考え方

上司や先輩から仕事を教えてもえない場合

上司や先輩から仕事を教えてもえない場合

上司や先輩が仕事を教えてくれない!

新しい職場で、未経験の業務も多い中で、「上司や先輩がほとんど面倒を見てくれない!」とか「一日も早く、仕事を覚えたいのに、放置状態が長く、とても不安だ!」

こういった不安や不満は、転職した人や派遣社員などに多い悩みではないでしょうか。

そして、こう思うのです、「ずっと、このままなんじゃないのか!」

なぜ、このような事が起こるのか一緒に考えてみましょう。

 

 

新入社員と違う

新入社員(新卒採用)のころなら、指導してくれる専属の先輩が居ることも多く、手取り足取りで丁寧に仕事を教えてくれることが多いですので、このような悩みは少ない。

何かにつけて、面倒を見てくれるのが新入社員のおかれる環境。

しかし、ある程度キャリアを積んだ後の、転職や異動となれば、そのような扱いは一切してもらえないと覚悟しておかなければいけません。

入社研修など、ありがたみもわからずに内心で嫌がる新入社員が多いようですが、その素晴らしさに気が付くのはずっと後の事。

 

職場環境をよく観察する

まずは新しい職場が、どのような状況であるのか確かめる必要があります。

もしかすると、1年中で最も忙しい繁忙期である可能性もあります。

また、急な欠員で多くの人がテンパっているのかもしれません。

こんな時期なら、他の人のことなど構っていられない可能性もあります。

これらの可能性は非常に高く、あなたがなぜ雇用されたのかを考えれば、案外答えは簡単に出るのかもしれません。

ネコの手も借りたいほど忙しく、人員が欲しいことで雇用することは多いはずですから。

当然、そんな余裕のない状況であれば、「教えたくても教えられない」ことだって、十分考えられます。

他には、悪意なく、あなたが困っていることにも気づかないことだってあり得るでしょう。

新しい職場に慣れようと必死で、周囲を見渡す余裕がないのかもしれませんが、よく確認してみてください。

 

自分の出来ることを探す

大人なら、何もできない人なんていないはず。

仕事は、教えてもらわないと出来ない事ばかりではありません。

『雑用』と呼ばれるものには、教えてもらってすることは少ないはずです。

ですから、なにもすることがないのなら、『雑用』を見つけるべき。

『雑用』とは、気付いた人がやるものが多く、忙しい職場ほど見過ごされているものが多いものです。

例えば、「コピー用紙などの備品の補充をする」とか「散らかっているようであれば整理整頓をする」とか「溜まっているゴミを捨てる」など。

 

ただし、これらの雑用は、勝手にするのではなく、周囲の人に了承してもらって行うことが望ましいです。

その理由は、良いと思ってもダメなこともあるし、新しい職場の人と話すきっかけができるからです。

あたりまえですが、コミュニケーションを活発にすることは、とても重要。

かゆい所に手が届く人は、きっと好感を持たれることになるでしょう。

何も指示されていないのに、一生懸命動いている人には、それなりのオーラが出るものです。

自分から、学んで覚えていく仕事もあることを再認識するべきです。

 

 

何を教えてほしいのか

「なにもわからないので、全部教えてください。」

こんなことを言っても、周囲の人が困惑します。

教えてもらう事は、その人の時間を奪うこと。

ですから、教えてもらう事は効率的に最小限にするべきです。

忙しい上司や先輩から、なにを教えてもらいたいのかを具体的にまとめておく必要があります。

具体的な事例があれば、指導する人も的を絞れるので、その部分を重点的に教えてくれるはずです。

具体的に教えてほしいことをまとめている人を見れば、積極的に教わりたい姿勢を理解されることが多いので、多少忙しくても、何とか隙間を見つけて教えてくれることもあります。

 

 

まとめ

今は、「悟り世代」や「ゆとり世代」などと言いますが、かつては「指示待ち世代」と呼ばれる時代もありました。

指示をされないと動かないのは、今でも大問題。

まずは、自分が仕事への意欲や熱心な態度を表現し、行動すること。

それが次第に、周囲に伝わり、「教える、教えられる」関係が構築されます。

そうなると、自然に体制も整ってくるようになるかもしれません。

局面を打開するためには、積極的な行動力が必要だと、私は思っています。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    叱ることと指導の違いを考えさせる

    「こういった失敗だって、たまには起きるさ。さぁ、一緒にナプキンを取りに…

  2. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

    今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来…

  3. 考え方

    雨の日は洗車日和!実は雨の日が一番きれいになります。

    本当に車を大切にしている人は、雨の日にも洗車をしています。そして、晴れ…

  4. 考え方

    電子レンジを振り返って見る

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  5. 考え方

    ヤクルトを1ダース全部、一気飲みする?

    たった65mlヤクルトの容量は、たった65mlしかあり…

  6. 考え方

    世界中がずっこける『Yes We Can』

    「Yes We Can」の訳は、「私たちなら出来る」です。これは、元ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?
  2. 方法、手法

    スマホの掃除方法
  3. 方法、手法

    しゃっくりをすぐに止める方法 善ちゃんのレポート付き
  4. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。
  5. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 風編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。