方法、手法

なぜか電気代が増加しているなら漏電かもしれない!

なぜか電気代が増加したなら漏電かもしれない!

漏電とは?

漏電って、よく聞きますがいまいちよくわかりません。

これは、読んで字のとおり、電気が漏れている状況の事。

水道ホースにヒビ割れがあると、水が漏れるように、電気配線が老朽化して被覆がはがれたり、電線が傷ついたりすることで漏電する場合があります。

通常、電気配線(電気器具も含む)には、電気が漏れないように「絶縁」という処理が施されています。

あと、外のコンセントで防水性が劣化している場合に、水を被って漏電することもあります。

 

漏電するとどうなるのか

漏電すると、どのような不具合があるのでしょうか。

まず、無駄に電気がもれているので、電気料金が高くなります。

でも、他の不具合に比べれば、ほんとにささいな事。

感電したり、火災になったり、大事故につながる可能性があり、最悪の場合死にます。

なんだか、このあたりを触ると「ビリッ」と感じるなんてことで済むこともあるし、触った瞬間、腕が麻痺するぐらいの衝撃を受け、心臓が止まるほどの感電をすることがあります。

漏電の可能性がある場合は、素人では判断しにくいので、まずは電力会社に相談することをおすすめします。

電力会社なら、漏電検査を無料で行ってくれます。

 

漏電の可能性

使用している電気製品が変わらないのに、電気料金が増えていたり、建物の金属部分に触れると「ビリッ」としたりする場合は、漏電の可能性があります。

他には、ブレーカーから「ジーッ」と音がする場合も漏電の可能性があります。

漏電は、屋内配線か家電製品そのものだったりします。

漏電していても、電気製品はいつもと変わらず使えることが多いので、ほとんどの場合、気が付きません。

 

電気回路の接続箇所

電気回路の接続箇所が発熱している場合、コンセントに差し込んだプラグがちゃんと最後まで差さっていることを確認しておきます。

コンセントが緩いと非常に危険です。

この状態を放置すると、接触抵抗が大きくなるので電流が流れるたびに発熱します。

さらに、この状態が長時間続くと銅線が錆びたりなまったりして更に接触抵抗が大きくなり、最終的に発火します。

自宅の家電でコンセントが緩いものがないかチェックすることは、ご自身で出来ることなのですぐに確認してみてください。

 

電線が細い

電線が細いことが原因で発熱することがあります。

参考記事:オームの法則とジュールの法則

これが原因で、電気火災が起こることも珍しくありません。

例えば、細いビニールコードをエアコンの延長コードなどにすると電線が発熱し、絶縁物が変形してショートします。

 

雨漏り

雨漏りで漏電にいたることもあります。

雨漏りによる被害では、以外に漏電が見落とされがち。

雨漏り箇所を修理したときは、電線もチェックしておかなければいけません。

また、雨漏りの修理が完全でない場合、大雨でブレーカーやコードが濡れれば危険な漏電を引き起こすので注意が必要。

 

アースが接続されていない

安全のために準備されているアースが設置されていないことが原因で漏電する場合があります。

アースは、地中に埋められたアース極と電気機をアース線で結ぶことですが、以外に軽視され設置されていない場合も見受けられます。

アースは、万が一漏電した時の命綱となるので絶対に手抜き工事しないようにしてほしいです。

洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなど、殆どの電気機器には必ずアース線がありますので、一度確かめておいてください。

 

電気機器そのもの

電気機器そのものが漏電している場合があります。

洗濯機や冷蔵庫などの電気製品そのものが漏電している場合があります。

この場合、どのコンセントに差しても漏電するので比較的発見しやすい。

 

漏電ブレーカーが故障

漏電ブレーカーが故障している場合もあります。

漏電ブレーカーも経年劣化しますので、特に大きな電力を消費してもないし、漏電もしていないのに漏電プレーカーが時々落ちるようになることもあります。

漏電ブレーカーが原因ならば、交換するだけで解決します。

漏電プレーカーが設置されていない家庭もありますが、あるとすると一番左に単独である大き目のブレーカーが漏電ブレーカーのはずです。

 

漏電箇所の調べ方

漏電ブレーカーが落ちたら、分電盤のアンペアブレーカが「入」になっていることを確認してから、安全ブレーカーをすべて切ります。

次に漏電ブレーカーを「入」にして、安全ブレーカーを1つずつ「入」にしていきます。

問題のある回路を「入」にすると、漏電遮断器が切れますので、これによりどこに問題があるのかが分かります。

例えば、キッチンの箇所で安全ブレーカーが切れるのであれば、キッチンにある家電が漏電していると特定することが出きます。

また漏電箇所を発見するテスターも売っていますので、こちらを使って調査する方法もあります。

メガテスターは、250Vで使用する事をお勧めします。

 

 

漏電の対処法

漏電箇所が分かったら、そこにあるものをチェックします。

電化製品のコードを確認し破損がないかを確認しましょう。

一通り確認してみて異常が見られない場合は、屋内配線がショートしている可能性が高いと切り分けが出来ます。

屋内配線は、専門の資格を持った人じゃないと触る事もできませんし、修理するには専門知識が必要となります。

「漏電するとどうなるのか」でも書きましたが、電力会社に相談することをおすすめします。

電力会社なら、漏電検査を無料で行ってくれます。

 

漏電を防ぐために

漏電が起きないように、普段から対策を取るようにすることが大切。

殆どの電気機器には必ずアース線がありますので、アース線がしっかり設置されているかを確認しす。

アースを取り付けることは国の法令で決められていますから、そもそも設置されてないといけないのですが、万が一のためでもありますので、必ず確認しておきましょう。

あと、漏電遮断機の設置も予防策に繋がります。

0.03アンペアを超える電流が人の身体を流れると、死ぬ可能性があるので、一般家庭に設置されている漏電ブレーカーは、0.03アンペアの漏電で作動します。

電気コードを折ったり曲げたり、束ねた状態でないことを確認する。

ホコリがたまらないようにプラグやコンセントを定期的に掃除する。

濡れた手で電化製品を使わないようにする。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 輻射熱退治編

    すだれに水の膜があれば、非常に家の中が涼しくなることがわかりました。実…

  2. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編

    CADというのは、意外に最低限のオペレーション機能だけで実は業務をまか…

  3. 方法、手法

    固形石鹸を液体石鹸にしてみる

    固形石鹸をハンドソープにすれば良いだけです。固形石鹸をハンドソープに変…

  4. 方法、手法

    とにかく蚊にさされたくない!

    網戸どうも網戸からの侵入が一番多いみたいです。「はい?」意味がわからな…

  5. 方法、手法

    デスクトップの外にアプリのウィンドウが移動してしまったら・・・

    ウィンドウ外にあるアプリをアクティブにします。そして、「Alt」ボタン…

  6. 方法、手法

    家庭用コンセントのお話

    意外に知らない人が多いのですが、電位がゼロの大きい方の穴は、大地にもつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    洗濯槽のカビ洗浄に一番良い方法に、やっとたどり着きました。
  2. 方法、手法

    エアコンの電気代を節約する方法
  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 汗編
  4. 方法、手法

    冬のパソコン操作で手元を温めたいときはこれ
  5. 方法、手法

    洋式トイレの正しい座り方
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。