方法、手法

その多数決、ちょっと待ってください!

その多数決、ちょっと待ってください!

 

 

 

 

 

 

多数決は民主主義の原理

多数決は民主主義の原理と言われていますが、これはいったい、どういうことなのでしょうか。

簡単に説明すると、「私たちのことは、私たちで決める」 となります。

 

では、多数決は、「私たちのことは、私たちで決める」 を正しく決めることができる唯一の方法でしょうか。

 

答えは、違います。

 

だって、物事を決める方法は、多数決以外にもたくさん存在していますから。

たくさんある、決め方のほんの一例を紹介します。

 

ボルダルール

決選投票付き多数決

繰り返し最下位消去ルール

チャレンジ型多数決

総当り戦

自由割り当てルール

コンドルセ・ヤングの最尤法(さいゆうほう)

他にも沢山ありますが、ほんの一例を紹介します。

 

物事を決める方法が世の中にたくさん存在しているのに、なぜ多数決を採用することが多いのか。

 

 

多数決とは

 

会議などを行い、多数の意見をもとに決めること。

だいたいは、投票人数の過半数以上の票を獲得したものに決定することをいいます。

 

一見、平等に見えるこの決め方には大きな欠陥が潜んでいます。

投票する人の中には、それぞれ○○派などの派閥があり、その派閥のボスの意見に側近者は従います。

 

自分の頭で考えて投票するのではなく、ボスの投票に合わす傾向があります。

これは、多数決の皮をかぶった独裁制となります。

 

 

 

 

多数決には使用条件がある

先に述べたように、多数決には欠陥があります。

これを補うためにも、使用条件を守る必要があります。

 

1. 多数決をする皆に、共通の目標があること。

 

例えば 「安全にしたい」 などの目標がおなじであることが大前提です。

その上で、それを実行するための複数の案を決めるとき。

 

たった1人でも、「この議論はおかしい」 どれを選択しても良い結果が得られないとなれば多数決は行うべきではありません。

 

2・ 投票者が自分の頭で考えて投票すること。

 

「多数決とは」 で書いたように、その中のリーダーに従うような状態であれば、それは多数決ではありません。

自分の自由意志を反映できないような環境では、多数決を行うべきではありません。

 

3. 重要すぎることには使わない。

 

そもそも、議題にあげてはいけないモノもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決める方法が変われば結果が変わる

同じ議題で、複数の決定方法を実践してみると、結果が変わることがあります。

もちろん、圧倒的な差がある場合は、どの決定方法を選択しても答えが変わらないケースもあります。

 

それでは、他の決定方法を紹介しますのでご覧ください。

 

 

繰り返し最下位消去ルール

 

2020年のオリンピック候補地選びで使われた決定方法です。

初めは、普通の多数決を行います。

 

その多数決で、最下位になった候補を外して、もう一度多数決をします。

これを繰り返して、最後に残った候補が決定となります。

 

2020年のオリンピック候補地は、東京・イスタンブール・マドリードの3つでした。

はじめの投票で、マドリードが落選し、次にイスタンブールが落選しました。

 

 

決選投票付き多数決

 

初めは、普通の多数決を行います。

 

票が、過半数に達しなかった場合、上位の2つでもう一度、多数決を行います。

はじめの投票で、割れた票をもう一度投票し直しますので、多数決よりも精度があがります。

 

フランスの大統領選挙では採用していますが、アメリカでは採用していません。

だから、アメリカ大統領って・・・

 

 

ボルダルール

 

私は、この決め方が最も、民主主義に近い決め方だと考えています。

多数決は、自分の中の1位しか決めませんので、2位、3位とそれぞれ、本当は順位が細かくあるはずです。

 

それらを、無駄なく吸い上げて、結果に反映しているのがボルダルールです。

配点式の決め方となります。

 

例えば、選択肢が3つある場合

1位に3点、2位に2点、3位に1点と各自が投票します。

 

投票された、点数の合計点を集計して、一番点数の高かったものに決定する方法。

これだと、2位以下の微妙な意見も反映されているので、満場一致に最も近い選択方法と言われています。

 

 

 

 

まとめ

満場一致となるのが、一番望ましいことで、そうなればなにも決める方法から迷う必要もありません。

ですが、満場一致なんて、なかなかありませんので、私たちはいつも正しい決め方を選択する必要があります。

 

バカの一つ覚えみたいに多数決ばかり採用する考え方を一度見直してほしいと考えています。

投票というのは、私たち自身が試されていることを忘れないでください。

 

今回の記事は、1972年にノーベル経済学学賞受賞の経済学者 ケネス・アローの社会的選択理論を参考にしました。

個人が持った多様な意見を社会的決定に導く研究を行っていた人です。

 

わかりやすく言うと、「みんなの意見を無駄なくどうやってまとめるのがよいのか?」 です。

この研究で、ケネス・アローは、多数決には欠陥があるとはっきり指摘しています。

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 緑のカーテン編

    前回の記事で、すだれに水をかければ室内の温度がさがり、水の膜が有効であ…

  2. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 樹木編

    樹木は天然の空調システム樹木は、根から水を吸い上げ、葉から蒸散させてい…

  3. 方法、手法

    ジェットコースターだって怖くなくなるよ!恐怖の克服方法

    怖いと感じるのは脳脳の扁桃体が恐怖を感じると、人はからだのいろんなとこ…

  4. 方法、手法

    意外に使える計算方法が出てくる善ちゃんとの買い物

    なにげない、買い物の中に、便利な計算方法が書かれているので、いちど読ん…

  5. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して、情報提供料の100円を節約できます。

    薬局に、処方箋を持っていくと、おくすりと一緒になにやら、写真つきの説明…

  6. 方法、手法

    addquicktagのカスタムタグ

    アドクイックタグ(addquicktag)の追加タグ一覧Wordpre…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?
  2. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ
  3. 方法、手法

    加工硬化の話
  4. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?
  5. 方法、手法

    違う金属を接触させてはいけない理由
PAGE TOP