考え方

プールをなめたら、あかん

プールをなめたら、あかん

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、プールを舐めまわす人は居ないとは思うが、そういった話ではありません。

 

ロンドンオリンピックが終わってすぐに、あるラジオ番組での出来事です。

ラジオの中で質問コーナーがあり、そこでバカな質問をしている人がいました。

 

 

「水泳選手って、プールでおしっこしないんですか?」

 

しかし、この質問が思わぬ事実を浮き彫りにした。

その質問に対して、答えたのはアメリカ代表のライアン・ロクテ選手

 

「もちろんしますよ!私たちはいつもしています。」

 

と平然と答えた。

 

 

「私たちって!」

 

 

私はテレビを見ていて椅子からずり落ちた。

 

さらに続けて彼はこう言い放った

 

「ロンドンオリンピックのプールの中でも、おしっこしましたよ。」

 

 

私は座りなおした椅子からもう一度ずり落ちた。

 

こらこらロクテさん、あんたって人は!

 

ロクテ選手も”私たち”って言っていたように他にもこのような人は居るようです。

 

この回答を受けてかどうかわかりませんが、別のテレビ番組で記者がインタビューでマイケル・フェルプス選手に質問していました。

 

「プールで練習中にトイレに行きたくなったらそのままプールの中でおしっこしたりすることってありますか?」

 

マイケル・フェルプスと言えば、史上最多の18個の金メダルを手にしたアメリカの競泳選手です。

 

フェルプス選手は

 

「えっ、みんなプールでおしっこしてるんじゃないんですか?」

おいおい、メダルはく奪もんじゃないのか!?しかもみんなって!

 

 

プールをなめたらアカン!

 

世界トップの競泳選手が”プールでおしっこするのは結構普通”だと言っている。

 

さらにフェルプス選手はこう続けた

 

「塩素で消毒されるから、そんなに体には悪くないでしょう」

 

 

ちょっと待ってほしい!

 

 

後述するがこの塩素と混ざるのが大変危険なのです。

 

 

子どもたちが、ついつい出来心でプールでおしっこをしてしまうのは理解できても、世界トップクラスの水泳選手たちも、プールで用を足しているとは、なんとも驚愕のカミングアウトです。

 

ということは、どこのプールにもおしっこが混ざっていると考えて間違いないかもしれないことになります。

 

私も頻繁にスポーツクラブに通っていた時期がありました。しかもプールばっかりオンリーです。

 

 

大抵少しぐらいはプールの水を飲んでいたような気がする・・・おぇー(+o+)

 

 

 

 

 

 

これからは、プールの水を飲まないように注意しましょうってそんな生易しい話ではありません。

 

 

説明しよう
プールでおしっこをすると、塩素と尿が化学反応を起こし化学兵器にも使用される危険物質が生成されます。
あるチームが検証しているのを雑誌で見たことがある。
その記事にかいてあったのは、水と少量の尿をまぜ、そこへ塩素を加えると大変な化学反応が起き、危険物質が生成されるというものだった。

 

なんと、おしっこに含まれる尿素に反応し、塩化シアンが発生する。

 

塩化シアンというのは、化学兵器にも使用される代物です。

 

塩化シアンは、吸い込むと肺や心臓、中枢神経系に悪影響を及ぼす有害な化学物質なのです。

 

塩化シアンはシアン化水素と共に、化学兵器の血液剤として使用され、吸入すると血中から酸素を摂取できなくなり、死に至るようです。

 

健康のためにプール通いしている人は、逆に不健康にならないように注意することです。

 

みんなが”自分一人ぐらいプールで用を足しても大丈夫だろう”という気持ちでいると、結果的にプール内の塩化シアンが増えてしまうことになります。

 

やはり、何に関しても”私一人ぐらい”という行動は慎みたいものです。

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    エアコンを6月初旬の涼しい時期に試運転するべき理由

    7月になると、点検や修理に関する問い合わせが増えることが毎年の特徴です…

  2. 考え方

    冷え性の原因は、エアコンの冷房なのか?

    冷え性の原因このエアコンの冷え方の特徴から、手先、足先の冷え性をつくる…

  3. 考え方

    過ちは人の常 To err is human .

    どれだけ全力を尽くしたところで、最善を尽くすことは出来ないのです。失敗…

  4. 考え方

    車椅子マークの付いた駐車場を利用できる人とは?

    ・身体に障害がある方で歩行困難な方・一時的な疾病(骨折や病気など)によ…

  5. 考え方

    演算(えんざん)って何? 計算とはどこが違うの?

    演算と計算は目的が同じであることがわかります。「演算」は、数値を処理す…

コメント

    • 通りすがり
    • 2017年 10月 29日

    色々調べてみると「プールで小便をするのは凄く気持ちいい」というコメントが沢山あります。そうなると、自分も…となるのはいわいる群集心理。
    月4千円ほどのスイミングクラブ自由遊泳コースの料金の中には、漏らした小便を浄化する費用も含まれている…と思っておくことにして、(仕事帰りに)毎日通って(午後の勤務時間中に溜めた)小便を漏らしながら200mほど泳いでバイバイ(毎日通うのなら、市民プールより私立スイミングクラブのほうが安いことが多い)・・・なんてことになってしまう
    小便の濃度は%の桁、それを中和する塩素はppm(百万分の1)の桁、全会員が小便を漏らしながら泳ぐとたちまち塩素が足りなくなります…水質基準に適合しなくなります…。が、こんなことを考える人はマズいません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    【狙われる!】もしも、家の鍵がこれだったら、20秒で開けられます
  2. 方法、手法

    最適な机と椅子の高さの関係。そして、それらの実現方法とは
  3. 考え方

    お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命
  4. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編
  5. 思い出

    エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1
PAGE TOP