考え方

普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?

普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?

 

 

 

 

 

 

 

平均3000歩/日に1万歩/日を追加

すごい、ポジティブな取り組みに見えるかもしれませんが、そうではありません。

2016年10月より開始した、機械設計の委託業務を遂行する企業の敷地がとにかく広い。

 

入門してから、居室まで約3kmも距離があります。

ですので、構内には定期バスが走っています。

 

バスは無料ですし、本数も多いのですが、とにかく乗る人が多い。

だいたい、3本ほどやり過ごしてから、やっと乗れる感じです。

 

やっと乗れたバスはすし詰め状態ですし、なんといっても運転が非常にヘタクソなので、思い切ってバスの利用を止めることにしました。

つまり、片道3kmを歩く決意をしたということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

歩く距離から歩数を検証

「1日1万歩」とよく聞くので、自分のチャレンジがこれに該当するのかを確認します。

一番わかりにくかったのが、自分の歩幅でした。

 

 

歩幅を実測

いざ、歩幅実測しようと思い、歩くのですが、実測しようと考えれば考えるほど不自然な歩き方になります。

50cmの正方形パネルの上を歩きながら、出来るだけ自然に一歩一歩踏み出し、何度も静止しながら実測しました。

 

実測の平均結果:55cm

これは、状況によって、50~60cmと幅も出るものでした。

 

 

歩幅の導き出し方を検索

① 平均的な歩幅:45cm

② 歩幅 = 身長 - 100cm

③ 歩幅 = 身長 × 0.37

④ 歩幅 = 靴サイズ × 2

 

 

検索した式による結果

私の身長は165cmで靴のサイズは25.5cm

① 45cm

② 65cm

③ 61cm

④ 51cm

平均は55.5cm

最小と最大を除外して、平均すると、56cm

 

 

歩幅を考察

検索した式による結果から、実測の平均が55cmでしたので、実測結果は正しいと判断しました。

私が歩幅を導き出す式を提案するなら下記に示す式が妥当と思っています。

 

 

歩幅 = ( 靴サイズ × 2 ) + 5cm

 

 

だって、靴サイズの2倍以下で歩くのは、非常に不自然ですので、それにプラスαをしてみれば自然ではないかと考えました。

もちろん、足の長さによっても大きく変化するので身長も関係するとは思いますが。

計算式は参考値として、やっぱり実測がおすすめとなります。

これを、論じると底が見えなくなるので、無理やりこれで結論とします。

 

 

歩く距離から歩数を算出

距離 = 歩数 × 歩幅

ですから、

 

歩数 = 距離 ÷ 歩幅

つまり、

 

歩数 = 6km ÷ 55cm

単位を合わして、結果を出すと

 

60万cm ÷ 55cm = 10909歩

普段の私は、デスクワークですので、3000歩/日ほどですから、この距離を歩けば確実に1日1万歩はクリアできる計算になります。

 

 

 

1日1万歩を追加して犠牲にしたものは?

半年以上続けた結果、なんと、犠牲にするものがなにもありませんでした。

むしろ、プラスの面が大きいかったことを実感しています。

 

当初の予想は、移動時間が増えるので、明らかに時間はロス(犠牲)すると考えていました。

ところが、その時間はロス(犠牲)とはなりませんでした。

 

片道だと、バスを待つ平均時間が10分で、乗車時間は10分でしたから、バスでの移動時間は20分でした。

歩いた場合、約30分でしたので、10分ほど余分に時間を消費します。

 

しかし、その30分でバスでは出来なかったことが出来るようになりました。

大きな成果物は、電話をする時間の獲得です。

 

私は、自分の設計業務以外に、エアコン工事やガス工事の請負も行っているので、工事担当の善ちゃんとのやり取りが密になり、今まで知らなかった不具合が把握できるようになり、問題が大きくなる前に対処できるようになりました。

あとは、いつも工事の依頼を定期的に依頼してくれるお客さんと会話する時間もこの歩く時間でまかなえるようになりました。

 

 

 

 

1日1万歩を追加して得たもの?

運動不足が解消され、夜によく眠れるようになりました。

これも、驚いたことですが、朝の目覚めがよくなりました。

 

そもそも、お腹も出てないし、太ってもなかったので、痩せたなどの報告はありません、残念ながら体重の増減はありませんでした。

 

Before:59.5kg → after:60.5kg

 

「あれ?」

 

「太った?」

 

ちがいますよ、これぐらいの変動は、前からありましたから、これは誤差と見てください。

 

確かに、運動量が増えたからか、食べる量も増えたような気もしますが・・。

 

みなさんが、一番気になるダイエットに効果があるとかは、今回言えませんでしたが、もっと長期間続けることで、筋肉が付き、脂肪を燃焼しやすくなる体質になるのかもしれません。

 

このチャレンジは続けていきますので、次の変化が見えたころでもう一度記事にします。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える!?

    ガソリンの自販機で1円硬貨と5円硬貨が使えるのは、経営者側のメリットが…

  2. 考え方

    月までの距離はおよそ38万km。身近な算数で月まで到達するものとは

    答えは、約70万km地球と月の距離はおよそ38万kmなので、月をはるか…

  3. 考え方

    お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

    構造的には、とてもシンプルで、故障するイメージがありません。メンテナン…

  4. 考え方

    ありがとうの反対語を知っていますか?

    言葉で「ありがとう」というのは簡単です。「人に親切にされたら、ありがと…

  5. 考え方

    エアコンの引越しで大損することがあります。

    手間を惜しむとエアコンの引っ越しで大損しているかもしれません!…

  6. 考え方

    おすすめの電卓 機能編

    電卓なんてどれも同じだと思っていませんか?私は、何も知らないときは同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法
  2. 考え方

    冷え性の原因は、エアコンの冷房なのか?
  3. 方法、手法

    三相交流が理解できる話
  4. 方法、手法

    使いかけの接着剤(シリコンなど)の保存方法
  5. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
PAGE TOP