考え方

ダニのアナフィラキシーは突然に!

ダニのアナフィラキシーは突然に!

 

 

 

 

 

 

 

 

タコ焼きを食べて、アナフィラキシー

ある朝、仕事場である居室の電話が鳴りました。

 

庶務:「おはようございます。○○設計室です。」

Tさん:「大変・・エーッヘンッ!・・・申し訳ないのですが・・・ゴホッ! 本日・・・ゴッホッ!・・・休暇を・・・ゴッホ!・・・頂だき・・ゴッホ!バッハ!・・・」

 

私の設計チームメンバーのTさんから、病欠の連絡がありました。

電話を受けた庶務の方に、内容を確認すると、「昨日の夜に、自宅でたこ焼きを食べた直後に、体調の具合が急激に悪化し、救急搬送されたそうです。」とのことでした。

 

よくまぁ、あの状態で、こんなにも状況を詳しく、ここまで話を聞くことができたなぁって思うかもしれませんが、便宜上ということで流してください。

診断の結果は、アナフィラキシーショック!

 

アナフィラキシーショックはアレルギー反応の重度にあたるもので、心臓が止まって、死ぬことだってありえる非常に危険な症状です。

いろんな死に方がありますが、たこ焼きを食べて死ぬって、やっぱり避けたいですね。

ちなみに、徳川家康はてんぷらを食べて死んだそうです・・・?

 

 

善:「おまえ、その家康くんの話はいらんやろぉ」

しず:「善ちゃんは、ヒアリに刺されて死ぬかもしれません!」

 

 

善:「しょーもない、予想もいらんねん!」

善:「それに、せき込む時に、画家とか音楽家の名前でせき込むバカはおらんやろ!」

しず:「おぉー、かしこいかしこいー パチパチ」

 

 

善:「バカにするな!」

 

 

 

アレルギーの原因

血液から、アレルギーの原因を探してみると、小麦粉は反応なしです。

つまり、アレルギーの原因は、小麦粉ではないということです。

 

強く反応があったのが、「ダニ」だったのですが、ダニとたこ焼きは結びつきません。

でも、医師の判断は、ダニに間違いないと断定しました。

 

「はい?」

 

「じゃぁ、たこ焼きは関係ないのか?」というと、そうでもないみたいです。

どうも長期間、常温保管していた、たこ焼き粉にダニが侵入し、その粉の中で大量に発生していたようです。(゚д゚)!

その数は、数百万だったとか!

 

 

善:「それ、どうやって数えたん?」

しず:「こんな時に使うのが、統計学ですよ!」

 

たこ焼き粉の残りが1kgだったとして、0.01gの小麦粉を採取してから、ダニの数を数えたら、数十匹いた計算になりますね。

 

善:「それって、小麦粉よりもダニの方が多いんじゃないのか!?」

しず:「ダニってね、あなどれないよ。」

 

 

関連記事 → 2年間使用した枕の重量の10%は、ダニの重さ

 

 

医師の話によると、このケースはちょいちょいあるようで、すぐに“ピン“ときたそうです。

Tさんは実に几帳面な性格なので、そんなにずさんな保管はしていなかったのですが、どうもダニってすごく小さな隙間でも侵入できるようです。

この時の保管方法は、元々粉が入っていた袋から、ファスナー付の袋(ジップロック)に移し替え、さらに外側からもファスナー付の袋に入れていたそうです。

 

当初、とてもダニが侵入したとは思えなかったのですが、実はダニはこんなファスナーなら簡単に通過できるようです。(゚д゚lll)

ちなみに、ジャムが入っているような瓶でも、ふたを閉めた内部に侵入するようですよ!

おそるべし!ダニ!

 

 

 

 

 

 

 

粉もんの保管方法

たこ焼き粉などの粉もんだとしても、やはり冷蔵庫に入れるのが正しい保管方法と言えます。

特に、ホットケーキミックスなどの甘いものは、特にダニが好んで侵入しますので要注意ですよ!

 

仮に、粉の中にダニが侵入していたとしても、冷蔵庫の温度では繁殖するほど元気に生活できるはずありません。

おおよそのダニは、冷蔵庫では死滅すると言われています。

 

短期間で使い切る予定があるなら、常温保管でも問題ないかもしれませんが、次に使う予定が決まっていないなら、冷蔵庫に保管するようにしましょう。

こうやって、本来冷蔵庫に入れると思われていない物まで冷蔵庫に入れるとなると、冷蔵庫は容量の大きいものに越したことはなさそうですね。

 

話はそれますが、冷蔵庫は400Lを超えると効率が良くなりますので、250L前後の冷蔵庫よりも電気代は安くなる傾向があります。

 

 

まとめ

粉もんを一度開封した場合の保管は、冷蔵庫での保管が望ましいと言えます。

ダニは加熱調理すると死滅しますが、死骸でもアレルギーの原因になるので、ダニの生死は関係ありません。

 

強いアレルギー抗体を持っている場合は、エピペンの所持も検討したほうが良い場合もあります。

どんなに、掃除をしてもダニを完全に排除することは不可能ですから、常にダニがいる前提で食品の管理を心がけるべきです。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?

    エアコンの冷房を一切使用しない場合は、冷風扇の購入がおすすめ!冷風扇を…

  2. 考え方

    ガス給湯器の交換を考える時期とは

    ガス給湯器というのは、生活必需品です。1日でもお湯が無ければほんとうに…

  3. 考え方

    上司や先輩から仕事を教えてもえない場合

    今は、「悟り世代」や「ゆとり世代」などと言いますが、かつては「指示待ち…

  4. 考え方

    「マックシェイクの原料はサラダ油!」それ、ホンマ?

    「マックシェイクは油と砂糖と水で出来ている!」みたいな。まぁ、これを見…

  5. 考え方

    メガネ購入までのプロセス。そして視力回復に興味を抱く

    視力は、昔からメガネを使ったこともなく、日常生活になんの支障も無いので…

  6. 考え方

    掃除機選びのコツ

    掃除機を選ぶポイントいきなり、結論を書きますが、掃除機は絶対に実機を見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    あずき枕の作り方! 小豆(あずき)の不思議な効能を紹介します。
  2. 方法、手法

    表示されたメッセージの対処方法を調べるには
  3. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編
  4. 方法、手法

    絶対にインフルエンザにならない方法
  5. 方法、手法

    その多数決、ちょっと待ってください!
PAGE TOP