方法、手法

炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

炭酸飲料の飲み残し

炭酸飲料の飲み残しは、蓋を閉めて保存している人が多いですが、そんなことしても炭酸は抜けてしまいます。

炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。

飲み残した炭酸飲料に金属の棒を入れればよいだけ。

銅やアルミといった金属が一番ベストですが、普通の金属でも大丈夫。

例えば、フォークやナイフ、あるいはスプーンなら、どこの家庭でもあると思うので、それを飲み残した炭酸飲料に挿し入れて、冷蔵庫に保管してください。

常温保管では、絶対に炭酸が抜けてしまうので、必ず冷蔵庫保管してください。

ペットボトルの場合、飲み残しが少なく、金属の棒が挿せないときは、コップに移してください。

コップに移す場合は、出来るだけ細いコップを選び、出来るだけ液体の深さが大きくなるほうが効果は高い。

 

メカニズム

炭酸飲料を製造する過程では、炭酸ガスを飲料に入れるとき、元になる飲料水を極端に冷やします。

冷えれば冷えるほど、炭酸ガス(二酸化炭素)は入りやす(溶解度がたか)くなります。

ということは、飲料が温もれば炭酸は出ていきやすくなります。

だから、炭酸飲料は必ず冷やして保管する必要があります。

とはいえ、炭酸飲料が冷えていても、炭酸ガスは徐々に抜けていきます。

それを防止するために、炭酸飲料に温度の違う層を作ります。

その手段として、金属の棒を挿すわけ。

これを「コールドプラグ」といいます。

熱伝導率の良い金属の棒を挿すと、差し込まれていない部分よりも冷えます。

参考:水は4℃が一番密度が高く重くなる。

つまり、冷えた炭酸飲料は比重が高くなるので重くなり、下にたまります。

炭酸ガスの溶解度は、温度が低い方によく溶けるから、炭酸ガスは温度が低い液体側に移動します。

すると、飲み残した炭酸飲料の上部分には、気体が溶解しにくい層があるので、ちょうど蓋をされているようなことになります。

 

炭酸飲料は水筒に入れてはいけない

いくつか理由がありますが、今回の記事のテーマとして、まず炭酸ガスが抜けます。

水筒は、液体の密閉ができるように設計されていますが、気体の密閉は考慮されていません。

一見、炭酸が抜けにくそうに思いますが、炭酸は抜けます。

あと、炭酸の影響で水筒の中の圧力が高くなり、蓋が開かなくなります。

絶対に危険ですから、水筒に炭酸飲料を入れることはしないようにお願いします。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    自動車の車幅感覚を身につける方法

    車がギリギリ2台通れるような狭い道で車同士がすれ違う時、車幅感覚がない…

  2. 方法、手法

    礼儀作法アラカルト

    相手を大切にすると、自分も大切にされます。礼儀作法は、相手を思いやる心…

  3. 方法、手法

    ブレインストーミングと9+1個のチェックリスト

    通称:ブレストと呼ばれています。これは、会議方式のひとつで集団思考、集…

  4. 方法、手法

    絶対にインフルエンザにならない方法

    「口を湿らす程度の水を20分おきに飲む。」これが今回の肝です。日刊ゲン…

  5. 方法、手法

    金属の鍋がなくても、お湯を沸かすことができます。

    紙皿に水をいれて、直接火にかければ、お湯を沸かすことができます。紙は、…

  6. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 汗編

    私たちの生活では、クーラーがあるのが、あたりまえになっています。クーラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法
  2. 方法、手法

    【悪用禁止】嘘(ウソ)を見抜く方法
  3. 方法、手法

    便利なGoogle検索方法(ヤフオクにも使えます。)
  4. 方法、手法

    オームの法則とジュールの法則
  5. 考え方

    お年玉の相場!そして、お盆玉とは?
PAGE TOP