考え方

インターネットを使って稼ぐ方法  注意編

インターネットを使って稼ぐ方法  注意編

楽には稼げるはずがない

楽して簡単に稼ぐことは出来ません!

そんなのは当たり前の話。

楽に稼げるなら、みんながやっています。

よく、「簡単に楽に稼げる」と言っている人もいますが、とても怪しいものです。

もしも、簡単に楽に稼げる方法を私が知っていたなら、人に教えることはありません。

さらに、もっと大きく稼ぐためなら、従業員を雇ってやらせます。

こんなことを言えば、「なんと心の狭い人!」と非難されそうですが、普通そうなります。

わかりやすく表現するために、あえて品のない言い方をしますが許してください。

目的は、「伝えたい」からです。

『誰でも!』

『簡単に!(パソコンの知識がなくても!)』

『少しの作業時間だけ!(1日10分!)』

『底リスク!(勝率80%以上!)』

こんな事を書いている広告を見かけますが、こんな事を信じるのは、「世間知らずのアホ」だけ。

「信じる者は救われる」といいますが、「信じる者はアホ」です。

 

簡単に稼げるのからくり

いろんな手法がありますが、参考までに1例だけ紹介します。

『誰でも!』

『簡単に!』

『少しの作業時間だけ!』

『底リスク!』

の情報商材と呼ばれるモノを30万円で「世間知らずのアホA」が「悪徳商法の主」から購入します。

その商材の中身は、なにかがあるように見せかけて、正味の中身は非常に薄いもの。

そこにあるのは情報商材と呼ばれるもので、「アホなあなたはこれを買ったと言う実績があるのだから、アホなあなたは、自分と同じくらいアホな人を見つけて、この情報商材を売るのです。

そう、私がアホなあなたに販売したように、同じことをすれば、アホなあなたでも、きっと私以上に稼ぐことができるでしょう。」

みないな・・・。

ただ、本当に中身がないと法律に抵触する可能性もあるので、手帳や鞄などの現実に存在する安物を何かセットして販売していることが多かったりします。

高額であることも多いので、ローンも組めるようにそれらを「ビジネスキット」などと適当なネーミングを付けて、表向きは物販の形にしています。

情報商材といった、中身のない商品は法律に抵触する可能性があるので、「ビジネスキット」などの実在する物をかくれ蓑にしていることが多いのです。

「世間知らずのアホA」は、自分が買った時に見た広告の作り方や、配信方法を書かれたマニュアルを見て、自分と同じように反応する「世間知らずのアホB」を探します。

今は、便利な世の中ですよね、インターネットを使えばいいのですから。

「世間知らずのアホA」は、投資した分を取り戻したいので、「世間知らずのアホB」を探し出し、その情報商材を30万円で売ります。

この繰り返しで、「世間知らずのアホC」・・・と負の連鎖が続きます。

ある程度、情報が蔓延すると、売れなくなります。

その情報商材が売れなくなると、また別の情報商材が発信されます。

すると、驚くことに「世間知らずのアホA」はまた購入するのです。

これ、ほんとうの話。

発信元の「悪徳商法の主」はとても賢くて、「世間知らずのアホ」たちが、なんど失敗しても繰り返し購入し続けることを知っています。

それから、また繰り返しになります。

 

何かに似てる、このしくみ

そりゃー、「悪徳商法の主」は、高級車も購入しているし、まともに働くこともしていないでしょう。

確かに、はじめに売り出した人ほど、簡単に、大量に儲かっています。

これ、なにかに似ていると思いませんか?

感のいい方なら気が付いたはずです。

そう

これは

形を変えていますが、「ネズミ講」と同じだと私は思っています。

物や情報が付属されているので、「マルチ商法」と言われていますが、「ネズミ講」となんらかわりません。

パチンコがうまく法律を交わしているように、法律こそは犯していないですが悪質な商売であることには変わりありません。

こんなものを、起業と言ってしまうと、リアルの世界で一生懸命働いている人たちに失礼です。

今は便利な時代になりましたので、昔のように実際の友人や知人に売らなくても、人脈のない個人がインターネットを使えばいくらでも「世間知らずのアホ」に出会えるわけですから。

昔なら、これでリアルな人脈をたくさん失っていましたが、今はそうならないから余計にたちが悪いと思います。

とにかくサクセスストーリーが同じ

本当に儲かるのか、説明する必要があります。

よくある手口として、サクセスストーリーの作り話をすることが多いです。

もしかすると、このストーリーも情報商材のマニュアルなのかもしれません。

「私には、多額の借金があった!」

などと社会の底辺にいたと言います。

「さらに追い打ちをかけるように、事故をした!」

などと、さらに最悪な状況になったと言います。

「自殺することも頭をよぎっていた頃、この商材に出会いました!」

などと商材との出会いを言います。

「どうせ、ドン底なら一度試してみようと、騙された気持ちでスタートしました!」

などと、自分も疑い半分でスタートしたことを言います。

「最初の3か月間は、収入がありませんでしたが、4か月目に100円の収益がありました。」

などと現実的にありそうな収益を言います。

「5か月目になると、2万円の収益があり、6か月目になんと10万円の収益が出たのです!」

などと、なぜか急激に収益があがっていくストーリーを言います。

「1年後になると、一般サラリーマンの年収の2倍ほどの収益がでるようになり、本当に稼ぐことが出来ると実感できるようになりました!」

などと、みごとに底辺から脱出し、さらに社畜からも脱出したように言います。

でもこれ

右習えのように、おなじストーリーを言っています。

私はいつも思うのですが、こんな嘘のストーリーを見ると腹が立って仕方がありません。

私もある意味、地獄を味わっているのですが、本当にそんな苦労したなら、そんな話はなかなか人にできません。

私は、今になっても友達にも家族にもちゃんと話したことがありませんから。

いつも気丈な私でも、思い出しただけでつらくなるので、話をするのも嫌だから。

だから、いつもギャグにしてふざけて話をしてるので、誰も真剣に聞かなくなるパターンが多くなりました。

私が、その昔に参加した、MLMといったビジネスでも、統括していた人は、すごいストーリーをさんざん語っていました。

数か月経過しても、一向にメンバーの収益が上がらない事もあり、メンバーから強い口調でクレームが出るようになりました。

そしてある日、突然それらがすべて嘘だったと告白したことがありました。

もちろん、その後はすぐに解散となったのは言うまでもありません。

しかし、解散したと思われたそのグループは、また別のビジネスに手を出して、新たな「マルチ商法」を始めていたのは後から知ったこと。

このように、加入者(購入者)のモチベーションを上げるために、嘘のストーリーを並べることが多いのが現実です。

そうです、かつて私も一度は騙された経験があります。

 

こんな情報商材を売っていいのでしょうか

こんな情報商材を売っていいのでしょうか?

売るのは自由です。

買うのも自由です。

ただ、この記事の読者には、このような情報商材を購入しない事を望んでいます。

すべての情報商材を否定するつもりはありません、中にはその金額に見合った情報も存在します。

しかし、情報が欲しければ、最初にするべきことは、図書館に行くことです。

なぜ図書館なのか?

情報を入手する時は、たくさんの本を読む必要があります。

本の中には駄作もたくさん存在しますので、図書館で気に入った本が見つかったら購入すればいいのです。

ただ、図書館には最新の本がなかったり、借りたくても借りられない本もたくさんあります。

そのときは、購入すればいい。

無駄にどんどん買えば楽ですが、ゴミが増えるだけ。

もしも、本が余っているときは、捨てずに図書館に寄贈してほしいと思います。

それに、なんといっても私たちの税金で作った施設なので、無料に見えますが無料ではありませんので是非とも利用してほしいなぁって思います。

 

 

どうしても情報商材が欲しくなったら

それでも、背に腹は代えられなく、わらにもすがる気持ちで切羽詰まった人もいるかと思います。

その時は、せめてインフォトップに登録されている情報商材にしてください。

インフォトップの情報商材ならすべて安全。とまでは言いませんが、少なくともインフォトップの審査を通過したものしか売っていませんので、まだマシ

もう一度言います、”マシ”なだけですから、購入の際は本当に注意してください。

私も、インフォトップからの情報商材を購入したこともあります。

しかし、いざ買って読んでみても、図書館で得られる情報と大差がありませんでした。

あえて、メリットをあげれば、時間短縮にはなります。

つまり、「時間をお金で買うならあり」なのかもしれません。

間違っても、その情報商材を売るために買う事だけはやめたほうが良いです。

情報商材は、利益率が莫大(50%~90%)ですので、売りたくなる気持ちはわかります。

売るためには、ご自身が購入する必要があります。

だって、知らない商品なんて紹介の使用がありませんから。

でも、購入した段階で、「世間知らずのアホ」になる もしくは、近づくことを覚悟することです。

残念ながら、今では人に売りたくなるような商材がほんとありません。

でも、購入してしまったら元を取りたくなるのが心情。

駄作だと知ってしまっても、良い所だけをアピールして売りに行く場合が多いでしょう。

ですから、その多くは短命で、すぐに姿を消すつもりで販売する人以外は手を出すべきではありません。

 

無料オファー

これは、非常に稼ぎやすいかもしれませんがやめてください。

閲覧者に、会員登録をしてもらえば良いだけですので、売る必要がありません。

売らないので、ハードルは非常に低い。

報酬は、平均で1登録あたり、500円ほどあります。

1月に100登録してもらうことが出来れば、5万円です。

結構楽に稼げたりします。

売らないので、罪悪感も薄い。

しかし、これらのほとんどが高額塾への勧誘につながります。

自分の読者を大切にしたいと思うなら、無料オファーはやめてください。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合

    感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自…

  2. 考え方

    「ロッキー」って映画の話

    無名俳優からトップスターになったシルベスタ・スタローンは、「ロッキー」…

  3. 考え方

    リモコンにアルカリ乾電池を使ってはいけない理由

    久しぶりにエアコンを稼動させようと思って、リモコンを操作してみると動き…

  4. 考え方

    プールをなめたら、あかん

    みんなが”自分一人ぐらいプールで用を足しても大丈夫だろう”という気持ち…

  5. 考え方

    インターフォンは作動していますか?

    インターフォンの故障は、案外気が付かないことが多いです。訪問者が大きな…

  6. 考え方

    クルマへの飛び石を避けることは出来るのか

    60Kmを超えるスピードで走る時は、大型トラックやオフロード車の後ろは…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. メモ

    ペットにとって毒になる観葉植物の種類とは
  2. 方法、手法

    XML サイトマップ作成方法(Google XML Sitemaps)
  3. 思い出

    希望部署に配属されなくても得るモノはたくさんある話 前編
  4. トレンド

    【警察庁から通達】あおり運転は即座に免許停止処分
  5. トレンド

    透明な牛乳は、どんな味がするのか?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。