考え方

ありがとうの反対語を知っていますか?

ありがとうの反対語を知っていますか?

ありがとうの反対語

学校の国語でも習ったこともないし、考えたこともありませんでした。

私は、自分も答えられなかったこの問いかけを、数人の人に聞いてみました。

 

その答え

「どういたしまして」

いやいや、これは、反対語ではなく、ただの会話の返しです。

 

「ふつう」

ちょっと、意味がわかりませんでしたが、なんとなく近いところがあります。

 

「感謝する」

そうそう、これは、ありがとうの意味を解説する言葉にしかすぎません。

 

実は、正解者はいませんでした。

私も知らなかったし、みんな「考えたこともないからわからない」と言っていました。

私も同じです。

 

 

漢字で書く

漢字で書いてみると、 『有難う』 。

さらに紐解くと、 『有ことが難しい』

『有ことが難しい』とは、それは、『普通では無い』ってこと。

ですので、『普通では無い』『有難う』 なら、『普通のこと』が反対語となります。

さっきの回答でひとり、「ふつう」と言っていましたので、半分正解です。

『普通のこと』とは、『当たり前』ってこと。

どうやら答えが出ました、『ありがとう』の反対語は、『あたりまえ』 です。

 

当たり前のことを当たり前にする

これは、高校時代の私の恩師の言葉。

よく言っていました、「当たり前のことを当たり前に出来る奴はすごい」と。

その言葉は、もっと年を重ねたときに、この言葉の意味を理解しました。

これは、言い換えると、「当たり前のことを当たり前にできる奴は、普通ではない」ということでした。

だんだんと、くどくなりましたが続けます。

「普通ではない」 とは、 「奇跡」ってこと。

 

 

毎日が奇跡の連続

近所のウィークラリーに参加しました。

そして、スタンプポイントにはお寺がありました。

そのお寺では、冷たい煎茶を出していただきました。

※夏だったので。

すごく喉が渇いていたし、心から「ありがとうございます。」とみんなが言いました。

その言葉を待ってましたと言わんばかりに、お寺の住職が説教を始めました。

「ありがとうの反対語を知っていますか?」

そこにいた者の答えは即答。

「知りません!」

子どもが多かったので仕方がありませんでしたが、私もじっくり考えましたが、まったくわかりませんでした。

「それは、当たり前といいます。実は、当たり前のことは非常に少なくて、ほとんどないと思ったほうがよい。」

こんなことを言っていました。

つまり、生きていることや歩けることなどのすべてが、当たり前ではなく奇跡なのだと言っていました。

その、毎日起きる奇跡には、感謝し、「ありがとう」と言うべきなのです。

みたいな。

 

身近な人ほど「ありがとう」と言えない

私も含め、意外にも身近な人には「ありがとう」とは、言えてないのではないでしょうか。

実は、この説教を聴いてから、よく「ありがとう」と言うようになりました。

すると、私の場合は不運にも「それって、あなたの口癖ですよね?」と言われるようになり、私の「ありがとう」は非常に軽いものになっている傾向があります。

妻やこどもに、「ありがとう」といっても、「はいはい」と流されます。

いつも「ありがとう」と言っているのに、ふとした拍子には、「あなたにお礼を言われていない!」と攻められることもあります。

私は、「いつも言っているよ」って言っても、回数が多すぎると言われた本人も、聞いたかどうか、わからなくなるよう。

ですから、「ありがとう」は言わないといけないし、度を越してもいけないのです。

難しいです、ほんと。

言葉で「ありがとう」というのは簡単ですですが、言うタイミングも意識する必要があります。

誰かに何かをしてもらったら、ありがとうといいますが、これは、当たり前ではないと思う気持ちのほうが大切なことなんだと実感しました。

エスキージャパンの善ちゃんは、ごはんを食べに行って、レジで会計を済ますと、「ありがとう」と言っています。

そのあと私に、「お金払ってありがとうっておかしいかな?」と聞きます。

こうやって、考えずにいっている「ありがとう」が大事なんだなぁっていつも勉強しています。

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    電子レンジを振り返って見る

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  2. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

  3. 考え方

    小さなお子さんが嘘をつきだしたら

    『嘘つきは泥棒のはじまり』といった言葉があり、嘘は、罪人や悪人になるは…

  4. 考え方

    叱ることと指導の違いを考えさせる

    「こういった失敗だって、たまには起きるさ。さぁ、一緒にナプキンを取りに…

  5. 考え方

    プールをなめたら、あかん

    みんなが”自分一人ぐらいプールで用を足しても大丈夫だろう”という気持ち…

  6. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. トレンド

    明治のカールが東日本へのお土産の定番になるかもしれない
  2. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はありません。
  3. 方法、手法

    LINEを使えば固定電話や国際電話にも無料通話ができる。
  4. 方法、手法

    ポンプダウンとは
  5. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合
PAGE TOP