方法、手法

教科書にはない機構設計ノウハウ 公差編

教科書にはない機構設計ノウハウ 公差編

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編 ←前回の記事(リンク貼っています。)

 

 

2乗平均による公差解析

コスト編では、コストを下げるために、公差をある程度は緩める必要がありました。

でも、そんなに公差を緩めた部品が複数加わり組み立てると、どんでもなく大きなバラツキが発生するのでは?と不安になります。

 

そこで、重要な考え方となるのが公差解析です。

 

公差解析とは、寸法バラツキのある複数の製品を組み立てる場合、寸法公差(幾何公差)を設定して、それらを組み立てた時の寸法や形状のバラツキを見積もることをいいます。

 

 

例えば、公差が0.5mmの部品を2個(AとB)重ねた場合、その高さのバラツキはいくらになるのか?

2個とも最大のモノが来た場合、1mmとなり、2個とも最小のモノが来た場合、-1mmとなります。

ならば、2個重ねた部品の公差は、±1mmとするべきなのか?

 

これは、理論上あり得る話ですが、実際はこんな組み合わせがくることはほぼ無いと考えて問題ありません。

その高さのバラツキが±0.8mmまでしか許されない場合は、それぞれの部品公差を0.4mmに変更する必要があるのでしょうか?

 

これも、同じ考え方で行くと、こんなこをする必要はありません。

このように、組み立て後の公差から、部品公差を決めてしまうと、とんでもないコストの部品を作ることになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正規分布すると仮定する

例えば、100±0.5で制作しようとした場合、狙いは100.0ぴったりのはずです。

誰も、好き好んで100.5を狙いに行く人は、いないと思いますので。

 

すると、モノづくりの結果、100を基準にバラツクと考えられます。

つまり、出来上がる製品は、100が一番多く、99.5や100.5などは、限りなく少なくなると考えられるのです。

 

 

 

ですから、最悪条件の部品同士が組み合わされる確率は極めて低いと考えて問題ありません。

このような考え方をもとに考え出された公差の算出方法が、『2乗平均による公差』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2乗平均による公差

イラストの水色部分は、割り切って、多少の外れをあきらめる考えをします。

 

組み合わせる部品の公差を2乗したものを足し算し、それの平方根(ルート)が2乗平均による公差となります。

さきほどの例を2乗平均による公差に当てはめて公差を算出します。

組み合わせた合計公差 = √0.5 2乗 + 0.5 2乗 = 0.707・・・mm

 

この公差解析による、2乗平均による公差算出では、ほとんどの場合、2個の高さのバラツキは、±0.71mmに納まると判断して設計すればよいことになります。

 

±0.8mmまで許容できるのであれば、各部品の交差は、変更する必要がないってことです。

もっと言えば、0.55mmまで公差を緩めることも可能となります。

公差を緩くすればするほど、モノづくりの単価はさがります。

 

 

 

 

 

 

 

 

応用問題

Qを1±0.5にするためには、公差Tはいくらにすることで可能なのか?

 

まず、理論上あり得る公差から考えると・・・

 

Cの交差が9±0.4ですので、それに加えて、D・E・F・Gの交差を足して、0.5にすると考えてしまうと・・・

0.4 + 4T =0.5

4T = 0.5 - 0.4

4T = 0.1

T = 0.025

 

よって、D・E・F・Gの公差は2±0.025

理論上、ありえる公差を積み上げると、部品公差は±0.025となりましたが、実際問題ありえない公差設定です。

こんな公差で、図面を出すと現場からバカ扱いされます。

 

 

ですので、先ほどの2乗平均による公差を利用します。

0.4 2乗 + 4T 2乗 = 0.5 2乗 となります。

 

4T 2乗 = 0.5 2乗 - 0.4 2乗

T 2乗 = 0.5 2乗 - 0.4 2乗 / 4

T = √(0.5 2乗 - 0.4 2乗 / 4)

= 0.15

よって、公差Tは、0.15にすれば、良いってことになります。

 

 

まとめ

モノづくりにおいて、不良は避けて通れません。

だからといって、それらを考慮するとモノづくりとして破綻してしまうのも事実です。

 

ですから、多少の外れは、あきらめるってことがポイントです。

あと、実際の機構設計においては、傾きなどの3次元を考慮する必要がありますが、これらは手動ではたいへん難しい解析になりますので、3次元モデルを利用した解析ソフトの活用が必要になります。

 

ですが、ここでの「2乗平均による公差」は幅広く活用できますので、これだけ知っておけば実務において大変有利になります。

 

次回は、教科書にはない板金設計のノウハウをテーマに記事にしていきます。

 

教科書にはない機構設計ノウハウ 板金設計編

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    addquicktagのカスタムタグ

    アドクイックタグ(addquicktag)の追加タグ一覧Wordpre…

  2. 方法、手法

    ICAD/SXをカスタムしてイライラを解消しよう!

    ICADはデフォルト設定に配慮がありません。慣れればいいって話もありま…

  3. 方法、手法

    書類をめくる時は、指サックを付けなくても、ペロペロ舐めなくてもいいのです。

    私が普段利用しているのは、「消しゴム」です。普段から、えんぴつと消しゴ…

  4. 方法、手法

    落ちるはずのないブレーカが落ちるのはなぜか?

    扇風機を稼働させている部屋を掃除しようと考えました。消費電力から電流値…

  5. 方法、手法

    パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方

    基本的な、お寿司の食べ方。スーパーに打っている…

  6. 方法、手法

    日程調整が楽になる方法

    打ち合わせを開催したり、歓送迎会を企画したりする時にはまず、出来るだけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    自動車の車幅感覚を身につける方法
  2. 方法、手法

    耳掃除をしないほうが良いのは本当なのか?
  3. 方法、手法

    ブログに全国の天気予報を貼り付ける方法
  4. 方法、手法

    怒りの気持ちと上手に付き合う方法
  5. 方法、手法

    洋式トイレの正しい座り方
PAGE TOP