考え方

台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

 

 

 

 

 

 

 

毎年多くの台風が日本にやってきます。

気象庁の発表では、台風の発生地域から予測進路を随時発表しているものです。

その情報の中には、中心気圧○○hPaや最大瞬間風速○○mとよく耳にする情報が流れます。

中心気圧の数字は、小さければ小さいほど大きな台風と判断します。

風速の数字は、大きければ、大きいほどすごい風が吹いていると判断します。

なぜでしょう、なかなかイメージできません。

 

そう、イメージ出来ない方へ伝えるために、リポートする人も体を張って命がけです。

「今、風速25mの暴風域から中継しています!」って、毎度のことながら大変そうです。

それでも、テレビの前にいるとピンときません。

「風速25mなら、瓦が飛ぶことがあります!」と説明していますが、風で瓦が飛ぶシーンなんて見たことありません。

もっと、みんなの実体験から伝わる表現はないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

秒速なんて普段は使いません

風速をね、秒速で伝えているからわかりにくいのだと思います。

こんな表現は、算数や数学の世界だけで十分です、毎回、いじわるなポイントに出現する「点P」も必要ありません。

では、私たちが日ごろから慣れ親しんだ時速に換算してイメージしてみましょう。

秒速(m)を時速(km)に換算するのは、とっても簡単。

 

 

時速(km) = 秒速(m) x 3.6

 

 

つまり、「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。

「時速90km」ならイメージできませんか?

例えば、高速道路の車だと、だいたいそれくらいですね。

高速道路を走る車の窓を開けて、顔を外に出してみることを考えれば、イメージがしやすいと思います。

 

 

 

最大瞬間風速60mとは

さっそく、同じように時速に換算してみます。

 

「最大瞬間風速60m」 = 「時速216kmの風」

 

さすがに、時速216kmは身近にはありませんので体感するのは難しいですが、想像してみましょう。

例えば、新幹線が減速しないで通過駅のホームを通過したとすれば、ホームに立っていると考えたらいかがでしょうか。

 

通常は、減速しますので、ここまで速度は出ていませんが、それでもすごい勢いを感じるものです。

 

 

 

黄砂が運ばれる偏西風の勢い

はるか遠くの、中国から黄砂が日本まで運ばれてきます。

これは、偏西風に乗ってやってくると言われています。

偏西風って、どれだけすごい風なのか見てみましょう。

上空5kmでの偏西風は、秒速50m。(時速180km)

上空10kmでの先生風は、秒速100km(時速360km)

この単位になると、想像もつかない暴風なのでしょう。気球に持って優雅に空中散歩なんて出来る訳ありませんね。

上空10kmと言えば、飛行機が飛ぶ高度です。

日本からアメリカに行く時と、帰る時では、航行時間が全然違うのも納得ができます。

行くときは、360kmの追い風ですが、帰るときは360kmの向い風です。

通常900kmで航行する飛行機にとっては戻りの向い風は大変な減速となるからです。

 

 

国際的にはノット (kt)で表現

アメリカでもそうですが、国際的な単位なら、風速は時速で表現すると決まっています。

なぜ日本が、秒速で表現しているのか?

それは、気象庁でそうやって、定義しているからです。

では、なぜそのように定義するのか?

環境省もそうですが、測定指針から測定器、測定値発表までを全て秒速に統一されていますので、切り替えるタイミングを完全に逃しているのが実情かと推測します。

なら、民放のニュースだけでも時速で伝えて欲しいと願うばかりです。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    車の内部循環と外気導入は、普段どうするのか?

    基本は、外気導入多くの車に搭載されている取扱説明書には、通常運転時は、…

  2. 考え方

    暑い夏に、長袖シャツはどうなのよ!

    生地が冷たいです。汗が出ると、さらに生地が冷たくなります。そのまま、コ…

  3. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

    事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。真実とは、多くの皆の認識と…

  4. 考え方

    小さなお子さんが嘘をつきだしたら

    『嘘つきは泥棒のはじまり』といった言葉があり、嘘は、罪人や悪人になるは…

  5. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  6. 考え方

    多くの家庭に普通に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

コメント

    • 通りすがり
    • 2017年 10月 29日

    風速15メートル -> 時速54km
    風速25メートル -> 時速90km
    と言い換えても、普通の人にとってのイメージし難さは殆ど変わりない/長年慣れ親しんだ単位を変更すると余計解り難くなる だけのように思います。

    ・風速15メートル=強風注意報級 だと、傘が壊れてしまい/壊れなくても横殴りの雨で殆ど役に立たないような状況になり
    ・風速25メートル=暴風警報級 になると 風圧のため外出が危険な状況になる
    ※田畑を見に行くのは、警報が出る前に傘でなくカッパを着ていきましょう・・・という結論になる
    ですが、これはこのような知識があるから判断できるのであって、風速を秒速から時速に換算しても何の役にも立ちません。

    • eskyjapan
      • eskyjapan
      • 2017年 10月 30日

      通りすがりさん
      コメントありがとうございます。
      確かに、慣れの観点がありますね。
      私個人的には、すごくわかりにくいと感じたので記事にしたのです。
      もしかすると、私が思っているほど、不具合がないのかもしれませんね。
      貴重な意見、ほんとうにありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由
  2. 方法、手法

    値引きなどにも使える交渉ノウハウ
  3. 思い出

    私が背負った十字架の重さ
  4. 方法、手法

    意外に使える計算方法が出てくる善ちゃんとの買い物
  5. 考え方

    あの、カビキラーの噂は、本当なのか?
PAGE TOP