考え方

依存のすべてが悪いものばかりではないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

依存しないで生きていくことは不可能

学生でも、主婦でも、サラリーマンでも、経営者であっても、組織や他人との関係に依存しないで生活することはできないものです。

依存そのものは、なにも悪い事ではなく、人間が生まれながらに持っている、自分の“こころ”と“からだ”を満足させるための普通の欲求行為だと考えます。

ただ、これらの依存は、“自分”の“こころ”と“からだ”を満足させるため欲求行為ですから、注意しないと、“他人”の“こころ”と“からだ”を傷付けることがあります。

このように、依存とは、人間にとって、自分の“こころ”と“からだ”を安定させるために必要不可欠でありながら、他人の“こころ”と“からだ”を傷付けることもあります。

このことから依存には、良い依存と悪い依存が存在しています。

依存と聞けば、悪いイメージが大きいですが、すべての依存が悪いものばかりではないのも確かです。

 

 

悪い依存

私たちは、時に底の知れないほどのさびしさに襲われるときがあります。

うさぎなら、こんな時、死んでしまうと聞いたことがあります。

私たちは、さびしさに耐えられなくなったとき、誰かに寄り添いたくなります。

人によっては、誰かにしがみつきたくなる場合もあるでしょう。

でもこれは、悪い依存です。

「うそっ!」

こんな時には、相手の立場を深く考えることができません。

自分だけが安心感や満足感を得るためだけに、他人を利用することを考えている状態になっています。

もちろん、本人には悪気がないことは確かですが、行っているその行動は自分の利益をなによりも優先している状態になっています。

他人を利用して、安心を手に入れるといった自分本位の依存では、本来の安心感は得ることができません。

また、ギャンブルや買い物に夢中になったり、飲酒にのめり込んだりしても、つかの間の快感を覚えるだけです。

これらの依存は「悪い依存」となります。

 

 

 

良い依存

子供は母親に依存します。

もちろん、父親にも依存します。

他には、兄弟(姉妹)や先生たちにも依存するでしょう。

産れてすぐから、大人になるまでの発達段階にふさわしい依存なら私は、良い依存だと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

依存の反意語は競争

良い依存と悪い依存を書いてみましたが、依存は、自分一人では何もできない成長期のこどものようです。

なら、依存しなくなったと言うのは、「自立」でしょうか?

いいえ、「依存」の反意語は「自立」ではありません。

あえて、「依存」の反意語を言うなら「競争」でしょう。

競い合おうとする者は、支え合うことを拒みます。

それは、他人の援助を求めることは、敗北だと思ってしまうからです。

どんなに困っても、他人の手を借りようとしません。

この姿勢を、自立だと勘違いします。

 

 

スポンサードリンク
お菓子依存症を治す21日間の集中プログラム

自立するとは

本当の意味で自立出来た人は、なにかに依存する必要がなくなります。

自立とは、まわりの人たちに支えられながらも、自分の行動は支配されません。

また、自分で主体的に行動内容を決められるようになれば「自立した」と言えます。

他人と支え合いながら、自分の将来を主体的に選ぶことができるようになります。

自立できた人は、自分だけでなく自分以外の他人も平等に尊重するようになります。

大きな実績と持ち、それにふさわしいオーラをまといます。

自分のやりたいことを行う自由を持ちながら、その行動が所属する社会の秩序に適応しており、また社会と波長が合っていることが心地良いと感じています。

人として他人から尊敬されることで、自分の行動の原点を自分のなかに置くことができます。

 

鵄ノ崎恵 しのざき けい

 

まとめ

自立している人を見ると尊敬できますよね。

そんな風に自立している人になら、多少依存してもかまわないのかもしれません。

お酒やギャンブル(ゲーム)などに依存するのではなく、自立した人間に依存するほうが良いです。

だって、高確率で良い影響をもらえるからいいと思いませんか。

あなたも、自分の「メンター」を見つけてみてはいかがでしょうか。

そのかわり、「メンター」には、与えてもらうばかりではなく、自分のできることで与えるようにしていれば、「メンター」ともいい関係が長続きするのだと思います。

アイドルの追っかけっていますよね、私は良い依存だと考えています。

音楽のある人生も悪くありませんね。

私は普段、音楽をあまり聴かないほうでしたが、ある人から 「音楽のある生活っていいと思わない?」 と問いかけられました。

そのときに、自分の生活に音楽が少なすぎることに気がつきました。

車乗っているときは、エンジンの音が聞きたいから、カーステは OFF

家に居るときは、勉強している時間が長いので、テレビも OFF

仕事中も、集中したいからって、無音の世界でした。

音楽を聴きながらでも、これらを犠牲にすることがないと気が付き、今では、すごく気分が楽になっています。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    叱ることと指導の違いを考えさせる

    「こういった失敗だって、たまには起きるさ。さぁ、一緒にナプキンを取りに…

  2. 考え方

    上司や先輩から仕事を教えてもえない場合

    今は、「悟り世代」や「ゆとり世代」などと言いますが、かつては「指示待ち…

  3. 考え方

    多くの家庭に普通に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  4. 考え方

    犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由は?

    様々な理由で、対外的にアピールしたいときには、黄色のリボンをリードに付…

  5. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

    「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。「時…

  6. 考え方

    具体的にどのくらいの水分を失うと熱中症になるのか

    ビールを飲めば、からだの水分は減ります。飲めば飲むほど、減ります。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!
  2. 方法、手法

    電車で痴漢の犯人に疑われたときに覚えておくこと!
  3. 方法、手法

    溺れた人を助けに行って死ぬってどういうことなのか?
  4. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット
  5. 考え方

    犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由は?
PAGE TOP