考え方

Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法

Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法

 

 

ユーザビリティの低下

ユーザビリティとは、使用感、使い勝手、使いやすさなどを言います。

Webページを訪問者して記事を閲覧しているとき、気になるキーワードがあればコピーして検索したりすると思いますが、コピペを禁止すれば、それらが出来ないことになります。

 

右クリックを禁止しているので、ペースト(貼付け)も出来ないため、コメントやお問い合わせにメールアドレスなどの貼付けすら出来なくなります。

 

このようなWebページだと、ユーザビリティが低下していると言わざるを得ません。

この設定を行うと、思っている以上にアクセス数に影響があることがわかりました。

一時期、私はこのを設定していましたが、訪問者数が30%ほど減りました。

そして、一度減った訪問者数は、なかなか回復することがありませんでした。

残念ながら、これが結果ですから、今はこの機能を停止しています。

 

記事を保護できる反面、大きなデメリットとしてユーザビリティーの低下になります。

もしも、この設定を行うのであれば、十分考えてから設定し、設定後の訪問者数のチェックをすることが重要です。

あと、これを言ったら身も蓋もありませんが、ちょっとパソコンの知識があれば、いくら保護しても簡単にコピーされちゃいます。

 

トレンド記事は要注意

芸能ネタなどのトレンド記事をメインに執筆しているブロガーは、どうしても投稿時期が同じ頃に集中します。

そのため、Googleサイドでも、どちらがパクった記事なのか判断が難しくなることが予想されます。

Googleサイドで、コピーサイトと判断されれば、検索順位は圏外に飛ばされます。

これは、非常に恐ろしいことです。

 

ただでさえ、トレンド記事は素人が自分で入手できるオリジナル情報が少ないため、各情報がほぼパクりっぽくなるため、コピーサイトと認定されやすく、圏外になることが多いのに、まんまコピーされれば、さらにそのリスクが高くなってしまいます。

 

普通の記事なら、サイトマップをGoogleに送信しておけば、その記事が誰の所有者かGoogleサイドで容易に確認できますから、こんなことは気にしなくてもいいかもしれません。

 

サイトマップを自動で更新してくれるプラグイン(Google XML Sitemaps)があります。

もしもまだ、準備されていないようでしたら、この記事を参考に設定しておくことをおすすめします。

サイトマップを自動更新する方法(Google XML Sitemaps)

 

WordPressのプラグインを使用

WordPressでブログを書いている場合の方法となります。

プラグインの新規追加で、「WP-Content Copy Protection」を追加インストールしてください。

 

有効化するだけで、すぐにコピペが出来ないページに変化します。

 

まとめ

自分の書いた記事をパクられるのは、いい気持ちがしません。

でも、パクる人なら、どのような手を使ってもパクるのではないでしょうか。

右クリックを禁止したページは、閲覧者からすると不親切なページだと思われるようです。

トレンド記事は微妙ですが、普通の記事ならサイトマップさえGoogleに送信していれば、自分が圏外に飛ばされることはないから安心できるといえます。

コピペを防止するために、右クリックを禁止する方法とタイトルを付けていながら、最後に矛盾のあるコメントですが、これは私の経験則からの印象ですから、これらを考慮して最終判断してください。

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?

    半年以上続けた結果、なんと、犠牲にするものがなにもありませんでした。む…

  2. 考え方

    車椅子マークの付いた駐車場を利用できる人とは?

    ・身体に障害がある方で歩行困難な方・一時的な疾病(骨折や病気など)によ…

  3. 考え方

    牛乳を、飲めば飲むほど、身体のカルシウムは減ってしまうのは、本当か?

    大人に牛乳は必要なのかそもそも、自然の哺乳類は、赤ちゃんのときしか、母…

  4. 考え方

    「ロッキー」って映画の話

    無名俳優からトップスターになったシルベスタ・スタローンは、「ロッキー」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではないのかもしれません。
  2. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット
  3. 方法、手法

    アルミホイルの便利な利用方法
  4. 考え方

    【狙われる!】もしも、家の鍵がこれだったら、20秒で開けられます
  5. 方法、手法

    洋式トイレの正しい座り方
PAGE TOP