怒りが何かを知り、その吐き出し方法を理解することができれば、すぐに怒って、人と喧嘩することが少なくなるかもしれません。

 

怒りの発生するしくみ

4つの段階で怒りが、発生するしくみを見てみましょう。

 

1.怒りの素(原因)

人から、圧力や刺激を受けること。

相手からの圧力や刺激があり、怒りの素(不満)が蓄積されていきます。

その容量に応じて、耐えれる許容が変わってきます。

 

2.ストレスでイライラする。

怒りの素(不満)が、蓄積され、容量の限界に近づいてくると、イライラ感となって表に出始めます。

さすがに、ここまでくれば、多くの人が自分の気持ちに気が付きはじめる頃。

この段階の対応が一番大切になりますので、注意してください。

 

3.怒ってしまう。

イライラ感が爆発し、外に出ること。

自分の許容を超え、「なぜこんなにも自分が不満を抱えなければいけないのか」と相手を責める行動に出ます。

 

4.後悔する

怒りのしくみは、怒った後も続きます。

怒ったところで、不満が解消されることがなかったと気が付き、やり過ぎたことに気が付き後悔します。

 

この4つの段階で人は怒ります。

まず、1.怒りの素(原因)の段階で、不満をためて我慢している自分に気づくことが大切。

容量が大きいからと言っても、いつか必ず限界がきますので、我慢し続けることは不可能。

多くの人は、ここで怒りを我慢している自分に気が付かないもの。

日頃から身体のサインに意識を向け、緊張感で、身体に力が入っていたり、呼吸が浅くなっていたり、顔や手のひらが熱くなっていたりすることを確認することが大切。

2. ストレスでイライラする段階では、大きく深呼吸して気持ちを落ち着かせましょう。

一旦トイレなど、別の場所に移動すると少し落ち着くことがあります。

コーヒーやお茶を飲んで、おやつを食べましょう。

脳に、酸素と栄養をたくさん与えて、最善を考えましょう。

そうやって、一息休憩をすれば、脳もからだも満足し、落ち着くことができます。

 

白鳥片栗粉さん

 

怒り本来の気持ち

人が怒りを感じている時というのは、傷ついていたり、寂しかったり、悲しかったり、がっかりしていたりしているもの。

怒りとは、結果であって、本来の気持ちとはかけ離れたもの。

例えば、社員全員に平等に仕事を振り分けているが、うまくいかずがっかりしているところに、社員の一人から、「もっと振り分け方を考えてほしい!」と言われ、その社員への怒りが湧いてくる。

他には、なかなか家族全員が集まることができない中、やっとの思いで設定した食事会をキャンセルする家族がおり、その家族への怒りが湧いてくるとします。

社員との例では、根底にあったのは“落胆”で、さらに文句を言われたことによって自尊心が“傷つき”、そして“怒り”へ変化しています。

家族との例では、根底にあったのは“寂しさ”だったのが、それを我慢し続けキャンセルされたことによって“落胆”になり“怒り”へと変化しています。

 

 

根底にある本当の気持ちを伝える

相手にぶつけるのは、怒りではなく、怒りの根底にある本当の気持ちを伝える必要があります。

「悲しい」、「寂しい」、「傷ついた」、「悔しい」、「がっかりしている」などの本当の感情を言葉にして相手に伝えることが大事。

そうすることで、相手に本当の気持ちが伝えやすくなり、誤解やすれ違いを防ぐこともできます。

 

 

どうやって、伝えればいいのか

伝える時には、「私(俺)」を主語にして話すことを意識します。

「私は~」とか「俺は~」などと、自分を主語にして相手に伝えます。

自分を主語にしないと、どのように伝わるか見てみましょう。

「なぜ、おまえは俺の頑張りを認めないのか?」

「なぜ、おまえは食事会に来ないのか?」

いかがでしょうか、まるで相手を責めているだけで、自分の本当の気持ちは一切伝えられていません。

 

一方、自分を主語にすれば、どのように伝わるか見てみましょう。

「俺は、自分が思ったように業務を振り分けすることが出来ずに、残念で悔しかった。」

「俺は、みんなで一緒に会えなくて、寂しかった。」

いかがでしょうか、自分を主語にして伝えて見ると、印象がすごく変わった気がしませんか。

これであれば、自分の本当の気持ちを伝えられていますので、相手もあなたの気持ちを理解しやすくなると思います。

少しだけ、伝え方を工夫するだけで、蓄積された怒りの素は無くなるのかもしれません。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    自動車の車幅感覚を身につける方法

    車がギリギリ2台通れるような狭い道で車同士がすれ違う時、車幅感覚がない…

  2. 方法、手法

    ボルトやナット等の締付け管理とは

    ボルトの締めすぎによる問題締めればいいってものではありません。締め付け…

  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 冷輻射編

    夏の暑い日に、トンネルの中に入ると、ひんやりと感じること。この涼しさは…

  4. 方法、手法

    へこんだ畳の修復方法

    準備するものは、「水の入った霧吹き」と「ドライヤー」のみです。まず、畳…

  5. 方法、手法

    スマホの掃除方法

    手軽なティッシュで拭く方もいるのでは?ティッシュは油分を拭き取ることに…

  6. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    WordPressで記事のIDを確認する方法
  2. 方法、手法

    違う金属を接触させてはいけない理由
  3. 方法、手法

    「知らなかった」では許されない交通ルール。自転車だって例外じゃぁない!
  4. 方法、手法

    洋式トイレの正しい座り方
  5. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くない
PAGE TOP