方法、手法

サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません

サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません

 

 

履きなれた靴

履き慣れた靴って、履き心地がすごく良くないですか。

だってこれ、自分の足に完全に馴染んじゃっているからですね。

ボロボロになった捨てる前の靴が一番、履き心地がよかったりするので、私は靴を捨てる時、すごくためらってしまいます。

新品の靴がはき慣れるまでの間や、靴ずれになる靴や、一部タイトな部分のある靴って、はき心地悪いですよね。

場合によっては、新品でも捨ててしまおうか悩んだりする靴もあったりします。

これらの靴は、なにか即効性のある改善方法はないものでしょうか。

 

 

ボロボロになるまで履いた靴

寿命をまっとうした靴をみると、おどろくほどに自分の足にフィットしています。

これは、履いているうちに、自分の体温や汗の湿気なども加わり、自分のむくんだ足で成形している・・・そう、靴を製造する時の仕上げ工程のような環境を自然に再現し続けているからです。

この工程を繰り返しているうちに、絶妙なフィット感を生み出していたわけです。

ならば、フィット感のない履き心地の悪い、捨てようと考えていた靴もこの工程を早送りで再現できれば、なんとか履ける靴に生まれ変わるのではないのか?

私のそんな疑問を、4年間も兵庫県の長田で靴を作っていた善ちゃんに聞きました。

 

 

靴は伸びる!

しず:「西くんに聞こうとおもったけど、善ちゃんでいいから教えて」

善:「何のことか知らんけど、西くんと俺を比較するのはやめろ!」

しず:「靴の事やねんけどなぁ。」

善:「たしかに、西くんも俺と同じ時期に靴をつくってたなぁ。あいつの説明は絶対におまえには理解できないと思うよ。」

しず:「意外にもこんなに身近に、靴職人が居たことを思い出したんですよ。」

善:「昔の話やけど、今でもやれって言われたら自身あるよ。で、聞きたいことは何?」

しず:「新品の靴って、履き慣れた靴のように多少サイズ変更出来たりする?」

善:「できるよ! それも簡単にな。」

しず:「マッマジで!」

善:「靴の仕上げ工程では、靴を足型に履かせて、熱風を当てながら伸ばして成形するんよ。」

しず:「なぜ、伸ばすの? はじめからそのサイズで作ればいいのに?」

善:「少し小さめに作っておいて、硬い足型に無理やり履かせて、バンバン叩いて伸ばしたら、きれいに成形できるから」

しず:「それって、どの靴にも多少の伸び代が残ってるって事?」

善:「そのとおり! だから、ドライヤーで靴のタイトな部分や、靴ずれが起きる場所をあたためて、靴下を履いた足で履いて少し歩く。」

しず:「それから?」

善:「さすがに、一回ではジャストフィットしないと思うから、それを何度か繰り返せばいいよ」

しず:「何度も!」

善:「そう、何度も繰り返す」

しず:「それが、善ちゃんの言う、『簡単にな』ですか!?」

善:「やかましいわ!」

 

まとめ

準備する物は、ドライヤーですが、頑丈な靴なら強力なヒートガンが必要かもしれません。

そんな時は、こんな強力な温風の出る道具もありますので、参考にしてください。

 

 

これは、車の板金屋さんでも使用する、道具です。

これを使えば、へこんだウレタンバンパーでも簡単に修復できる強者です。

形はドライヤーそっくりですが、ヒートガンといい、ドライヤー以上の温風が出るので取扱注意です。

今回は靴ですので、だいたいの場合、髪に使用するドライヤーで問題ないようです。

次に、火傷しないようにすることと、最終的な適正サイズに矯正するために靴下を履いた足で、靴を履き、歩いてみます。

軽度なら、1回で効果がありますが、捨てようか迷うほどフィットしない靴なら数回おこなうことで、フィットするようになるようです。

 

プロ用(ヒートガン)

 

実証確認

ちょうど、一か所痛くて、なかなか履かない靴があったので、試してみました。

こんなことがあるので、靴は大きいサイズを買うようにしていましたが、この技が使えるものなら、もっと攻めた靴の買い方でも問題ないってことになります。

私が試した靴は、皮靴です。

一箇所痛いところが合って、下手したら靴ずれもするから、ほとんど履いていませんでした。

皮なので、ヒートガンを使いました。

善ちゃんは、何度も問いっていましたが、1回で完璧な履き心地になりました。

もしかすると、後ちょっとのことだったのか、ヒートガンが良かったのか良くわかりませんが、感激しました。

あまり愛着がなかったので、勢いよくやりました。

結果的に、なにが良かったのかわかりませんでしたが、うまくいきました。

運動靴なら、もっと簡単に出来そうな気がしましたので、これからトライしてみようと思います。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方

    基本的な、お寿司の食べ方。スーパーに打っている…

  2. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編

    CADというのは、意外に最低限のオペレーション機能だけで実は業務をまか…

  3. 方法、手法

    WordPressで記事のIDを確認する方法

    自分のホームページにSNSボタンを貼り付けたくて、ワードプレスのテーマ…

  4. 方法、手法

    水槽で使う、ぶくぶくポンプの作り方

    作り方によっては、本当に静音仕様に作ることが出来ます。夏休みの工作にい…

  5. 方法、手法

    数字当てゲームの説明書

    「数字当てゲーム」をやりだすと、脳内に麻薬でも分泌されているかのように…

  6. 方法、手法

    白湯が魔法の水と言われるのはなぜ?

    白湯は、たくさんの効能が期待できるため、まさに「魔法の水」のようですね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    車のバッテリートラブルを未然に防ぐ方法
  2. 方法、手法

    正しいパソコン姿勢は疲れない
  3. 方法、手法

    便利なGoogle検索方法(ヤフオクにも使えます。)
  4. 思い出

    エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1
  5. 考え方

    クルマへの飛び石を避けることは出来るのか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。