方法、手法

へこんだ畳の修復方法

畳の宿命

畳の宿命は、避けられないのだろうか。

畳の表面に使われている、イグサは中に空洞がたくさんあります。

ですから、そんなに重くない物であっても、長時間置いておくと簡単にへこみます。

そう、へこんでいるのはイグサなんです。

部屋の模様替えをしたときに、家具を移動させると、畳にはくっきりと型が残っています。

つい先日も、友人宅にお邪魔したとき、畳がへこんでいるのを見つけました。

このへこみは、ものすごく簡単に修復できるのですが、へこんだままってことは修復方法を知らないんだろうなと思い教えてあげました。

もしかして、他にも知らない人がたくさんいるかもしれないと思って記事にしてみました。

とにかく、ものすごく簡単にできますので、やらない選択がありません。

 

修復のしくみ

先ほど説明したように、イグサの中には空洞がたくさんあります。

へこんでいるのは、その空洞が潰れているのが原因です。

イグサに水をしみこませると、潰れていた空洞が水で満たされるので、膨らみます。

(ひじきを水で戻すイメージです。)

さらに、それが乾くと元の形まで戻っていきます。

 

へこんだ畳の修復方法

準備するものは、「水の入った霧吹き」と「ドライヤー」のみです。

まず、畳のへこんだ部分に霧吹きを3~5回ほどスプレーします。

その後、手で”トントン”と、軽くたたいて水をイグサに染み込ませます。

30秒ほど放置したら、次はドライヤーで乾かします。

この時に注意しないといけないのは、ドライヤーを近づけすぎないことです。

目安は、15cm離してドライヤーで乾かせます。

もしも、一回でへこみが思ったように戻らない場合は、2回ほど繰り返してください。

 

畳の製造工程にも霧吹きを使用

畳を作るときも、イグサに霧吹きをしながら作ります。

霧吹きを使わないと、ピンと張った畳が作れないといいます。

これは、イグサの性質をうまく利用した作り方だったんです。

この性質を利用して、へこんだ畳に応用した修正方法です。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    やわらかい固体の水の作り方

    これは、人工イクラの作り方に似ています。ですから、有害なものを使ってい…

  2. 方法、手法

    幸せになるための方法

    セロトニンが増えれば幸福感が満たされると言います。そんな幸せホルモンの…

  3. 方法、手法

    便利なGoogle検索方法(ヤフオクにも使えます。)

    Googleやyahooなどの検索サイトで、検索するときどのようにキー…

  4. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編

    今回の記事は、板金設計における穴やねじなどの加工についての設計ノウハウ…

  5. 方法、手法

    女性に好感の持たれる体臭を目指すための対策 

    最近では、「スメハラ」なんて言葉もあります。悪意はなくても、知らない間…

  6. 方法、手法

    カニの足は、特別な道具がなくても綺麗に食べることができます!

    カニは、外敵から身を守るために、表面の赤い部分は非常に硬いです。その中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    「この買い物は得した!」 あなたの脳は錯覚していませんか?
  2. トレンド

    消費税の10%はいつから?
  3. 方法、手法

    AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート対応
  4. 方法、手法

    ユーチューブから音だけをmp3でダウンロードする方法は?
  5. 方法、手法

    ファックスをメールで受信する方法
PAGE TOP