考え方

洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

 

 

 

 

 

 

頻繁にお客さんから依頼があるのが、洗濯機のクリーニングです。

後述しますが、なかなかその依頼を受けることが出来ていない現状があります。

洗濯槽を洗う洗剤のCMを見ているお客さんが「洗濯槽は汚れている」と認知している証拠だと思います。

その認識は正しくて、分解したときの洗濯槽を見てみると、「こんなに汚れるものなのか!」って思います。

 

 

それもそのはず、洗濯機はカビの製造工場みたいなものですから。

見た目では分かりませんが、構造的に細菌類やカビが繁殖しやすい状況になっています。

 

カビの増殖要素

カビは20~30℃の温度範囲で、水分と栄養分があれば爆発的に増えることがわかっています。

 

洗濯機の温度環境

人が暮らしている環境の中に置かれることが多いので、20~30℃の範囲であることが多い。

 

洗濯機の水分環境

洗面所や風呂場近くなど、湿気の多い場所に設置されることが多い。

そもそも、洗濯機内部は高温多湿であり、蓋を閉めた状態だと湿気が逃げる要素が全くない。

排水溝にも接続されている場合が多く、排水溝から湿気があがってくる。

 

洗濯機の栄養分環境

洗剤の残りカスが洗濯機の内部に残ることが多い。

洗濯物の汚れが洗濯機の内部に残ることが多い。

 

洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多い

カビにとって洗濯きは理想的な環境となることが多いのです。

ですから、定期的に掃除をしないと、カビだらけの水で衣類を洗っていることになります。

もしかして、アトビーの原因にもなっているかもしれません。

 

 

 

洗濯機の掃除

市販の洗濯槽クリーナーで取れるのは全体の汚れの2割程度と思ったほうが良いでしょう。

間違っても、CMのように綺麗になると思ったら大間違いです。

はっきりいって、CMの映像はただのイメージであって嘘です。

絶対に、あのようにはなりません。

 

私も、某メーカーの洗濯槽クリーナー2回、なんと2回です、2回も入念に掃除してから分解しましたが、ほとんど汚れは落ちていませんでした。

落ち方はどんな感じかというと、全体的に薄く汚れが落ちるのではなく「ペロッ」っと、ところどころが剥離している感じです。

洗濯槽クリーナーメーカーの狙いは正しいと思いますが、ところどころしか剥がれていなく、おおよそ2割程度でした。
ただ、剥離した場所はCMのようにピカピカです。

 

剥離しそうで剥離しなかったカビ

私が気になるのは、剥離しかけのカビが次に洗濯物に付着するってことです。

ですので、洗濯槽クリーナーをした後の洗濯は大切なお子さんの洗濯物は後回しにしたほうがいいと言えます。

 

善:「ふーん、じゃぁ誰の洗濯からすればいいのか?」

しず:「それは、カースト制度で言うと位の一番低い人」

 

善:「日本にはカースト制度はないはずや」

しず:「多くの家庭では暗黙のルールとして存在している」

善:「じゃぁ・・・・・・ここはそっとしておくほうが良いってことね。」

しず:「全国のお父さんたち折れるな!」

 

善:「おまえそれ、おとうさんはペット以下か!」

しず:「もちろん!ペットは一番上」

善:「そっそれもすごいな、でも確かにそうかも」

 

 

 

 

 

 

何もしないよりはやったほうがいい

某メーカーとしたのは、おそらくどこも同じだと思うのであえて特定の会社だけ指定するのはかわいそうだと思いましたので某としました。

洗濯槽にアプローチ出来るのはプロのお掃除やさん以外は洗濯槽クリーナーしかないから何もしないよりはやったほうがいいです。

だって、2割程度は無くなるのは事実ですから。

 

追伸

きれいにカビを落とす方法見つけました ← リンク貼っています。

 

2割綺麗になるなら5回やったら全部きれいになるのか

上でも2回で検証しているように、おそらく1回でいいのだと思われます。

私は一気に数回行うのではなく、定期的に行う方が効果的だと判断します。

 

 

 

カビの予防方法

 

1.洗濯機を使用しない時は、蓋を開けておく。

物理的な要素を考えると縦型洗濯機の方が湿気は逃げやすいです。

 

2.洗濯機を風通しのいい場所に設置する。

昔よく外に置いているのを見たことがありましたが、これって理にかなっています。

 

3.排水溝を直接接続しない

出来る家庭は限られてくると思いますが、直接つなげないほうが風も抜けますのでおすすめです。

 

4.乾燥機能があれば、洗濯後に使用する。

乾燥機はやりすぎると衣類に悪影響を与えることもあります。

 

5. 洗濯槽クリーナーを定期的に使用する。

洗濯槽クリーナーには予防効果もあります。

新品のうちから定期的に使っていればある程度効果が期待できます。

 

6.洗剤の量を洗濯物の量にきっちり合す。

きれいに溶かして使うようにしないと、カビに栄養を与えているようなものです。

 

分解クリーニング

私たちが洗濯機を洗浄する場合、分解して洗濯槽を取り出し、洗濯機内部まで洗浄します。

掃除した後は本当にきれいになるので気持ちいいです。

ただし、すべての洗濯機に対応できることではないのが現状ですので、積極的には受けていません。

例えば、ドラム式洗濯機は洗濯層をワイヤーで吊っているだけなので、バランスが崩れることが多く、元に戻すのが大変ですのでリスクが高いです。

ですから、ドラム式は今のところ100%受けていません。

縦型でもスクリュウーが外れないなど対応できない機種もあります。(2017/4)

 

過炭酸ナトリウム ← きれいに洗濯機が掃除できます。


ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    ガス給湯器の交換を考える時期とは

    ガス給湯器というのは、生活必需品です。1日でもお湯が無ければほんとうに…

  2. 考え方

    多くの家庭に普通に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  3. 考え方

    車椅子マークの付いた駐車場を利用できる人とは?

    ・身体に障害がある方で歩行困難な方・一時的な疾病(骨折や病気など)によ…

  4. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合

    感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自…

  5. 考え方

    電子レンジを振り返って見る

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  6. 考え方

    【サイレントキラー】酸素濃度の低い空気を吸うと、即死することもある

    人間は、肺胞でガス交換をしているのですが、肺胞毛細血管から肺胞腔(はい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して、情報提供料の100円を節約できます。
  2. 思い出

    あなたは、オバケを見たことがありますか?
  3. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。
  4. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント
  5. 思い出

    恋心は検便と共に消え去る
PAGE TOP