方法、手法

へこんだ畳の修復方法

畳の宿命

畳の宿命は、避けられないのだろうか。

畳の表面に使われている、イグサは中に空洞がたくさんあります。

ですから、そんなに重くない物であっても、長時間置いておくと簡単にへこみます。

そう、へこんでいるのはイグサなんです。

部屋の模様替えをしたときに、家具を移動させると、畳にはくっきりと型が残っています。

つい先日も、友人宅にお邪魔したとき、畳がへこんでいるのを見つけました。

このへこみは、ものすごく簡単に修復できるのですが、へこんだままってことは修復方法を知らないんだろうなと思い教えてあげました。

もしかして、他にも知らない人がたくさんいるかもしれないと思って記事にしてみました。

とにかく、ものすごく簡単にできますので、やらない選択がありません。

 

修復のしくみ

先ほど説明したように、イグサの中には空洞がたくさんあります。

へこんでいるのは、その空洞が潰れているのが原因です。

イグサに水をしみこませると、潰れていた空洞が水で満たされるので、膨らみます。

(ひじきを水で戻すイメージです。)

さらに、それが乾くと元の形まで戻っていきます。

 

へこんだ畳の修復方法

準備するものは、「水の入った霧吹き」と「ドライヤー」のみです。

まず、畳のへこんだ部分に霧吹きを3~5回ほどスプレーします。

その後、手で”トントン”と、軽くたたいて水をイグサに染み込ませます。

30秒ほど放置したら、次はドライヤーで乾かします。

この時に注意しないといけないのは、ドライヤーを近づけすぎないことです。

目安は、15cm離してドライヤーで乾かせます。

もしも、一回でへこみが思ったように戻らない場合は、2回ほど繰り返してください。

 

畳の製造工程にも霧吹きを使用

畳を作るときも、イグサに霧吹きをしながら作ります。

霧吹きを使わないと、ピンと張った畳が作れないといいます。

これは、イグサの性質をうまく利用した作り方だったんです。

この性質を利用して、へこんだ畳に応用した修正方法です。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    アイソメ図の書き方

    一見、難しそうですがコツさえ掴んでしまえば結構簡単です。また、アイソメ…

  2. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 熱の移動編

    「体感温度」 = 「実際の温度」 ではないってことです。例えば、冷蔵庫…

  3. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第2回

    不法侵入者を確保せよしかし、しかしです、どんなに侵入を妨害しようとも、…

  4. 方法、手法

    addquicktagのカスタムタグ

    アドクイックタグ(addquicktag)の追加タグ一覧Wordpre…

  5. 方法、手法

    一時的ではなく、根本的に口臭を消す方法

    世の中には、すごい臭いフェチが居ると聞いたことがありますが、口臭フェチ…

  6. 方法、手法

    家庭用コンセントのお話

    意外に知らない人が多いのですが、電位がゼロの大きい方の穴は、大地にもつ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    書類をめくる時は、指サックを付けなくても、ペロペロ舐めなくてもいいのです。
  2. 方法、手法

    日程調整が楽になる方法
  3. 考え方

    ネズミ講とマルチ商法の違い
  4. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算
  5. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。