方法、手法

わかりやすい相対性理論の話!自由研究にも使えるよ。

わかりやすい相対性理論の話!自由研究にも使えるよ。

 

 

 

 

夏休みも近づいてきましたので、自由研究になりそうな記事を書きます。

ガチな相対性理論をご覧になりたい方は、参考にならないと思いますので、話半分で見てください。

この記事は、小中学生向けに書いたつもりです。

 

相対性とは

相対とは、絶対の反対の言葉です。

絶対が、「必ず」であれば、相対は、「違う」ってことです。

 

 

 

 

相対性理論とは

「みんなが絶対だと思っていることは、実は絶対ではないんですよ」ってことを証明しています。

 

しず:「そう言えば! 北海道の友達が冬に神戸に戻ってきたときに、言ってた!」

善:「なんて?」

 

しず:「神戸って、こんなに寒かったっけ?って」

善:「なんでやねん! 北海道に比べたら、温すぎるやろ!」

 

しず:「俺も同じこと言ったわ。」

 

外の気温は確かに、神戸より北海道のほうが低いのですが、お店とか、家の中が寒いといっていました。

ちょっと、私には理解できませんでした。

 

 

 

しず:「そう言えば!」

善:「またかい!」

 

しず:「職場の同僚に、ガーナ出身の黒人のエディーが居るねんけど」

善:「お前の職場すごいな!」

 

しず:「なんせ、半分くらいしか日本人いないしな」

善:「言葉は、日本語やろ?」

 

しず:「いや、ほぼ英語」

善:「そっそうなん!」

 

しず:「そのガーナ出身のエディーが昨日、日本の夏は、アフリカよりも暑いよ!」

善:「また、言うけど、・・・なんでやねん! そんなわけあるかボケ! 話し作るな!」

 

しず:「ほんまにホンマ。」

善:「日本にはクーラーがあるぞ!」

 

しず:「それに、なんでこんなに暑いのに、みんな半袖着てるのが不思議って言ってた。」

善:「そっそれは、そのエディー君はわかってるねぇ~」

 

 

参考記事→暑い夏に、長袖シャツはどうなのよ!

 

 

しず:「湿度が多くて、不快って言ってたわ」

善:「なるほどね! で、相対性理論はどこえいった? なぁ、消えてなくなったんか!」

 

くだらない話に脱線してすいませんでした。

続きをはじめます。

 

「みんなが絶対だと思っていることは、実は絶対ではないんですよ」ってことを証明しています。

この相対性理論では、時間の流れは、一定ではないと言っています。

はじめに、アインシュタインが、これを言い出したとき、まわりの人たちは動揺しました。

だって、今まで自分たちが証明していた物理の基準がすべて時間だったので、これが変動するって聞かされるとすべてが否定されることになりますからね。

まるで、浦島太郎の話が本当に実在するようなことになります。

でも、これは本当のことで、時間の流れは、普遍なものではなかったんです!

 

 

 

 

 

相対性理論を理解する

つまり、時間の流れは一定ではないってことです。

例えば、好きなことをしている時間は、2時間が30分ぐらいに思えるときもあるし。

嫌なことをしているときは、5分が、1時間に感じたりすることもあります。

このような経験はないですか。

これは、アインシュタインの言っている相対性理論とは違いますが、これも相対性理論と言えるのです。

 

 

自由研究の題材に使うなら

好きなゲームを適当な時間させてもらって、自分がどれくらいやっていたかを紙に書きます。

その後に、実際のプレイ時間を確認する。

次に、苦手なドリルを2~3ページやって見て、自分がどれくらいやっていたかを紙に書きます。

その後に、実際にドリルをといていた時間を確認する。

このように、好きなことと、嫌いなことを同じ数繰り返して、結果を出すと、面白い結果が出るかもしれませんよ。

データは、多いほうがいいので、それぞれ10回以上行うといいのではないでしょうか?

 

考察としては、嫌な時間をどうすれば、楽しい時間に変えられるのか?

他には、時間の感じ方によって、どれが一番好きで、どれが一番嫌いなのかがわかるかもしれませんね。

 

 

 

 

自由研究の画用紙は、B4(八切り)が一般的です。

 

 

 

相対性理論の普遍とは

相対性理論では、時間は普遍ではないと言っています。

しかし、光のスピードだけは、唯一、普遍だって言っています。

光のスピードを考えると、自由研究の領域を超えるので、自由研究ではここは触れないほうがいいですが、一応説明しておくと、光のスピードだけは、どんなことがあっても変化しないってことです。

また、光のスピードを超えることは、理論上100%不可能だと証明しています。

 

なぜか?

 

光のスピードで動いているときは、時間が停止するからです。

さらに、物体が光のスピードに達すると、極限まで重くなり、ブラックホールになると言われています。

話が、壮大なスケールになってきましたので、このあたりで終わります。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計の曲げ加工編

    日本の板金加工技術は世界に誇れる技術力があります。板金加工は、低コスト…

  2. 方法、手法

    画像で画像を検索する方法

    私はふだんあまりテレビを見ることが少ないのでもしかするとメジャーなのか…

  3. 方法、手法

    冬のパソコン操作で手元を温めたいときはこれ

    その原因は、「血行不良」でした。マウスを握っている手は、手首の付け根あ…

  4. 方法、手法

    使いかけの接着剤(シリコンなど)の保存方法

    注意点としては、付箋紙にもなるような、紙の包み紙ではなく、キラキラした…

  5. 方法、手法

    ボールペンの保管方法

    絶対にやってはいけないのが、ライターやドライヤーを使用してペン先を暖め…

  6. 方法、手法

    メガネ初心者必見!メガネの洗浄について

    メガネ用洗剤の自作のレシピ容器が50mlとしてその、容器に、水道水を4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    具体的にどのくらいの水分を失うと熱中症になるのか
  2. 方法、手法

    スマホの掃除方法
  3. 方法、手法

    咳止めシロップの自作方法
  4. メモ

    アニメの語源とは
  5. 方法、手法

    業者に任せず、自分でエアコンのクリーニングを行う方法!
PAGE TOP