考え方

【悪用禁止】砂糖の不思議な力。使い方次第では便利な効果も!

砂糖の不思議な力。使い方次第で、便利な効果もあり、悪用も出来てしまう。

 

ガソリンタンクに砂糖を入れる

 

これは、絶対にやってはいけません。

やってはいけないのに、なぜ紹介するのか?

若い世代の人たちの間では、それが都市伝説と思われているからです。

車やバイクのガソリンタンクに砂糖を入れると、本当にエンジンが焼き付いて壊れますので面白半分で絶対に入れてはいけません。

 

普通、間違って入ることはありませんので、もしも砂糖がガソリンタンクに入るとするならば、間違いなくいたずらです。

それも、とても悪質ないたずらで、犯罪になります。

 

壊れるしくみ

ガソリンタンクの底には、水分が分離して、多少なりとも水が沈んでいるものです。

そこへ、砂糖が入ると、その分離した水に、砂糖が溶けます。

そして、砂糖が溶けた水は、燃料フィルターを通過しますので、少しずつエンジンの内部に運ばれていきます。

 

砂糖をフライパンで熱すればわかりますが、砂糖は最後まで残って、金属のフライパンに焦げ付きます。

これと同じようなことがエンジンの内部で発生し、エンジンが焼き付いて、致命的な故障になります。

 

「でも、エンジン内部は、エンジンオイルで守られているのでは?」

 

そうですね、そうなればフライパンと条件は変わるように思うかもしれませんが、でも、やっぱり結果は同じです。

オイル(油)と砂糖はとても成分が良く似ていますので親和性により、オイルを取り除いてしまいます。

 

 

油と砂糖の親和性を利用する

 

先ほど紹介した、砂糖の悪質な利用方法で少し触れましたが、油と砂糖には親和性があります。

 

油の成分:炭素、水素、酸素

砂糖の成分:炭素、水素、砂糖

 

いかがでしょうか、ほとんど同じですよね。

なぜ、こんなに成分が似ているのでしょうか。

 

石油(油)は太古の昔の植物が変化したものと言われています。

砂糖も植物ですから、光合成によって、二酸化炭素と水から同じように作られています。

 

だから、親和性が良いわけです。

 

ですから、ハンバーグを作った時や換気扇の掃除をした時。他には、車のメンテナンスなどで、手が油まみれになったとき、この砂糖を利用して、手を洗うことができます。

皮膚に付いた油は、皮膚よりも親和性の高い砂糖で揉み洗いすると、油はすべて砂糖側に移動します。

両手なら、小さじ1杯の砂糖で十分きれいになります。

 

 

 

ガソリンタンクには燃料以外のものは入れてはいけない

砂糖から少し外れますが、プチ情報です。

ガソリンタンクには、燃料以外入れないことです!

 

「そんなことわかってるよ」

 

そんな風に言われそうですが、あなたは本当にガソリンタンクに燃料以外をいれませんか?

例えば・・・・「水抜き剤」とか、本当に入れていませんか?

 

ちなみに、水抜き剤は、燃料ではないですから。

カーマニュアルやメンテナンスノートをご覧になればわかりますが、「定期的にガソリンタンクに水抜き剤を入れて、ガソリンタンクの水を処理しましょう!」なんて、そのようなことは一切明記されていません。

こんなものをすすめるのは、ガソリンスタンドぐらいです。

しかも、ガソリンスタンドの人間なら、絶対に自分の車には水抜き剤を入れることはしません。

 

先ほども触れたように、ガソリンタンク内には確かに水が存在します。

その水が、錆びの原因にもなったりします。

ですから、ガソリンタンクには水を抜くための機構がちゃんと備わっています。

詳しい構造は、また別の記事で紹介します。

つまり、メンテナンスノートを見て、それに書かれている内容だけメンテナンスしておけば、良いことになります。

 

かつて、私の友人も数人ガソリンスタンドでアルバイトをしていましたが、同じようにお客さんに水抜き剤をすすめていました。

それは、お店の指示で、従業員なら逆らえないですからね。

本人たちに聞いたところ、ガソリンスタンドの店員は、絶対に自分の車には入れないそうです。

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

    洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多…

  2. 考え方

    エアコン工事のプロ達は、お掃除ロボット付のルームエアコンを選ばない

    ルームエアコンは三菱の霧ヶ峰ので決まりです。…

  3. 考え方

    洗濯機は、ドラム型と縦型ではどちらを選ぶべきか?

    実際にどうなのかトータルなコストを比較してみました。ご覧のとおり、ドラ…

  4. 考え方

    祭りの夜店には闇がある

    もっともっと深い闇があるのはどうもくじ引きのようです。まず、大当たりが…

  5. 考え方

    具体的にどのくらいの水分を失うと熱中症になるのか

    ビールを飲めば、からだの水分は減ります。飲めば飲むほど、減ります。それ…

  6. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

    事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。真実とは、多くの皆の認識と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    多くの家庭に普通に常備されている白砂糖の危険性
  2. 方法、手法

    締付け管理とは。軸力について
  3. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント
  4. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える!?
  5. 思い出

    私が背負った十字架の重さ
PAGE TOP