方法、手法

絶対にインフルエンザにならない方法

絶対にインフルエンザにならない方法

 

 

 

 

 

 

 

大げさなタイトルですがこの記事を読んでどう判断するかはあなた次第です。

 

インフルエンザは予防ワクチンで防衛できないのをご存知でしょうか?

また、こんな話もよく聞きますよね。

「ワクチンを打ったのにインフルエンザになった。」
国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの山本典生室長は「ワクチンは、積極的なウイルス対策としてお薦めの手段だが、100%の防御策というわけではない」と語っています。

他にも、厚労省とWHO(世界保健機関)もホームページ上でも。

「インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。また有効とするデータもない。」
そう、完全に結論は出ています。

では、何故ゆえに、ワクチンの摂取を薦めるのでしょうか?

 

 

それは、儲かるからです。

世界のワクチン市場の売上は約2兆円です。

中でもインフルエンザワクチンは世界でも一番よく売れ、さらに毎年売れつづける大ヒット商品です!

日本国内でも毎年2000万本以上製造されています。

そして、輸入ワクチンには国家予算(税金)で1400億円が投入されており、さらに打つ人は病院でもう一回、接種料を払っているわけですから、結局二重払いしているのです。

毎年のインフルエンザ・シーズンにもなると小さな病院でも数百万円、大病院では数千万の利益になります。

 

さらに、ワクチンの効果には大きな疑問があります。

インフルエンザウイルスはすごく速いスピードで小変異を繰り返しまので、去年インフルエンザにかかって、免疫があるはずなのに今年も罹ってしまうことがよくあります。

 

インフルエンザウイルスは、ヒトからヒトに感染するたびに小変異を繰り返えします。

 

一方、ワクチンをつくるのには約1年かかります。

その間にもウイルスはどんどん形を変えていくので、ワクチンの中のウイルスとその時に流行しているウイルスは違う形になっているわけです。

よって、違うウイルスのワクチンを打っても効かないってことになります。

 

 

 

 

 

 

予防効果がまったくないだけならましですが、危険な副作用があるとしたらどうでしょうか?

この副作用の実態が知られたのは2003年です。

ある議員の質問に答えて厚労省が初めて、ワクチンの副作用数を公開しました。

公開された内容の中には

 

2000年の副作用が82人(3人死亡)

2001年副作用87人(4人死亡)とありました。

 

重い副作用には、ギランバレー症候群という末梢神経に炎症が起きて神経が破壊される病気があります。

これは、後遺症が残ることがあるため非常に心配です。

厚労省ホームページで、ワクチンの副反応(薬害事故)の報告数を閲覧できます。

実際には、報告されない相当な数の副反応が推測されます。

 

では、どうすればインフルエンザから身を守れるのでしょうか?

うがいもマスクもインフルエンザ対策としては効果が無いことが立証されていますので駄目です。

 

まず、歯磨きをきちんとする

 

口の中には、ウイルスが簡単に侵入しないように、粘膜をガードしているタンパク質の膜があります。

この膜は、歯垢などから発生する酵素によって破壊されやすいため、歯磨きをすることによって、この膜を守り、ウイルスが粘膜に侵入するのを防ぐことができます。

 

次に

 

「口を湿らす程度の水を20分おきに飲む。」

 

これが今回の肝です。

日刊ゲンダイの記事で免疫学の権威断言していました。

「インフル対策にはマスクより水を飲む」

理由は、インフルエンザの原因となるウイルスは口や鼻から侵入する。

鼻や気道の粘膜表面は「線毛」という小さな毛に覆われていて、この線毛が小刻みに動くことで粘液に流れを作り、ウイルスや雑菌を咳やたんとして排出する。

ところが、体の水分量が減ると、線毛がうまく働かず、排出力が低下してしまう。

 

また、林修先生のテレビ番組で、漢方の名医が自身のインフルエンザ予防法を語っていました。

患者さんが次々来る診察室にずっと居て、しかもマスク無しで、一回もインフルエンザをもらったことがないそうです。

 

それは、ペットボトルの飲み物を、20分毎に一口飲む。

うがいは、ほとんど効果がないと言っていました。

ウイルスが口や鼻から入って、のどに引っ掛かっています。

食道に入ったウイルスは、一口水を飲むだけで、一緒に落ちて行くそうです。あとは胃酸が分解して消化します。

20分以上放っておくと、のどの粘膜から侵入して悪さをします。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    交通事故の被害者になったときに絶対抑えておくべきポイントを公開

    交通事故の被害者になったときに絶対抑えておくべきポイントを公開「慰謝料…

  2. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 熱の移動編

    「体感温度」 = 「実際の温度」 ではないってことです。例えば、冷蔵庫…

  3. 方法、手法

    「知らなかった」では許されない交通ルール。自転車だって例外じゃぁない!

    Z警官は、「まぁいいっか」と見逃すが、几帳面なF警官は、「アウト!」っ…

  4. 方法、手法

    twitter(ツイッター)で、フォローしてくれない人をリムーブ(アンフォロー)

    パソコンであれば、ファンクションキーの”F5”を押してください。※ファ…

  5. 方法、手法

    ボールペンの保管方法

    絶対にやってはいけないのが、ライターやドライヤーを使用してペン先を暖め…

  6. 方法、手法

    腕時計の洗浄方法

    腕時計の洗浄に関しての、私のいちおしは、「ポリデント」です。時間と費用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    配管図面からアイソメ図の書き方
  2. 方法、手法

    「知らなかった」では許されない交通ルール。自転車だって例外じゃぁない!
  3. 考え方

    ロキソニンの副作用について
  4. 方法、手法

    ファックスをメールで受信する方法
  5. 方法、手法

    冬のパソコン操作で手元を温めたいときはこれ
PAGE TOP