考え方

感受性が強いがゆえに苦しむ場合

感受性が強い人の特徴

感受性の強い人は、傷つきやすい側面を持っています。

友達が泣いているのを見ると、自分まで悲しい気持ちになり、一緒に泣いてしまうこともあるようです。

自分の周囲で落ち込んでいる人がいると、その人のことが気になって、とても心配になります。

自分自身も、先輩や上司から注意されたり、同僚からの気になる言葉を言われたりすると、いつまでもその言葉が残り、立ち直るのに時間がかかることでしょう。

感受性が豊かな人は、繊細で敏感であるがために、傷つきやすいという特徴を持っています。

 

感受性とは

感受性とは、優れた能力のひとつで、「外界の刺激や印象を感じ取ることができる能力」を言います。

また、「相手に共感し、感情移入することで、相手の気持ちを想像することができる能力」とも言えます。

人の痛みを自分のことのように感じて、心を痛め、自分が受けた傷も、必要以上に強く受け止める感性のことです。

感受性が豊かなことは、必ずしも悪いことばかりではありません。

感受性豊かで悪い側面

「つらい」、「苦しい」という自分自身のネガティブな感情にも強く反応してしまうので、落ち込みやすい側面があります。

人が気づかないようなことまで、気づいてしまうため、周囲の人から「気にしすぎ」、「神経質」と思われ、誤解される場面も多くあります。

このような感受性の豊か(強)さが持つ特徴が、仕事や生活面において、苦しむ原因になることがあると言われています。

 

 

感受性豊かで良い側面

自分も含め、他人を思いやる心があります。

また、芸術作品やなにげない景色を深く理解する力があります。

これらは、とても素晴らしいプラスの力と考えられます。

他人にとって、「私の気持ちを自分のことのように心配してくれる」という感受性の強い人の存在は、「よく理解してもらえている」、「共感してくれてうれしい」という気持ちにつながっていると思われます。

それは、相手にとって、どんなに心強くありがたいことでしょう。

感受性の強い人は、周囲から「人間味あふれる、あたたかい存在」として好感をもたれているはずです。

感受性豊かな人へのアドバイス

ネガティブな感情を抱いてしまう場面を避ける必要があります。

仕事が終わった後や、休日には、良い刺激を受けることが出来き、豊かな感情をもたらしてくれる場所へと、足を運ぶことが望ましでしょう。

感受性の豊かさを、人生そのものを豊かにする材料として行動すれば、今よりも明るい道が開ける可能性は非常に高いと思われます。

 

最後に

感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自分が持っている特性を受け入れることが大切です。

そして、「他者の気持ちに寄り添える」という長所を最大の武器にして、人間関係を築いてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、他者から信頼され、結果として自分自身を守ることにもつながると思います。

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない

    善:「じゃぁ、俺がよく行っている、焼き鳥屋って、どうなるんやろう」しず…

  2. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

    「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。「時…

  3. 考え方

    お祭り嫌いなインテリ男が祭りに参加したら

    祭りって見ているのと参加しているのとではまったく違う世界があります。今…

  4. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。

    私は、過去の記事を振り返り、文面だけで理解できるように、句読点の位置に…

  5. 考え方

    悪意のあるコメントを書かれた時の対処方法

    そのような悪意のあるコメント送信者は、「スパム」として登録し、今後のコ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    スマホの掃除方法
  2. 考え方

    電卓によって計算結果が違う理由
  3. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
  4. メモ

    宇宙戦艦ヤマトの船底はなぜ赤いのか
  5. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。