考え方

【サイレントキラー】酸素濃度の低い空気を吸うと、即死することもある

酸素濃度の低い空気は危険

通常の空気の主な成分は、窒素が78.08%、酸素が20.95%、アルゴンが0.93%、二酸化炭素が0.03%となっています。

私たちは、この約20~21%の酸素濃度でないと生きていけません。

 

 

酸素濃度19.5%以下

酸素濃度が、19.5%以下になると酸素欠乏状態になり、眠気や軽いめまいになり、運動機能が低下します。

この時は、意外にも息苦しいと感じないもの。

また、酸素が欠乏しているかどうかは、臭いや色などでは全くわからないので、自分で気が付くことがありません。

稀に、車の中でもこの濃度になることがありますので、運転中に眠気が襲ってきたときは、空気を入れ替えてみてください。

 

 

酸素濃度16%以下

酸素濃度が、16%を下回ると、とても危険な状態になります。

人間は、肺胞でガス交換をしているのですが、肺胞毛細血管から肺胞腔(はいほうこう)に出てくるガスの酸素濃度が16%。

大気中の酸素濃度が21%であった場合、濃度勾配によって交換されます。

つまり、この勾配により私たちは、体内に酸素を取り込むことが出来ているのです。

一度でも16%以下の酸素濃度の空気を吸うと、この濃度勾配が逆転します。

こうなれば、呼吸すればするほど、体内の酸素は吐き出す一方になります。

酸素濃度10%の空気を吸えば、「10%の酸素が得られる」のではなく、「6%酸素を奪われる」ということ。

さらに、人間は、血中酸素が不足すると、呼吸反射の影響により、さらに呼吸しようとします。

ですので、一呼吸しただけで、即死することがあるのはことためです。

 

酸素濃度の低い場所

どのような場所で酸素濃度が低い可能性があって、危険なのか?

例えば、二酸化炭素は、空気よりも重いため、下に溜まります。

ですので、地下室や窪地などの、周囲よりも低い場所は注意が必要。

昔、人力で井戸を掘っているときに、この災害が多かったといわれています。

よく、映画などで見るのですが、マンホールの中は、非常に酸素濃度が低いです。

微生物が酸素を消費しているし、低酸素空気のほかに硫化水素も多く発生しています。

絶対に、興味本位で入ることは止めるべき。

倉庫や貯蔵庫も要注意。

 

 

野菜や木材の場合、光合成により、酸素を消費しています。

「は?」

と思われましたか?

暗室の場合は、光合成により酸素生成するよりも、酸素消費のほうが上回るのです。

お酒や調味料の原料は、発酵することにより、酸素を消費していることがあります。

金属などのスクラップがある場合は、錆びることによって、大量に酸素を消費している状態があります。

錆びるとは、酸化することですので、錆が多いのは、酸素を消費している証拠。

お子さんなどが、このような場所で遊ぶことがないように、十分に注意してあげてください。

「そんな大げさなぁ」と思うかもしれませんが、あまり知られていないところで結構死亡事故が発生しています。

 

事故例1

 

これは、度々ニュースでも報道されているので、有名な話ですが、パーティーで「変声」するために、純度の高いヘリウムガスを吸って死亡している事故があります。

通常は、「変声」用に売られているヘリウムガスは、酸素が20%入っているので、安全なのですが、知識のない者が、風船に使用する純度の高いヘリウムガスを吸い死亡する事故が発生しています。

この場合、酸素濃度が限りなくゼロに近い空気を吸っているので、大変危険な行為です。

 

事故例2

 

以前、私が出入りしていた工場で実際に合った事故。

ある作業員が、工場内を歩いて移動中に、手に持っていたガキを落としてしまいました。

運悪く、微妙に深い溝に入ってしまったようです。

(深さをはっきりと覚えていないのですが、そんなに深い溝ではありませんでした。)

見たところ、溝の蓋もすぐに外れそうで、ちょっと頑張れば届きそうな位置です。

(私も現場を見ましたが、本当にそう思いました。)

大切なカギですので、特に意識せずに拾おうとしたのだと推測します。

溝の蓋を外し、手を伸ばすも、あと少し届かなかったようです。

さらに奥まで手を入れるために、乗り出した結果、頭も溝の中に入っていました。

そこで、その作業員は、カギをとりながら呼吸したのだと推測します。

おそらく、一呼吸のみ。

作業員は、そのまま即死となり、発見されたときも、同じ状態だったようです。

後ほど、溝の中の酸素濃度を測定すると8.5%でした。

 

事例3

 

扉を開放したままの、海上コンテナの中で作業していた作業員が、作業中に意識がなくなり、そのまま死亡する事故もあります。

扉を開放していても、無風により、全く空気が置換されないこともあります。

また、コンテナ内部が錆びており、錆びによりさらに酸素が奪われていたと推測されます。

この時の、酸素濃度は15%でした。

おそらく、意識不明で倒れてしまい、周囲の人に気づかれるのが遅かったことが原因とみられています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、あえて「サイレントキラー」と呼んでいますが、見た目にもわかりにくく、色も臭いもないため、すぐには気が付きません。

「フラッ」となったときは、時すでに遅しで、動くことができず、そのまま死ぬことが多いです。

その状況を発見した人も、助けようとして同じ被害にあうことが多い事故。

みなさんも、身近にある「サイレントキラー」に気を付けてください。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ

    おばあちゃんの口癖むかし、おばあちゃんがまだ生きていた頃、誰かが「もう…

  2. 考え方

    運動はダイエットのために最も適した方法ではない

    脳科学では、体がエネルギー不足を感知すると、脳が体に「あまり動くな」と…

  3. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算

    【サボり】とは、フランス語の“sabotage(サボタージュ)”を略し…

  4. 考え方

    家庭に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  5. 考え方

    「この買い物は得した!」あなたの脳は錯覚している!

    買い物の場面では、私たちの脳に錯覚を起こさせる仕掛けがたくさん存在しま…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    おうぎ形面積の超簡単な求め方
  2. 考え方

    私が家事を手伝うことはない。
  3. 方法、手法

    【悪用禁止】嘘(ウソ)を見抜く方法
  4. 考え方

    電子レンジを振り返って見る
  5. 方法、手法

    トルクレンチを使っても、狙ったトルクで締め付けられていない理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。