方法、手法

洋式トイレの正しい座り方

洋式トイレの正しい座り方

 

 

洋式トイレの正しい座り方を善ちゃんに伺う

 

善:「おまえ、ネタがなくなってきたんか?」

しず:「えっ、なんで?」

 

善:「いくらなんでも、洋式トイレの正しい座り方なんて情報は誰もいらんぞ。」

しず:「そうかぁ?じゃぁ、善ちゃんは洋式トイレの正しい座り方を知っているの?」

 

善:「バカにすな、そんなもん幼稚園の子でも知ってるやろ!」

しず:「スボン履いたままでいいから、やってみて。」

 

善:「こんな感じやろ?」

 

 

しず:「う○ちさんを出すときに力むときもそれ?」

善:「まぁ、同じやな。って恥ずかしい質問すな!」

 

しず:「ファイナルアンサー」

善:「はっ?フッ・・・ファイナルアンサーァ?」

 

しず:「はいっ、不正解です。」

善:「なんやねん!」

 

 

 なぜ和式トイレがなくならないのか

これだけ洋式トイレが普及しているのに、なぜ和式トイレがなくならないのか疑問に思わないでしょうか?

私は、ずっと疑問に思っていました。

 

私が設計プロジェクトの委託を受ける企業のすべてに、必ず和式トイレがあります。

私は、ある企業の担当者に言いました。

 

しず:「和式トイレなんて誰も使いませんから、洋式に変更したほうがいいんじゃないですか。」

担当者:「あら、和式トイレじゃないと、排便が出来ない人もたくさんいるのよ。」

 

しず:「はぁーっ、それ、絶対うそっぽい!」

担当者:「いや、本当なのよ、今ある和式トイレもわざわざ洋式トイレから変更したのよ。」

 

しず:「そんな余計な事までして・・・。」

半信半疑で、その場を後にしましたが、その後調べました。

私が実施しているアンケートでも、和式トイレじゃないと排便できないって人が10%ほど居るようです。

和式トイレが良い理由

洋式トイレよりも和式トイレの方が優れている点を調べました。

もしかすると、このあたりに和式トイレがなくならない理由があるかもしれないからです。

 

理由1:「洋式トイレは、便座が直接触れるので、不潔」

この理由は、納得です。

確かに、不特定多数が利用するトイレでは、便座がどれだけ汚れているのか見えません。

まぁ、見えていたらもっと嫌ですけどね。

でも、潔癖症の人なら、便座クリーナーかそれに代わるものを所持すれば解決します。

持っていなくても、トイレットペーパーで拭けば、少しはマシです。

 

理由2:「洋式トイレを作ると、費用が多くなる」

これは、制作側の都合ですね、利用者の事は一切配慮されていません。

ですので、この理由は納得できません。

 

洋式トイレは本体価格が高い事と、掃除に手間がかかるため、費用の節約になるようです。

それに、冬場に便座を暖房しなくていいので、ランニングコストを抑えられます。

確かに、支出の観点からみれば理解できますが、顧客満足度はダダ下がりになると思います。

優秀な経営者たちが、こんな理由だけで和式トイレを採用しているとはとても思えない気がします。

 

理由3:「洋式トイレだと、回転率が悪い」

つい、落ち着いてしまいそうなので、納得です。

たしかに、スペースの都合で設置数が限られている場合には、回転率をあげる必要があります。

和式トイレの場合は、比較的滞在時間が短いといった統計結果もあります。

駅などの公共では、和室が設置している理由がこれなのかもしれません。

 

理由4:「洋式トイレだと、排便しづらい」

ついに来ました、これです、これ。

「あら、和式トイレじゃないと、排便が出来ない人もたくさんいるのよ。」でしたね。

調べてみました・・・なになに、直腸と肛門管の間が締め付けられるから・・・?

これは、なんだか深い溝にはまりそうです。

 

善:「おい、洋式トイレの正しい座り方はどこかに消えたのか?なぜゆえに、和式トイレの話を掘り下げてるのか意味が分からんぞ!」

しず:「確かに、でもね、和式トイレと洋式トイレの正しい座り方には深い関係があって、洋式トイレの正しい座り方が浸透すれば、本当に和式トイレがなくなる日が来るかもしれない。」

 

善:「俺は、和式トイレにウォッシュレットを付けてくれれば、どっちだっていいけどな。おまえ、そんなんを開発しろよ!」

しず:「商品開発候補に入れておきます。」

 

 

洋式トイレだと、排便しづらい

これから書く内容は、憶測の部分もありますが、でもそんなに真実からはかけ離れていないと思っています。

例えば、直立して立っているときに、う○ちさんが出てしまったら、大変なことになります。

 

人間のからだは、うまく出来ていて、立っているときは、直腸と肛門管が折れ曲がっている?ため、排便しにくくなっていると考えます。

だって、そうですよね、立った状態で出やすくなっていたら、緊急事態に括約筋の力だけでは我慢することができませんからね!

イラストでイメージ図を書くと、こんな感じでしょうか?

 

たとえば、水道ホースが曲がっているイメージです。

 

では、和式トイレに座ったときは、直腸と肛門管はどうなるのかって言うと、真っ直ぐに直線になります。

このため、無理なく排便が出来るようになっていたのです。

 

 

では、善ちゃんが座ったように多くの人が座っていると思われる、洋式トイレの座り方を見てみます。

 

立っている状態よりも、直腸と肛門管の折れ曲がりは少なくなっているので、排便可能範囲ですが、スムーズでないことは確かです。

出来れば、和式トイレに座ったときのように、直腸と肛門管が直線上になってほしい所です。

 

実は、洋式トイレのこの座り方が、さまざまな不具合に関係していると思われるのです。

健康な人なら大丈夫であっても、消化器官に障害がある場合、洋式トイレのこのスタイルでは、排便しにくい(できない)人がいる理由がこれだと考えられます。

 

洋式トイレの間違った座り方による不具合

 

便秘

ただでさえ、出ないものを、さらに出にくくしているわけですから、そりゃ便秘にもなります。

 

憩室症

負荷がある状態で、無駄に力むので、大腸などに風船状の袋ができることがあるようです。

 

大腸ガン

スムーズに排便できないことにより、腸内環境が悪くなり、ガンの危険性もあります。

 

洋式トイレの理想的な座り方

和式トイレで座ったときのように、35度の角度が洋式トイレでも作れればいいわけです。

善:「俺は、わかったぞ、こんな感じか?」

なにこれ?

人間とトイレの比率がおかしくない?

だいたい、こんな座り方が現実に出来る洋式トイレなんてないんじゃない?

でも、理屈は合ってるよ。そんな感じになればいい。

一回、やってみてくれる?

理にかなっていますが、明らかに無理があります。

便座が破損する可能性があり、なんといっても汚れます。

 

正しい座り方をするためには、ちょうどいい高さの台を用意します。

そして、このように座ります。

 

 

これであれば、洋式トイレであっても、和式トイレの状態に少し近づきますのでスムーズに排便ができるかもしれません。

台を使えば、理想とする35度が実現しそうです。

排便が終わり、ウォシュレットを使用する時は、台から足を下ろしてください。

そうしないと、床が汚れてしまいますからね。

 

 

まとめ

記事タイトルの「洋式トイレの正しい座り方」を少し訂正しなければいけません。

正しくは、「洋式トイレで排便する時の正しい座り方」と置き換えてください。

私には、医学の知識がありませんので絶対とは言いませんが、理屈で考えた結果がこれです。

台の高さは個人差があると思いますので、角度が35度になる台を自分用として準備することをお勧めします。

この記事を書いた後で、善ちゃんから聞いたのですが、今では専用の台が売っているようですので、広告を貼っておきました。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    addquicktagのカスタムタグ

    アドクイックタグ(addquicktag)の追加タグ一覧Wordpre…

  2. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編

    CADというのは、意外に最低限のオペレーション機能だけで実は業務をまか…

  3. 方法、手法

    アルミホイルの便利な利用方法

    アルミホイルって、料理以外にもいろいろ使えることがわかりました。ほんの…

  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 風編

    熱いカラダを冷ますのに、うちわで扇ぐと涼しく感じるのは、この原理と同じ…

  5. 方法、手法

    携帯電話が圏外になったら、15cm移動する

    街中で携帯電話が圏外になったら、1歩踏み出して移動してみる。街中で携帯…

  6. 方法、手法

    洗濯槽のカビ洗浄に一番良い方法に、やっとたどり着きました。

    過炭酸ナトリウムを使用した結果カビをすくった網を見れば、今までの量と差…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    twitter(ツイッター)で、フォローしてくれない人をリムーブ(アンフォロー)…
  2. 考え方

    下品な販売員がウォシュレットをセールスするとどうなるのか?
  3. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はありません。
  4. 思い出

    活字やニュースを鵜呑みにしてはいけない
  5. 考え方

    小さなお子さんが嘘をつきだしたら
PAGE TOP