考え方

台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

毎年多くの台風が日本にやってくる

気象庁の発表では、台風の発生地域から予測進路を随時発表しているものです。

その情報の中には、中心気圧○○hPaや最大瞬間風速○○mとよく耳にする情報が流れます。

中心気圧の数字は、小さければ小さいほど大きな台風と判断します。

風速の数字は、大きければ、大きいほどすごい風が吹いていると判断します。

なぜでしょう、なんだかイメージできません。

イメージ出来ない方へ伝えるために、リポートする人も体を張って命がけ。

「今、風速25mの暴風域から中継しています!」って、毎度のことながら、とっても大変そう。

それでも、テレビの前にいるとピンときません。

「風速25mなら、瓦が飛ぶことがあります!」と説明していますが、風で瓦が飛ぶシーンなんて見たことありません。

もっと、みんなの実体験から伝わる表現はないのでしょうか?

 

秒速なんて普段は使いません

風速をね、秒速で伝えているからわかりにくいのだと思います。

こんな表現は、算数や数学の世界だけで十分。毎回いじわるなポイントに出現する「点P」も必要ありません。

では、私たちが日ごろから慣れ親しんだ時速に換算してイメージしてみましょう。

秒速(m)を時速(km)に換算するのは、とっても簡単。

時速(km) = 秒速(m) x 3.6

つまり、「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。

「時速90km」ならイメージできませんか?

例えば、高速道路の車だと、だいたいそれくらいです。

高速道路を走る車の窓を開けて、顔を外に出してみることを考えれば、イメージがしやすいと思います。

 

 

最大瞬間風速60mとは

さっそく、同じように時速に換算してみます。

「最大瞬間風速60m」 = 「時速216kmの風」

さすがに、時速216kmは身近にはありませんので体感するのは難しいですが、想像してみましょう。

例えば、新幹線が減速しないで通過駅のホームを通過した場合、ホームに立っていると考えたらいかがでしょうか。

通常は、減速しますので、ここまで速度は出ていませんが、それでもすごい勢いを感じるものです。

 

黄砂が運ばれる偏西風の勢い

はるか遠くの、中国から黄砂が日本まで運ばれてきます。

これは、偏西風に乗ってやってくると言われています。

偏西風って、どれだけすごい風なのか見てみましょう。

上空5kmでの偏西風は、秒速50m。(時速180km)

上空10kmでの先生風は、秒速100km(時速360km)

この単位になると、想像もつかない暴風なのでしょう。

気球に持って優雅に空中散歩なんて出来る訳ありません。

上空10kmと言えば、飛行機が飛ぶ高度です。

日本からアメリカに行く時と、帰る時では、航行時間が全然違うのも納得ができます。

行くときは、360kmの追い風ですが、帰るときは360kmの向い風です。

通常900kmで航行する飛行機にとっては戻りの向い風は大変な減速となるからです。

 

国際的にはノット (kt)で表現

アメリカでもそうですが、国際的な単位なら、風速は時速で表現すると決まっています。

なぜ日本が、秒速で表現しているのか?

それは、気象庁でそうやって、定義しているから。

では、なぜそのように定義するのか?

環境省もそうですが、測定指針から測定器、測定値発表までを全て秒速に統一されていますので、切り替えるタイミングを完全に逃しているのが実情かと推測します。

なら、民放のニュースだけでも時速で伝えて欲しいと思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。

    私は、過去の記事を振り返り、文面だけで理解できるように、句読点の位置に…

  2. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由

    コミュニケーションを取りたい相手は、千差万別です。性別からはじまり、年…

  3. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算

    【サボり】とは、フランス語の“sabotage(サボタージュ)”を略し…

  4. 考え方

    学歴フィルターがある理由

    学歴フィルターとは、会社説明会予約受付の連絡が来て、すぐに申し込みしよ…

  5. 考え方

    私が家事を手伝うことはない。

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

  6. 考え方

    ハリウッド映画でありそうな惑星衝突が現実にあるかもしれない!

    「隕石じゃないの?」と言う。「なバカなぁ」そう思っていましたが、よくよ…

コメント

    • 通りすがり
    • 2017年 10月 29日

    風速15メートル -> 時速54km
    風速25メートル -> 時速90km
    と言い換えても、普通の人にとってのイメージし難さは殆ど変わりない/長年慣れ親しんだ単位を変更すると余計解り難くなる だけのように思います。

    ・風速15メートル=強風注意報級 だと、傘が壊れてしまい/壊れなくても横殴りの雨で殆ど役に立たないような状況になり
    ・風速25メートル=暴風警報級 になると 風圧のため外出が危険な状況になる
    ※田畑を見に行くのは、警報が出る前に傘でなくカッパを着ていきましょう・・・という結論になる
    ですが、これはこのような知識があるから判断できるのであって、風速を秒速から時速に換算しても何の役にも立ちません。

    • eskyjapan
      • eskyjapan
      • 2017年 10月 30日

      通りすがりさん
      コメントありがとうございます。
      確かに、慣れの観点がありますね。
      私個人的には、すごくわかりにくいと感じたので記事にしたのです。
      もしかすると、私が思っているほど、不具合がないのかもしれませんね。
      貴重な意見、ほんとうにありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    ボウリングとカーリングの違い
  2. 方法、手法

    有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法
  3. トレンド

    意外に知らない金太郎のおはなし
  4. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ
  5. 考え方

    上司や先輩から仕事を教えてもえない場合
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。