考え方

スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由

 

 

 

スマホのガラスフィルム

 

ガラケーとは違い、スマホぐらい液晶範囲が広くなったら、普通のフィルムを貼るのは至難の業です。

でも、ガラスフィルムなら、埃(ほこり)さえ取り除いておけば、空気が入ることはまずありません。

 

それに、フィルムのようにフニャフニャしていませんから、位置がきっちり決まってくれます。

私は、フィルムを貼るのがヘタクソでしたから、ガラスフィルムの登場は、ほんと助かっています。

 

表面強度9H ってどれくらい強いの?

 

硬度9といえば、サファイヤと同じ硬度です。

ガラスフィルム広告を見ると、このような画像を見受けられますが、これはさすがに疑わしいです。

 

 

表面強度9Hとは、9Hの鉛筆でひっかいても傷が付かないってことです。

ならば、カッターの刃は鉛筆の9Hと当等なのでしょうか?

 

ですから、広告写真のように、カッターの刃でひっかくと傷が付く可能性が非常に高いと私は思いますから、興味本位でやらないほうが良いですね。

 

それから、硬度9は、ダイヤモンドの次に硬いサファイヤと同じ硬度です。

でも、落としたらすぐに割れますよね?

 

なんだか違和感がありませんか?

 

最高硬度 10という、ダイヤモンドだったとしても、簡単に割れます

 

「はい?」

 

 

例えば、釘を打つ金槌でダイヤモンドをたたくとどうなるでしょうか?

 

ダイヤモンドは、いとも簡単に粉々になります。

ですから、硬度9のガラスフィルムであっても、簡単に割れるのはあたりまえの話なのです。

 

 

割れにくさを示す単位は「靱性(じんせい)」

 

先ほども説明したように、硬度は「ひっかき硬度」とも言われ、ひっかき傷に対する耐性を表すものです。

ですから、ダイヤモンドやサファイヤが固いからといって、乱雑に扱うと、非常に簡単に粉々に割れますから注意してくださいね。

 

多くの人が勘違いされていることですが、割れにくさを表すのは、「靱性」といいます。

ダイヤモンドの靱性は、7.5ですから、ちょうど水晶と同じくらいの靱性となっています。

 

水晶なら、落としただけで割れそうなイメージありませんか?

ダイヤモンドも同じです。

ちなみに、ダイヤモンドをデザインカットするのは、レーザーやダイヤモンドの粉です。

 

話をガラスフィルムに戻しますと、硬度が硬くても、衝撃にはすごく弱く、すぐに割れるので、やっぱり取り扱いは注意しなければいけません。

 

ただ、ひっかき傷に対しては、大変優秀な耐性を持っているのは間違いありません。

しかし、カッターなら傷つく可能性は、私はあると思います。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    雨の日は洗車日和!実は雨の日が一番きれいになります。

    本当に車を大切にしている人は、雨の日にも洗車をしています。そして、晴れ…

  2. 考え方

    多くの家庭に普通に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  3. 考え方

    メガネ購入までのプロセス。そして視力回復に興味を抱く

    視力は、昔からメガネを使ったこともなく、日常生活になんの支障も無いので…

  4. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合

    感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自…

  5. 考え方

    七夕で願い事をかなえる方法

    ちなみに、「ゲームがほしい」とか「お金がほしい」などの手に入れる系は、…

  6. 考え方

    月までの距離はおよそ38万km。身近な算数で月まで到達するものとは

    答えは、約70万km地球と月の距離はおよそ38万kmなので、月をはるか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    T字のカミソリを通常よりも長く使うためには
  2. 方法、手法

    冬のパソコン操作で手元を温めたいときはこれ
  3. トレンド

    透明な牛乳は、どんな味がするのか?
  4. 方法、手法

    パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方
  5. 方法、手法

    水槽で使う、ぶくぶくポンプの作り方
PAGE TOP