考え方

ガス給湯器のエコジョーズはお得なのか?

ガス給湯器のエコジョーズはお得なのか?

 

 

業者の中には、「ちょっと効率がいいだけで、機器の価格が高いのでおすすめしません」なんて言う人もいます。

間違えているとまで言いませんが、場合によります。(Case by case)

良い面と悪い面を説明しますので、ご自身で判断いただくのがベストと言えます。

 

環境にやさしいガス給湯器

エコジョーズは高効率ですから、燃料費の削減になることは間違いありません。

だからといって、必ずエコジョーズを購入した方がお得になるかというと、そうとも限りません。

ただ、地球環境の観点から考えると、エコジョーズが環境にやさしいことは間違いありません。

 

その理由は2つあります。

1つ目は、熱効率が高いので燃料の消費量が削減できます。

それに伴い、二酸化炭素排出量も削減されるからです。

 

2つ目は、通常の給湯器なら排気ガスはそのまま大気中に放出されますが、エコジョーズの場合は、潜熱を回収する際に、排気ガス中に含まれる水分を凝縮します。

その時に、結露したドレン水には普通なら排気ガスと一緒に放出される窒素酸化物や、硫黄酸化物が含まれます。

そうなると、ph2.8程度の強い酸性の液体になっているわけですから中和させて排水させる必要があります。

このため、酸性雨の原因となる窒素酸化物や、硫黄酸化物は排気ガスからの排出を減らしていることになります。

 

エコジョーズタイプのガス給湯器はお得

ガス代(燃料費)は約16%削減できます。

イニシャルコスト(初期投資)がおおよそ、5,6万円ほど機器の価格が高額になります。

ですから、ランニングコストでイニシャルコストが回収できるかどうかは使用率に大きく影響されます。

例えば、6万円高く機器を購入したとして、4人家族ですと、約12000円/年間ほど削減できますから、ガス機器が5年以上故障せずに使用できれば得になる計算です。

独身であれば、イニシャルコストを回収するのに20年以上故障せず使用できなければ損となります。

あくまでも目安ですので、参考としてお考え下さい。

 

エコジョーズのしくみ

通常、給湯器の排気ガスの温度は200℃ぐらいあります。

この熱をうまく利用できれば、効率が上がると考えたのが始まりです。

熱交換では、温度差が大きければ大きいほど燃料を消費することになります。

ですから、メインの熱交換器に入れる上水を、200℃の排気ガスを使って温度を持ち上げるサブの熱交換器を装備しています。

そのため、メインに入る上水の温度が上がり、温度差が少なくなるため、消費する燃料が削減できています。

サブの熱交換器は、排気ガス中に含まれる水分を凝縮させることにより潜熱回収する構造ですから、サブの熱交換器は非常に結露することになります。

この結露したドレン水はph2.8程度あり、強い酸性を示しています。

そのまま排水することには問題があるため、炭酸カルシウム系天然石を使って機器内部で中和させています。

※炭酸カルシウム系天然石は徐々に消費されるため、いずれ消えてなくなります。

設計としては、製品寿命を15年と考えて、15年間の使用が出来る量を入れています。

こうして排気ガスの温度が回収利用されているので、エコジョーズの排気温度は60℃ぐらいにまで下がっているのです。

この構造により、従来の80%の効率が、95%にまで上昇しています。

 

排気ガスの勢いが弱い

排気ガスの勢いが弱いのは、デメリットです。

潜熱回収するため、排気ガスの勢いが弱く、湯気が多くなります。

潜熱回収するときに酸性のドレン水が出ますが、湯気としても出て行きます。

ですから、給湯器本体を設置している場所の近くには金属があれば腐食します。

非常に強い酸性ですから、アルミでも腐食させます。

 

まとめ

コスト面で考えると、本体価格によって計算すれば容易に判断できます。

エコジョーズの場合、排水工事も必要になるため、通常よりも工事費が高くなることが一般的です。

環境面を重視するなら、普通にエコジョーズを選択すれば良いことになります。

エコジョーズは、サブの熱交換器があるので、重量が重くなりますので、設置する壁面の負担は大きくなります。

また、構造が複雑になることで、故障リスクはあがります。

最後に説明した、排気ガスの問題がありますので、設置場所をよく見ておく必要があります。

いかがでしたでしょうか、一長一短あり、判断が難しいところもありますので、業者に一任するのはちょっと危険な要素がたくさんありそうです。

ちなみに、「エコジョーズ」の呼び名は愛称であって、正式名称ではありません。

正しくは、コンデンシングボイラーと呼びます。

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    台風が接近!事前に私たちが備えることは、なに?

    「ちょっと田んぼの様子を見てくる」これ、ギャグではありません。毎年、こ…

  2. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ

    浴槽回路を含むポンプ内は、常に浴槽の汚れた水で満たされていることになり…

  3. 考え方

    温暖化で、北極や南極の氷が溶けて、海水面が上昇するなんてありえない

    南極の氷がすべて溶けたら、海水面が60メートル上昇するって、偉い教授が…

  4. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  5. 考え方

    スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由

    先ほども説明したように、硬度は「ひっかき硬度」とも言われ、ひっかき傷に…

  6. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由

    今の自分のからだが、なにを求めているのかを見極める必要があります。この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    ほとんどの電卓で使える、ちょっとした技
  2. 思い出

    ひげそりの使い方を説明するつらさ
  3. 方法、手法

    電車で痴漢の犯人に疑われたときに覚えておくこと!
  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 風編
  5. 考え方

    時代を超える普遍的なメッセージ、ギリシャ神話からなにを思う?
PAGE TOP