方法、手法

溺れた人を助けに行って死ぬってどういうことなのか?

溺れた人を助けに行って死ぬってどういうことなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、溺れている人を救助した人がお亡くなりになっています。

私は、自分が2度、溺れている人を救助しにいったことがあるので、どういうことなのか、なんとなく理解できます。

 

そのとき、冷静に判断できる人間は少ないです。

私自身も普段はとても冷静ですが、ちゃんとした判断が出来ませんでした。

 

私の経験を読んでもらって、疑似体験していただければ、今後の参考になるかもしれません。

 

 

 

 

過去の経験

私は、小さなころから、ものすごく流れの速い川で泳いで遊んでいたことも合って、泳ぎは得意なほうです。

得意といいながら、正しい泳ぎ方が出来るわけでもなくて、ただ、絶対に溺れることなく泳いだり浮いたりすることは簡単に出来ます。

 

私が泳いでいた川は、非常に流れが速く、毎日ダムの放流もあるような川でした。

普通の人なら、危険すぎて絶対に泳いだりしない川だってことを、大人になってから知りました。

 

知らないって、おそろしいことです。

当時は、ダムの放流がどれほど危険なのか、よく知りませんでしたので、わざわざダムの放流にあわせて川に入って泳いでいたくらいでした。

 

放流が始まると、異常な高さの水面が段になって迫ってきます。

私は、流されないように必死に逆流して泳ぐのですが、バックします。

 

そうしているうちに、何十メートルも下流に流されて、歩いて上流へ戻っていました。

無知ってすごいですね。

 

 

同僚との海水浴

社会人になってから、職場の同僚たちと海水浴に行くことになりました。

親しい人ばかりではなく、普段は、一言も言葉を交わさないような同僚もいました。

 

ものすごく、深くて、波も高い日本海で泳いでいたのですが、一人で沖に行き過ぎた私は、思った以上に体力が消耗していることを自覚するのがすこし遅かったのです。

「あっ、なんかやばいかなぁ」なんて思いながら、岸へ引き返していました。

 

もうすぐ、岸に着く・・・っと思ったそのときです!

 

すごい高い波がやってきて、浅瀬で遊んでいる人たちや自分も含めて、一気に沖まで持っていかれました。

普段の私なら、全く問題ないのですが、この時は体力を消耗していたので、自分自身が岸にもどるのがやっとのことでした。

 

なんとか、足が着いて「ホッ」っとしたのもつかの間です。

 

岸でみんなが、なにやら騒いでいます。

はじめ、よく聞こえなかったのですが、よく聞いてみると・・・

 

「ゆいちゃーん(仮名)!」ってみんなが叫んでいます。

ふと、沖に目をやると、ほとんど面識のない ゆいちゃん が完全に溺れていました。

 

ほとんど沈みかけです。

あたりを見渡しても、誰もいません。

 

どう考えても、私が一番近くにいたのです。

ゆいちゃんとは、結構人気のあった女子で、職場では私に対してすごく冷たい態度をとる人でした。

 

私は、絶対に嫌われていると感じていたし、人気があるので、下手に手を出して恨まれるのもいやでした。

なによりも、自分の体力の消耗加減が尋常ではなかったので、私は助けに行きたくありませんでした。

 

ためらって、立ち尽くす私に、みんなが言い出しました。

「しず!、お願い! 助けに行かれへんかー!」

 

ほんと、最悪って思いました。

でも、こんなときって、選択肢がないのです!

 

つまり、私の意思とは関係なく、助けに行くしかない状況になります。

 

 

 

 

 

 

 

救助する

とは言え、沈みそうになっている人間を見てじっと見ていられる訳もなく、私はそのまま救助に向かいました。

すぐに、ゆいちゃんの近くに来たのですが、相手は女性です。

 

どこを持てば良いのか、近くでためらっていると、私は、ゆいちゃんに両腕とからだを一緒に抱き付かれました。

その瞬間、二人とも海の中へと急降下しました。

 

私は上を見上げると、水面がどんどん離れていく様子が見えました。

私は、沈むときって、下に向かって泳ぐ意外は、人間って沈まないって思っていたので、焦りました。

 

この焦りが、私自身のパニックの始まりです。

「俺が、溺れてるのか??」

 

自分が溺れるといった、かつて経験したことのない現実を目の前に私はすごく動揺しました。

すぐに、抱き付かれている手を振りほどこうとしましたが、ゆいちゃんは浮き輪を持っているような感覚で、すごい力で抱きついています。

 

なんとか、左腕が自由になり、私は左腕と足で、海面を目指しました。

やっとの思いで、海面に顔を出したのですが、海面から顔が出たのは、ゆいちゃんだけです。

 

私は、どうしてもそれ以上浮くことが出来ませんでした。

そのまま、方向を水平に変更し、岸に向かって泳ぎ始めました。

 

その間も、私の頭は沈んだままです。

私は、岸に向かっているのかどうかさえ、わからないまま泳いでいたのです。

 

ずっと、水の中に沈んでいるので、大量の海水を飲みました。

そこには空気がなく、海水しかないってわかっていても、飲んで飲んで仕方がありませんでした。

 

だんだんと、私は意識が薄れていくのを感じていました。

もう、この頃には自分の死を覚悟し始めていました。

 

気がつくと、もう、私は動くことも出来ない状態になって海に沈みかけていました。

そのときです。

 

きっと、私たちは足がつくところに来ていたのでしょう。

ゆいちゃんが私を抱きかかえてくれて、ずりずりと私を引きずりながら、岸に到着しました。

 

最後の状況が悪すぎました。

知らない人が見ると、まるで助けられたのは私です。

 

私は、言い訳も出来ない状態で、海水を吐き続けました。

救助しに行った人が、死ぬってすごく理解しました。

 

悲しいけど、ゆいちゃんはものすごく元気でした。

溺れていたゆいちゃんは、みんなに「だいじょうぶ~」とか言われながら看護されています。

 

私は重症でしたが、誰も看護にきてくれません。

同僚からは、「なんで、手をつないで岸にくるねん!」と怒られるだけでした。

 

 

 

 

救助する方法

かわいそうかもしれませんが、救護する相手にはおとなしくしてもらう必要があります。

ですから、多少乱暴な方法であっても、相手の動きを鈍らせる必要があります。

 

当然、泳げる人が救助に行くので、対象物が動かない状態であれば、かかえて運ぶことが出来ます。

一番厄介なのは、暴れまくっている人を、そのまま持っていこうとすることです。

 

気持ちはわかりますが、殴ってでも、相手の動きを止める必要があります。

殴るとまではしなくても、ビンタするなりして、正気を取り戻さすのです。

 

実は、救助において、救助者が泳いでいくのは最終手段です。

本来であれば、浮くものを遠くから投げて、それをもって引き戻すのが鉄則ですから。

 

浮くものならなんでも利用しましょう。

よく活用できそうなのが、クーラーバックです。

 

これは、浮きになりますから、あれば中身を出して使ってください。

 

 

 

 

 

まとめ

この後、わたしはもう一回、救助しています。

今度は、少年でしたが、前の学習があったため、非常にスムーズに救助を行うことが出来ました。

 

でも、実は、助けに行くとき、怖くて長く固まりました。

まず、自分自身をビンタして、自分を落ち着かせるところからはじまりました。

 

誰でも遭遇する可能性があるので、ほんとうに注意してほしいです。

 

 

↑こんな便利なものもありますよ。

これなら、水中で10分間は息が出来ますので、これがあれば最強です。

 

しかも、空気がなくなっても、付属の空気入れで何度も入れることが出来ます。

普段から使うことが出来るので、持っているといいのかもしれません。

40秒の動画ですが参考までにどうぞ

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

    上抜きと下抜きでは、それぞれにメリットとデメリットがありましたね。総合…

  2. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。

    私も人に、「“○○ △△”のキーワードで検索したら一番初めに出てくるよ…

  3. 方法、手法

    有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法

    今の時代になっても、Wi-Fi環境がなく、有線LANしかないビジネスホ…

  4. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編

    設計者は、モノづくりの観点を考慮しないで設計すると、大幅に原価が増える…

  5. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません

    準備する物は、ドライヤーです。今回は靴ですので、髪に使用するドライヤー…

  6. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 汗編

    私たちの生活では、クーラーがあるのが、あたりまえになっています。クーラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。
  2. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合
  3. 方法、手法

    交通事故の被害者になったときに絶対抑えておくべきポイントを公開
  4. 方法、手法

    切れない包丁でも、きれいに切れるのはなぜ?
  5. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)応用編
PAGE TOP