考え方

「チェイサー」は水ではない

BARで、度数が強いお酒を注文すると、店員が「チェイサーはいかがなさいますか?」なんて聞いてくることがあります。

私が思うのは、この聞き方は少々不親切だと思うのです。

 

初めてのチェイサー

時効だから言いますが、19歳の頃、ショットバーで、確か「マティーニ」だったと思うのですが、それを注文したときに店員に聞かれました。

「チェイサーはいかがなさいますか?」

私は、チェイサーが何なのか知らなくて「それは要りませんが、お水をください」と言ってしまったことがありました。

店員も少し笑って、連れの女性も笑っていましたが、何を笑われているのかさっぱりでした。

話が落ち着いたときに、連れの女性が、「チェイサーが水のことって、知らなかったの?」って言われました。

私は、「それやったら、お水は要りませんかって聞いてほしかったわ」ってちょっと顔を赤くして言い返したのを覚えています。

ただ、今ならわかるのですが、当時の私の対応は、実は合っていたような・・・?

 

カッコいいチェイサー

それから2,3年ぐらい経過した頃、11歳年上の女性と再びBARに行ったことがあります。

呼び名は、千晴だからちーちゃん

その時の彼女は、ウイスキーをストレートで注文した、そして店員が聞きます!

「チェイサーはいかがなさいますか?」

私は、心の中で「キター!」って思いました。

すると彼女は、「チェイサーは黒ビールで!」なんて言うではないか!

当時の私と違って、彼女はBARの常連、彼女に限って間違えるはずがないので、私も同じ組み合わせを注文しました。

ちーちゃんは大人の女性だから、遠慮なく聞いてみました。

しず:「チェイサーは水じゃなかったの?」

ちー:「チェイサーが水やソーダだけって思ってるのは素人なのよ」

なんと、チェイサーは、水だけではなく、ソーダのことも言うことを始めて知り、さらにチェイサーの意味を深く教えてもらえることになりました。

それを聞いた後で思ったのは、チェイサーで黒ビールを注文するなんて、めっちゃカッコいいと。

 

チェイサーは、客が使う言葉ではない

寿司屋で会計するときに客が、「お愛想して」とか、醤油が欲しい時に、「むらさき下さい」とか、わさびが欲しいときに「なみだ下さい」なんていう人がいますが、これは客側が使う言葉ではありません。

知識として知っておくことは良いことですが、これらの用語はお店側の人のみが使う言葉です。

お店の人は、ツッコミを入れることなく対応してくれますが、逆に恥をかくことがあるので、明日からは止めたほうがいいでしょう。

「チェイサー」もそれと同じで、客側が使う言葉ではなく、お店の人だけが使う言葉なんです。

だから、間違っても「チェイサーください」なんて言わないこと。

 

チェイサーとは

アルコール度数の高いお酒を飲んだとき、口内がしびれる時がありますが、これをリセットするのが多い役割になります。

それから、胃に負担がかかりすぎるので、それを軽減させる目的でもあります。

お酒が好きな人の中には、”閉じている香りを開かせたるため”なんて訳のわかんないことを言う人もいます。

どの理由であっても、度数の強いお酒を口にした後に飲むので「チェイサー」と呼ばれています。

これとは逆に、度数の弱いお酒の後に、度数の強いお酒を飲むことも、「チェイサー」と呼びます。

ですから、「チェイサーはいかがなさいますか?」と聞かれれば、お水が欲しいなら「水」と言えばいいし、コーラやビールでもいいわけです。

くれぐれも、「はい、チェイサーはいただきます!」なんて言わないようにしてください。

お客様の揚げ足を取る店員は普通いませんが、実は店員さんは困っているはずですから。

 

さいごに

気の利くBARなら、ウイスキーなどの度数の強いお酒をストレートで注文すれば、何も言わずにお水(チェイサー)を出してくれます。

でも、注意して欲しいのは、ストレートではなく、ロックの場合、氷が入っているから、あえてチェイサーを出さないBARがあります。

これは、わざとなので、チェイサーが欲しいときは、自分で注文しなければいけません。

もちろん、「チェイサーをください」と言えば、黙って水を出してくれるお店は多いと思いますが、本当なら、なにを要求しているのかは店員には予測不能な言葉です。

この場合、割合的に多い水を予測して出してくれる場合が多いのですが。

チェイサーと水はイコールではないので、チェイサーを何にするかは、ご自信で具体的に指定するのがマナーです。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    専業主婦には休日がない

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

  2. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算

    【サボり】とは、フランス語の“sabotage(サボタージュ)”を略し…

  3. 考え方

    『エコキャップ運動』は本当にエコなのか?

    この活動を『エコキャップ運動』といいますが、確かに、2005年までペッ…

  4. 考え方

    お祭り嫌いなインテリ男が祭りに参加した結果・・・

    祭りって見ているのと参加しているのとではまったく違う世界があります。今…

  5. 考え方

    日本は破綻しなくて国民は借金などしていない事実

    借金をしているのは政府であって、国民は借金をしていません。そして、その…

  6. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント

    猫を飼ってたことがある方なら、必ず知っているエピソードの数々果たして、…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ハチに刺されたら覚えておくこと
  2. メモ

    パソコンで、たまに見かける「Thumbs.db」ファイルって一体なに?
  3. 考え方

    月までおよそ38万km。身近な物が月まで到達する距離になる
  4. 方法、手法

    パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方
  5. 考え方

    台風が接近!事前に私たちが備えることは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。