方法、手法

ゴキブリによる住居不法侵入事件 第4回

ゴキブリによる住居不法侵入事件 第4回

第1回から読まれる方は、こちらかどうぞ→第1回

第2回から読まれる方は、こちらかどうぞ→第2回

第3回から読まれる方は、こちらかどうぞ→第3回

 

安全な忌避効果のあるものを利用する

第1回では、不法侵入者であるゴキブリがどのようにして家屋に浸入しているのか?

その侵入経路をクローズアップしました。

また、その対処方法についても記載しました。

第2回では、不法侵入者であるゴキブリと出会ってしまった時の対処法を記載しました。

第3回では、侵入を許してしまったゴキブリをどのように対処するかを記載しました。

しかし、第3回の方法では、善ちゃんの実家のように、ペットが放し飼いになっている家では対策できません。

第4回は、第3回に引き続き、家屋に潜むゴキブリの対策ですが、ペットがいる場合の対策方法について記載してきます。

今回は、ペットがいても安心して、安全に家の中からゴキブリを追い出してしまうためのメソッドを紹介します。

 

植物の特殊能力を利用

植物って、自分で動くことが出来ない代わりに、別の能力が備わっています。

植物は、自ら動くことが出来ません。

ただ、何もせずにじっとしていると、害虫に自分自身を食されてしまいます。

そうならないように、植物には、それぞれ特殊能力があります。

例えばハーブを見てみると、人間にとってはいい香りがしますが、これは害虫にとってはとても不快な香りのようです。

ですので、ハーブの香りには忌避効果があります。

 

善:「いいねー、皆まで言わなくても、いいよ!」

しず:「えっ、もういいの?」

善:「 とにかく、部屋の中にたくさんハーブを置いて育てたらいいわけですな」

しず:「育て方を失敗すると、コバエ製造機になるかからね。」

善:「そんなもん毎日、水をあげて、日光にあててればいいんやろ?」

しず:「人の話は最後まで聞くものです。じゃぁ、善ちゃんは、さいなら」

善:「はいはい、わかりました」

 

部屋でハーブを育てる

善ちゃんが急かすので、結論から言いますが、部屋でハーブを育てるのが、ペットがいる家庭では望ましい方法の1つです。

ただし、ハーブと言っても種類は豊富で、育てる難易度が違うかったり、忌避効果が違うかったりします。

善ちゃんとの会話にもありましたが、植物の育て方を失敗すると今度は、コバエを飼っているようになってしまうので、植物を育てたことが無い人は、忌避効果から選ぶのではなく、育てやすさから選ぶことをお勧めいたします。

もちろん、植物を育てることに慣れている方は、忌避効果の高い物を優先すればいいかと思います。

今回のテーマは、害虫を寄せ付けない事ですので、リスクすくなく、安全に対策することを重要視しています。

ゴキブリがいなくなっても、コバエがたくさん発生してしまっては、害虫対策とは言えないと思います。

 

善:「俺は、ゴキっち さえ、いなくなれば、コバエなんていくらいてもいいよ」

しず:「確かに、それも一理あるけど、コバエも気になるよ、きっと。」

 

 

 名称  育てやすさ  効果
ペパーミント A A 即効性あり
ハッカ A A 持続性が高い
オレガノ A C 持続性が高い
ゼラニウム B A 持続性が高い
ローズマリー B B 持続性が高い
シソ B C 即効性あり
セイボリー B C 即効性あり
スペアミント C A 即効性あり
クミン C A 持続性が高い

 

忌避効果のあるハーブを表にしてみました。

Aが一番いい評価となっていまして、3段階で表示しました。

それぞれには、独特の香りがありますので、香りの観点も見逃せませんよ。

香りについては、実際に花屋さんで、確認いただければいいかと思います。

香りについては、人それぞれの好みがありますが、それを除外すると、育てやすさと忌避効果の高さのバランスがいいのは、ペパーミントかハッカとなりそうですね。

栽培に慣れてくれば、種類を増やしてもいいかと思います。

 

ペパーミントの育て方

育てやすさと、忌避効果のどちらも評価が高い、ペパーミントだけ抜粋しています。

他のハーブについては、別途確認してください。

乾燥に弱いので、水が切れないようにします。

少し湿ったような土が好みのようです。

肥料は少な目がオススメです、多いと香りが減ります。

直射日光を嫌いますので、半日ほど日があたれば十分です。

 

 

アロマオイルを使用する

即効性は、抜群ですし、ハーブの栽培に失敗してコバエを発生させることもありません。

すでに、紹介しましたハーブの忌避効果の素は、エッセンスです。

このエッセンスを凝縮して作ったのがアロマオイルです。

ですから、アロマオイルには強烈な忌避効果があります。

 

家の外も対策が必要

屋外だからって、害虫(ゴキブリ)だらけにしておくのはよくありません。
屋外の害虫を減らすことで、不法侵入する者を少しでも減らすことが出来るというわけです。

基本は、使用していない物は捨てることが一番望ましいです。

しかし、そうも、できない人もいると思います。

その場合、使っていないプランターや植木鉢を1か所に集めて、あえて害虫用のハウスを作ってしまいます。

その中には、雨水に濡れないように毒餌を入れておけばいいのではないでしょうか。

毒餌ハウスを作られる場合は、野良猫などに食べられないように工夫をお願いします。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 通風編

    ついつい、暑いときは、窓を全開にしたくなる気持ちになりますが、1/4ぐ…

  2. 方法、手法

    ボールペンの保管方法

    絶対にやってはいけないのが、ライターやドライヤーを使用してペン先を暖め…

  3. 方法、手法

    蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い?

    「蛍光灯は1時間後に付けるなら消さないほうが電気代は安い」このような都…

  4. 方法、手法

    ルームエアコンのメンテナンス方法

    家電品の中ではメンテナンスコストと掃除の要求頻度が比較的高い。…

  5. 方法、手法

    いろんなワインコルクの開け方

    ワインは衝撃によって、多少味が変化しますので、高級なワインではおすすめ…

  6. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)応用編

    基本操作ガイド編は、マニュアルのように見ていただくような構成にしました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    addquicktagのカスタムタグ
  2. 方法、手法

    LINEを使えば固定電話や国際電話にも無料通話ができる。
  3. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ
  4. 方法、手法

    自動車の車幅感覚を身につける方法
  5. 思い出

    究極の選択は突然に訪れる
PAGE TOP