考え方

台風が接近!事前に私たちが備えることは?

台風が接近!事前に私たちが備えることは、なに?

事前に準備しておくべきモノ

 

懐中電灯

風の影響で、送電線が遮断されることがあります。

その場合は、一時的に停電になりますので、日中以外なら懐中電灯がないと、非常に困ります。

電気の場合、停電しても復旧するのが早いですので、手回しの発電機タイプまで準備する必要はないと考えます。

ちなみに私は、阪神淡路大震災を経験しましたので、はっきりと覚えていますが、電気は半日ほどで復旧しました。

次に、水道が数日後に復旧し、ガスが一番遅かったことを記憶しています。

でも、プロパンガスの場合、何の問題もなかったようです。

電池が無いなどの、ことを想定して、ろうそくなどを準備しておくといいのかもしれません。

参考記事 → 非常時に炎を手に入れる方法

 

 

飲料水

安全と水はタダと言われる日本でも、対策は必要。

台風の対策であれば、備蓄用として、1人3リットルを目安に確保しておくと良いでしょう。

でもこれは、水道が全く出ない状態のことですので、通常であれば、なくてもいいのかもしれませんが、少しだけでも準備することを検討してはいかがでしょうか。

台風以外にも、地震などの災害があります。

ですから、日ごろから、長期保存ができる水を、災害用に備蓄しておくのもいいかもしれません。

世の中には、12年保存可能な水も存在します。

12年も保存できる時点で、本当なら使いたくはない物ですが、緊急用としてなら、良いのではないでしょうか。

 

 

非常食

先ほども書いたように、停電することもありえます。

備蓄するのであれば、缶詰やレトルトを2日間分ぐらい確保しておくと安心かと思います。

ただ、今までの経験から、電気の復旧は以外に早いですので、そんなに問題ないと思いますが、地震などの災害では長期戦になることがあります。

日ごろから、災害用に備蓄しておくほうがいいのかもしれません。

災害の備蓄用であれば、3日間を目安に準備します。

なぜ、3日間なのか?

4日目あたりになると、救援物資が届き始めると考えるからです。

私も、阪神淡路大震災のとき、食品を供給する会社に勤めていましたので、売り物にならない商品をかき集めて、震災後の3日目には 片道4時間ほどかけて、救援物資を届けました。

その日、自宅に帰ってみると、自分の家にも救援物資が届いていました。(なにをしているのやら)

ちなみに私の住居も半壊していました。

話は逸れましたが、台風では、外出が出来ませんので、買い物ができません。

ですから、台風が接近するときは、事前に買い溜めをしておいて、台風の中の外出を極力減らすことがよさそうです。

 

 

土嚢(どのう)

土嚢といわれても、ピンと来ない人もいるかと思います。

大雨による洪水を想定した場合、必須となります。

ハザードマップが役所で配布されていますので、自宅の位置が過去に、洪水があった場所であれば、土嚢は準備しておいたほうがいいです。

でも、普通の土嚢って、土を入れていますので、保管がとっても大変。

最近では、吸水ポリマーといった、水を吸う樹脂を利用した土嚢があります。

これであれば、収納時の体積も小さく軽いので取り扱いが非常に楽です。

 


事前にやっておくべき事

台風では、大雨と強風が襲ってきます。

もっとも、被害が広範囲に及ぶのは強風。

 

吹き飛ばされる小物

家の周辺、ベランダや駐車場などに、風で飛びそうな物は、対策しておく必要があります。

屋内へ入れられるものは、屋内に収納します。

屋内に入れたくないものや、入れれないものは、風で飛ばされないように固定します。

台風の風は、瞬間的に大きな風速が襲ってきますので、まるで物を蹴り飛ばしたように飛んで行きます。

ですから、油断しそうになりますが、しっかりと備えてください。

昔、ボロアパートに住んでいたころ、アパートのアンテナが折れて、駐車場の車のボンネットに刺さったのを見たことがあります。

 

雨どいと雨戸

雨どいには、落ち葉が溜まって詰まっていることが多いです。

雨どいがあることにより、住宅の寿命がながくなっていることをご存知でしょうか。

もしも、雨どいが無ければ、雨水が軒先・軒裏や外壁にまわって建物が腐食します。

普段の小雨なら、気にしなくても良いかもしれませんが、台風時の大雨なら雨どいのメンテナンスは必ず行うべきです。

雨戸にガタツキはありませんか?

雨戸が風で飛ばされても大変ですし、雨戸が無くなれば、風の流れで、住居の中に雨が進入することもあります。

必ず、雨戸をチェックして、ガタツキがあるようであれば、必要に応じて補強しておくことが望ましいです。

 

台風がやってきたら

 

ちょっと田んぼの様子を見てくる

これ、ギャグではありません。

毎年、これで何人も亡くなっています。

農業に従事している人々にとっては、己の命を捨ててでも確認したくなるようです。

農家にとっては、田畑は大切な収入源。

そりゃ、気になると思いますが、台風中はなにもできません。

なにかするのであれば、台風が来る前に行いましょう。

それでも、どうしても気になる場合は、絶対に一人では行かないこと。

でも、年寄りが複数で行っても危険ですので、若い者を連れて行きましょう。

関連記事:「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    【サイレントキラー】酸素濃度の低い空気を吸うと、即死することもある

    人間は、肺胞でガス交換をしているのですが、肺胞毛細血管から肺胞腔(はい…

  2. 考え方

    知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ

    ちょっとしたライフハックですが、メガネが曇りにくくなる方法を紹介します…

  3. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

    事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。真実とは、多くの皆の認識と…

  4. 考え方

    ナメクジの駆除方法・・・塩?いや砂糖?

    費用対効果が悪すぎます。私の場合は、ビールをほとんど飲まないので、この…

  5. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由

    コミュニケーションを取りたい相手は、千差万別です。性別からはじまり、年…

  6. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント

    猫を飼ってたことがある方なら、必ず知っているエピソードの数々果たして、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    セスキってなに?
  2. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法
  3. 方法、手法

    家庭用コンセントのお話
  4. 思い出

    あの先行者はどうなったのか?
  5. 方法、手法

    自動車の車幅感覚を身につける方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。