考え方

アメンボから連想する大きな水たまりの話

アメンボから連想する大きな水たまりの話

 

 

 

 

 

 

「アメンボ」の名前の由来

体臭が飴ちゃんの臭いがすることと、身体が棒のように細いことから、「飴棒」と言われるようになりました。

ここから、変形して「アメンボ」と変化したと言われています。

 

 

他には、雨が降った後に出来た水たまりにいるのをよく見かけるので、「雨坊」と呼ばれるようになった話もありますが、これは俗説だと言われています。

 

 

 

 

アメンボはどうやって移動しているのか

雨が降った後に出来た水たまりにいるのを見かけると思いますが、ではアメンボはどのようにして水たまりまで移動しているのでしょうか。

 

水面を移動している姿はよく見る風景ですが、水たまりや池などに向かって移動しているアメンボの姿を目撃するのは少ないのではないでしょうか。

 

私は、移動中のアメンボを見たことがあります!

 

水たまりにいるアメンボで遊んでいたら、飛びあがりました。

 

飛ぶといっても、ジャンプではありません。

 

ずっと目で追っていたのですが、はるか遠くまで飛んで行きました。

 

そう、アメンボって空を飛ぶ虫だったんですよ。

 

大人になってから初めて知ったのですが、地味に感動しました。

(大人なのに水たまりのアメンボと遊んでいたことは気にしないでください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな水たまり

アメンボをよく見る、水たまりつながりで面白い情報が一つあります。

日本一大きな水たまりをご存知でしょうか?

 

それは、摩周湖!

日本一(世界2位)の透明度を誇る摩周湖ですが、これは法律上で水たまりとなっています。

国土交通省でも登記されていません。

 

国土交通省が登記していない理由は、「水源とする河川が無い」からだそうです。

農水省でも登記されていません。

農水省が登記していない理由は、「湖に浮かぶ島には樹木が無い」からだそうです。

北海道遺産にも選定さたこの美しすぎる湖が水たまりってまさにアンビリーバボー!

 

 

 

水清ければ魚棲まず(みずきよければうおすまず)

水清ければ魚棲まずとは、あまりに清廉すぎる人は、かえって人に親しまれず孤立してしまうことのたとえ。

説明すると、あまりにも水が清く澄んでいると、魚の餌になるプランクトンも繁殖しないし、魚が隠れることができないので棲みつかないこと。

 

まさに、摩周湖はそれにあたります。

摩周湖に染み出る水は、完全に濾過されているため、水が非常にきれいなのです。

ゆえに、このたとえのように水がきれい過ぎて、魚も非常に少ないし、居てもエサが少ないため、体長が極端に小さい魚しかいないと言われています。

 

 

 

まとめ

もうすぐ梅雨の季節ですので、アメンボが飛んだ時のことをふと思い出したので記事にしてみました。

あまりにも内容が薄くなってしまったので、大きな水たまりの話も加えました。

この大きな水たまりは、すごくきれいな水なのに魚が少ないのは、なぜなのかも触れました。

これは、人間にも当てはまることで、あまりにも清廉潔白すぎると、かえってその人の周りには人が寄り付かないものです。

このような人は、もうすこしラフなれるといいのですが、そんなに簡単に性格を変えられたら誰も苦労しません。

まずは、深呼吸をして、運動で体を改善するところから始めてみませんか。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    洗濯機は、ドラム型と縦型ではどちらを選ぶべきか?

    実際にどうなのかトータルなコストを比較してみました。ご覧のとおり、ドラ…

  2. 考え方

    掃除機選びのコツ

    掃除機を選ぶポイントいきなり、結論を書きますが、掃除機は絶対に実機を見…

  3. 考え方

    わき毛を抜くと、わきのニオイがひどくなるのは本当か?

    わきのニオイのしくみ夏でも冬でも、肌の奥にあるアポクリン腺から汗がでま…

  4. 考え方

    インターフォンは作動していますか?

    インターフォンの故障は、案外気が付かないことが多いです。訪問者が大きな…

  5. 考え方

    メガネ購入までのプロセス。そして視力回復に興味を抱く

    視力は、昔からメガネを使ったこともなく、日常生活になんの支障も無いので…

  6. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算

    【サボり】とは、フランス語の“sabotage(サボタージュ)”を略し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    口内炎は10(ジュー)秒で治す! 善ちゃんによるレポート付き
  2. 方法、手法

    違う金属を接触させてはいけない理由
  3. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない
  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 熱の移動編
  5. トレンド

    モンストラックアウト大予想!
PAGE TOP