方法、手法

スケジュール帳を上手に使う方法

スケジュール帳を上手に使う方法

憧れるスケジュール帳

なんだか、スケジュール帳って憧れませんか。

そんな風に思うのは私だけでしょうか。

でも、スケジュール帳を使いこなすって、結構難しいです。

スケジュール = 未来のこと

そりゃぁ不確定な未来のことを書くんだから難しいに決まってます。

決まった予定しかない人や、イレギュラーな予定が極端に少ない場合は、スケジュール帳なんてなくても困りません。

今現在、スケジュール帳を使っていない人の理由はこのあたりにあるのではないでしょうか。

かつて私もそうでした。

それでも、活用したいって思っている場合なんて、どうすればいいのでしょうか。

(高校でもスケジュール帳を配るところもあるようです。)

今は、私にとってスケジュール帳は、欠かせないツールとなっています。

スマホを持っていたとしても、時間の空いたときに、ふと見るのはやっぱりスケジュール帳です。

それは、なぜか?

そこには、私の夢や希望があり、未来を予測するツールでもあるから。

 

 

 

初めて使ったスケジュール帳

まだ10代だったころ、ミスタードーナッツの景品でスケジュール帳をもらったのが、私が初めて使ったスケジュール帳でした。

A6サイズで、デザインも気に入ったので、うれしくて常に持ち歩いていました。

「なんか、書きたいなぁ」

私の予定は、ほぼルーティン化していて、あまり変動要素がありませんでした。

ですので、完全に把握しきっていたのですが、スケジュール帳を使いたい一心で常に書いていたわけ。

そうして書かれたスケジュール帳の内容は、まったく変化のない、なんとも楽しくない内容になっていました。

その内、スケジュール帳の必要性に疑問を感じるようになってきました。

だんだんと、初めの初々しい楽しい気持ちもなくなり、わかりきった予定だけを書くなんて、むしろ負荷しかないようにさえ思えてきました。

そこで、スケジュール帳に書く内容を変更しました。

 

 

イレギュラーなスケジュールだけ書く

「イレギュラーなスケジュールだけ書くようにしよ!」

そうやって気持ちを切り替えて、スケジュール帳の使い方を変更しました。

するとなにが起きたか。

今度は、ほとんど空白です。

空白すぎて、開いてみるのが嫌になりました。

なにか書いていたとしても、他人の誕生日だけ。

やっぱ、ぜんぜん楽しくないことに変わりはありませんでした。

結局、経営者や営業マンなど、特殊な人にしか、スケジュール帳を使いこなすことなんて出来ないんだなぁって思って、所持するのを辞めました。

 

スケジュール帳再び

学校を卒業して就職してみると、スケジュール帳の所持率が、結構高いことに驚きました。

「えぇー、みんな、それ…必要なの?」

恥を覚悟で、同期入社した同僚に聞いてみました。

しず:「スケジュール帳ってなかったらどうなる?」

同期:「ぜんぜん困ることはない。でも、スーツのカウスボタンみたいなもんかなぁ」

しず:「飾り?」

同期:「ほぼ、そんな感じになってる。いざという時のメモ帳のような感じ」

丁度その頃、就職祝いにスケジュール帳のカバーを貰っていたこともあって、最低限のリフィルだけ買って、飾りとして再び持ち歩くことにしました。

その結果…

前よりは、スケジュールがいくつかあって、数か所は埋まるようになりました。

しかし、なくても絶対に困ることがない、そんな状況はまったく変わりませんでした。

こんなことも予測済でしたので、リフィルは1年のスケジュールと、隙間を埋めるために、一番安価な無地のリフィルをセットしていました。

無地のリフィルが活躍

私のセコイ作戦が、意外なところで役に立つことになりました。

無地ってことは、とても自由。

どんなフォーマットにだって自分の思ったように変えることができます。

今まで、上手に使えなかったのは、既存のフォーマットに自分が合わせようとするから、であって自分がそれに合わなかっただけだとわかりました。

自分の使いたいフォーマットに改良を加えながら、使うようにしていけば、スケジュール帳が楽しくて仕方ありませんでした。

スケジュール帳といいながら、その中身はスケジュール帳以外の項目が非常に多くなっていました。

私が取り組んでいる、スケジュール帳の使い方をざっくり紹介します。

 

一言日記

スケジュール帳には、未来の予定を入れるのではなく、その日にあったことをまとめて一言で書くようにしました。

これであれば、毎日なにかが記入できます。

そして、振り返り分析にも役に立ちます。

日記帳になると、書く内容が多くて続きませんが、一言日記なら、まったく苦になりません。

それに、未来を予測するのは、過去からの傾向から予測するのが一番です。

過去に同じようなことで迷ったとき、どうした決断をしたら、結果がどうなったのか。

未来は、誰にもわかりませんが、自分の傾向から精度よく予測することが出来るようになりました。

 

おくすり手帳

少額ではありますが、病院に行ったとき、おくすり手帳を持っていなかったら、余分にお金を取られます。

また、自分の身に緊急事態が起きた場合、もしかすると役に立つかもしれません。

だから、おくすり手帳のリフィルを自作しています。

 

To Do リスト

いわゆる、 やることリストです。

とにかく、やるべきことを書いていき、実行したかどうかのチェックをする項目を作っておきます。

「いつかやらないと」って思っていることをいつか実行するために、結構役に立ちます。

その際、優先順位とリミット(期限)を書いておくと、とても便利。

この To Do リスト は、スケジュール帳の中で、一番活躍しています。

 

効率よく使えるメモ帳

メモは、適当に書くので、ぐっちゃくちゃになりがちです。

しかも、無駄に空間を使ってしまいますので、こんな感じでデットスペースができないようなメモ帳を作っていました。

 

読書の忘備録

本を読んですぐ後は、覚えていても、いつか忘れるものです。

ですので、私は3つのポイントに絞って、何かを書き残すようにしています。

せっかく時間をかけて読んだ本を無駄にしたくないから。

駄作だったとしても、駄作であったことをメモしておきます。

関連記事:本の読み方

 

アクセス記録帳

どこから、どこまで、どうやって移動して、いくら料金が必要だったのか。

 

名刺入れ

名刺が入るフォルダー型のリフィルを購入して使っています。

 

プチ財布

カード収納ができるリフィルを購入して使っています。

プリカなどの電子マネーを入れておけば、この手帳だけでなんとか行動できます。

まとめ

スケジュール帳をスケジュールだけを管理するのを辞めて、自分なりにカスタムするととても使いやすいツールになります。

スマホが手放せない人なら、スマホが収納できるリフィルをセットして、スケジュール帳の中にスマホをセットしてはいかがでしょうか。

そうすれば、スマホでゲームしながら、データなどをメモすることも出来ます。

私がおすすめする手帳サイズはA5サイズです。

いろんなサイズを使ってきましたが、このサイズが一番使いやすいと思い、最終的にA5サイズになりました。

いかがでしたでしょうか、手帳を持ってみたくなってきませんか?

飾りではなく、実用的に使える手帳を持ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    買い物依存症を克服するには

    すでに同様の物を持っているのに、たくさんの物品を購入してしまいます。ま…

  2. 方法、手法

    男女問わず薄毛必見!毛が増えるシャンプーのやり方

    今回の話は、あくまでもケアの話です。薄毛には、医学的な観点もあり、ケア…

  3. 方法、手法

    ナチュラル民間療法でいろんなかゆみを撃退したい。

    市販のものよりも、効果があると思っているかゆみを撃退する知恵を紹介しま…

  4. 方法、手法

    女性に好感の持たれる体臭を目指すための対策 

    最近では、「スメハラ」なんて言葉もあります。悪意はなくても、知らない間…

  5. 方法、手法

    あずき枕の作り方! 小豆(あずき)の不思議な効能を紹介します。

    あずきが水分を多く含む豆だから、加熱すると、その水分が温かい水蒸気とな…

  6. 方法、手法

    炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

    炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。飲み残した炭酸飲料に金属の…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。
  2. 方法、手法

    「知らなかった」では許されない交通ルール。自転車だって例外じゃぁない!
  3. 方法、手法

    意外と知らない、歯磨きの常識
  4. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません
  5. 考え方

    おすすめの標準電卓 機能編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。