方法、手法

「知らなかった」では許されない交通ルール。自転車だって例外じゃぁない!

 

 

 

 

 

 

「安全運転義務違反」に着目

スピード違反や、信号無視など、交通ルールには誰もが当然知っているようなルールがあります。

他には、ちょっとマイナーな、車線変更禁止違反(黄色の車線を踏む)などもあります。

これらは、あらかじめ学習して、知っておけば、違反を犯すことはありません。

 

しかし、交通ルールの中には、まぁまぁ、曖昧なものがあります。

それが、「安全運転義務違反」と言われるものです。

 

人間の主観により、基準が明確じゃありません

実はこれ、現場の警察官の感覚によって、非常に大きく基準がブレる可能性があるため、非常にやっかいです。

 

例えば

Z警官は、「まぁいいっか」と見逃すが、几帳面なF警官は、「アウト!」ってなる場合。

同じ、Z警官でも、彼女に振られた直後の勤務だと、同じ状況でも、「アウト!」となるかもしれません。

F警官は、荷物を持った不安定な自転車が、加害者になる死亡事故を経験していた場合、そのような運転を目撃した瞬間、「アウト!」となるのは心情だと思えます。

 

 

どうすればいいか

私たちは、しっかりと安全運転義務違反を理解し、グレーゾーンを犯さなければ問題ないことになります。

 

「安全運転義務違反」は必要

私は、この「安全運転義務違反」は絶対に必要なルールだと思っています。

もしも、「安全運転義務違反」がなければ、法律に記載がない限り、なにをやってもいいことになります。

不完全である、法律はこのような方法でカバーしているものです。

 

例えば、腕を骨折しており、片手運転で自転車に乗っていたり、雨の日に、傘を使用しながら、片手運転したりしても、法律に明記されてないなら、そのような運転はいいのでしょうか?

もちろん、法律に明記されてなければ、違反とはなりません。

 

しかし、少し考えれば、これらの運転はあきらかに危険な要素が含まれていることは容易に想定がつきますね。

 

法律の制定はとても難しく、完ぺきに作ることは出来ないものです。

 

これらを、おぎなうために、「安全運転義務違反」は必要なルールだと思うのです。

 

注意しないといけないのは、本人は「安全運転」だと思っていても、警察官が「危険な運転だ!」と判断すれば、検挙される可能性があります。

過去に起きた事故の状況などを把握し、危険かもしれない運転はしないように心掛ける必要があります。

 

 

 

 

過去の事例を確認

過去の事例を確認しておき、これらは「安全運転義務違反」になる可能性があることを知っておくことが大切です。

次は、基本ルールの説明と、過去に安全運転義務違反で検挙された事例を紹介していきます。

 

道路交通法 第70条
車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

 

これが、安全義務違反の根拠です。

 

なんとなく理解できます。

でも、“なんとなく“の理解だけでは、先の話に合った、グレーゾーンを侵し、意図せず交通ルールの判定となってしまいます。

 

交通ルールを守れないと、大きくは、2つの不具合があります。

 

 

1つ目:交通事故を起こしやすくなります。

ルールと言うのは、墓石の上に作られると言います。

つまり、過去にその行動によって、死亡事故などの重大災害が起き、今後において、このような悲惨な出来事が起きないように、との思いからルールが作られるものです。

 

 

2つ目:検挙されます。

あたりまえですが、交通ルールを守らなければ、たとえ自転車であっても検挙されます。

検挙され、制限を課せられたら、日々の生活がとても不便になります。

 

この2つの不具合は、あえて私が説明しなくても知っていると思いますが、大切な事なので、あえて書きました。

 

 

 

 

 

 

 

道路交通法 第70条を紐解く

 

車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作

この文面から考えられるルール違反

 

片手運転

傘を使用したり、大きな荷物を持っていたりしたら、即アウトだと、思ったほうがいいです。

スマホ使用は、意識までも阻害されるため論外です。

 

ハンドルが前後に傾いている車両

これは、若い方の自転車でよく見かけますが、ハンドルを持つ腕が不自然に曲がることになりますので、アウトになるでしょう。

私も、子供のときは、近所のガキ大将に無理やりハンドルを曲げられ、“オニハン”と呼ばれる状態のハンドルで自転車に乗らされていた時代がありました。

戻さないように、脅されていたため、そのまま乗っていましたが、当時から、何がいいのか全く理解できないまま、今日に至ります。

逆に、手前に曲げて、“ドロップ“とか、いいながら運転している者もいましたが、私には、あほにしか見えませんでした。

 

 

状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転

この文面から考えられるルール違反

 

速度

これは、例え制限速度の範囲であっても、状況によってはアウトになるってことです。

 

方法

ここが一番、グレーなその他の分類です。

過去の検挙例を参考にし、とにかく安全運転を心がけることが必要です。

安全運転をするのは当たり前のことです。

ですから、安全運転は法律でちゃんと義務として定められているのです。

 

 

 

 

安全運転義務違反の7つの区分

 

1.操作不適

ペダルの踏み間違いや、ハンドル操作ミスなど

 


アクセルとブレーキを踏み間違える。

まっすぐ進むべき道を蛇行運転する、

 

2.前方不注意

進行方向の確認を怠るなど

ぼーっとしていて、前をしっかり見ていない。

カーナビ操作などで脇見。

 

 

3.動静不注視

相手の存在には気付きながらも、危険がないと判断し、相手の動きに注意を払わないなど

人がいることと、人の動きは認識出来ているのに、ぶつかってしまう。

 

 

4.安全不確認

安全確認はしたのに、至らない点があること

一時停止や徐行をしたものの、十分な安全確認をしない。

踏切で、一時停止するけども、安全確認をしない。

 

 

5.安全速度違反

速度規制に違反をした訳ではないものの、状況次第では、その速度が危険と言える場合。

路面が凍結しているときの速度。

濃霧があるときの速度。

自転車には制限速度がないものの、無制限ではない。

 

 

6.予測不適

自分の車両サイズや速度を勘違いしていたり、相手車両の速度や動きの予測判断を誤ったりする場合など。

右折する時に、対向車のスピードを見誤る。

直進車両の後ろのバイクを見落とす。

 

 

7.その他

1~6に該当しない内容でも、危険と判断できること。

 

こう見ると、安全運転義務違反の範囲はとても広いです。

多くの交通事故が安全運転義務違反として扱われるのも頷けます。

 

 

安全運転義務違反で検挙された場合

普通車両の場合:反則金9,000円。 違反点数は-2点。

自転車の場合:3年以内に2回検挙で、「安全講習」が必要

 

 

まとめ

安全運転義務の要素は大きく2つでした。

 

安全に操作する義務

安全を確認する義務

 

安全運転をいま一度、肝に銘じていただければ、幸いです。

 

 

 


ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    加工硬化の話

    しず 「エアコンの配管(銅パイプ)も暖房運転 / 冷房運転の運転停止で…

  2. 方法、手法

    電気パンってご存知ですか?作り方も解説します。

    電気は、電解質なら流れるので、重曹を入りのパン種が電解質になっています…

  3. 方法、手法

    メガネ初心者必見!メガネの洗浄について

    メガネ用洗剤の自作のレシピ容器が50mlとしてその、容器に、水道水を4…

  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 通風編

    ついつい、暑いときは、窓を全開にしたくなる気持ちになりますが、1/4ぐ…

  5. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して、情報提供料の100円を節約できます。

    薬局に、処方箋を持っていくと、おくすりと一緒になにやら、写真つきの説明…

  6. 方法、手法

    神輿(みこし)の担ぎ方

    担ぎ棒から肩を離さないこと!担ぐ肩を決めたら、担ぎ棒に肩をグッっと入れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    ホテルに常備されている防災セットの中にある透明の袋は何に使うのか。
  2. トレンド

    モンストラックアウト大予想!
  3. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第3回
  4. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない
  5. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編
PAGE TOP