思い出

司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編

司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか?

これは、ブログでも度々登場する、善ちゃんのエピソードです。

善ちゃんが誰なのか、気になった人はプロフィールをご覧ください。

 

人生初の司会が結婚式の披露宴!

後にも先にも、善ちゃんが司会といったものを行ったのは、この  グダグダの  結婚式、1回限りです。

奇しくも、その場には、私もおりましたし、すごく稀に登場する西くんも同席していました。

この、西くんの奇行により、善ちゃんが翻弄されることになることは、誰にも想像することができませんでした。

これが、誰の結婚式だったかは、本人の名誉のため、ここでは公表しないでおきます。

 

善:「俺、この時からずっと思っていたけど、絶対にお前が司会するほうが良かったよなぁ」

しず:「俺は、善ちゃんが司会で、ほんと良かったと思うよ。」

善:「いぃや、良いと思っているのは、お前だけちゃうかぁ!」

しず:「俺はゲラなので、もっと変になっているかもよ。」

 

ろくに練習もせずに本番に挑む

善ちゃんの悪い癖です、なんの根拠があるのかわかりませんが、こういった時の善ちゃんは、根拠のない自信に満ち溢れます。

この自信のおかげで、イメージトレーニングを終えた段階で「もう完璧!」とか、すぐに思っちゃうようです。

イメージトレーニングだけで、「よっしゃ!これでばっちりねー」って意味のわからないこと言っていたのを今でもよく覚えています。

 

 

進行を把握していない司会者

未だかつて、このようないいかげんな司会者はいただろうか?

人の晴れ舞台を、一身に背負っておきながら、ほとんど進行を理解していない珍事が発生していました。

 

善:「えっ、ケーキの入刀って結婚式で終わっているのではないですか!?」

従業員:「いいえ、ケーキ入刀は披露宴のプログラムに入っています。」

善:「スピーチは、誰と誰がやることになっているの?」

従業員:「リストは、あなた様より頂きました控えを確認すると・・・です。」

善:「ところで今日は、司会者はいつ来るの?」

従業員:「えぇ、すでに到着していて、私の目の前にいますよ」

善:「そうじゃなくて、ちゃんとした司会者だぞ」

従業員:「あなた様以外の司会者は伺っておりませんが?」

善:「そっそれ、とってもやばいよ、めっちゃめちゃやばいよー」

西:「まぁ、落ち着けや」

善:「なんでやろ?おまえが言ったら、余計にイライラするから、もう俺になにも言うなぁー!」

しず:「まぁ、落ち着けや」

善:「あかん、今は誰が言ってもイライラするわ!」

 

今に思えば、この時にホテル従業員はなにか覚悟を決めていたのかもしれません。

 

 

披露宴の始まり

ライトアップされたフロアは、まるで1枚の絵のように周囲の風景に溶け込んでいます。

どこか違和感があるとすると、1人だけでガタガタ震えている司会者の善ちゃんと、なぜだか、偉い人達に囲まれて座って、おどおどしている西くんだけです。

テーブルは、真っ白なテーブルクロスが掛けられていて、クロスは長く、床まで垂れ下がっています。

それは、まるでフロアと一体化しているようで華やかさを増していました。

参加している女性陣というと、とてもおしゃれな服を着て、メイクもばっちりで、会場の華やかさをさらに増している様子でした。

いつもなら、すぐにうろうろする西くんですが、この雰囲気を察したのでしょうか、席に張り付いて微動だにしていませんでした。

 

※いや、正確に言うと動けなかった。

西くんが動けなかった理由は、後々明かされますので、続きをご覧ください。

私は、そんな西くんの様子を安心して見守っていました。

そんな時です、西くんのチャックが全開になっていることに、私は気が付いてしまいました。

私は、西くんと席が離れていたので直接、西くんには言えず、すぐ後ろの司会者である善ちゃんに報告しました。

すると、善ちゃんは、少し怒り気味で、西くんのいる場所にそっと歩いて行きました。

なにやら、耳元でささやいています。

誰が見ても不自然な行動でしたので、皆が西くんに注目していました。

戻ってきた善ちゃんが、私の席を通過するときに親指を立ててから、司会席に戻りました。

 

 

披露宴開始

いよいよ、本当に披露宴がスタートしました。

いつもの善ちゃんとはまるで別人です。

普段、滑舌が悪いことは、あまり気にしませんが、その日の滑舌の悪さは、もはや日本語にすら聞こえませんでした。

あまりの緊張に、ギャグのつもりか?って思うぐらい、そんなひどい状況から披露宴がスタートしたのです。

ホテル従業員たちは、善ちゃんの言葉が聞き取れず、すべてのタイミングを逃しまくっていたわけで、「なんじゃこりゃ」って感じでグダグダの幕開けをして始まりました。

私はこの時、「えっ、これ、本当にやばいかも」って思いました。

本当に、司会を変わろうかと思っていた、その時。

すぐに、ホテルの従業員(たぶんマネージャーと思われる)からのアシストが入りました。

 

アシストのレベルは超えていて、司会のほぼ全部をホテルの従業員がやっている奇妙な状況になりました。

そうなると、善ちゃんはというと、安堵の笑みを浮かべ、私が見た時には、ゾンビのような顔になっていました。

 

 

もはや、善ちゃんがそこに突っ立っている意味は完全になくなっていました。

このまま、披露宴が終わるまで、ゾンビ化した善ちゃんが、正気に戻ることはないのだろうか!

 

このエピソードは後編へつづきます。

最後まで読んでくれた方で、続きを読みたい方はリンクをクリックしてください。→後編

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    読み込み出来ないはずのバーコードが!

    部長:「俺の頭が成功したりしてな!わぁーはっはっはー!」すかさず…しず…

  2. 思い出

    心が折れた瞬間 二輪整備編

    マフラーのエキゾート部がばっさり割れて離れていました!一体何がどうなっ…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト マニュアル編

    100回 同じ事を言っても、その答えは100回共同じ同じことを何度も言…

  4. 思い出

    食べ物であることをやめてしまった食パン。

    彼は心の中で叫びながらトースターへと走った。なぜ、煙が吹き出ていますか…

  5. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  6. 思い出

    利害関係のある人間に相談してはいけない

    この記事で伝えたいことは、なにかを相談する時は、相談相手を間違えてはい…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ナチュラル民間療法でいろんなかゆみを撃退したい。
  2. 思い出

    両目を失ったガリレオ
  3. 考え方

    ボウリングとカーリングの違い
  4. 考え方

    スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由
  5. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 3
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。