思い出

司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

このエピソードは、後編です。前編から読まれる方はこちらからどうぞ→前編

 

ゾンビ化した善ちゃん

披露宴会場で、ゾンビ化した善ちゃんは、いつになったら正気に戻るのか。

善ちゃんがゾンビ化していても、披露宴の進行はとまりません。

代理とはおもえない、ホテル従業員の司会に賞賛です。

 

 

メインディッシュの時間

そんな調子で、時間はゆっくりと流れ、いよいよメインディッシュが運ばれてきました。

皆は、メインディッシュを食べ始めたころ、ゾンビ化した善ちゃんが、なにやら変な光景を目撃したようです。

(善ちゃんは、司会者だったので先にご飯を食べていましたから、暇だったんでしょう。)

今から思えば、なぜ私にそれを教えたのか?

それさえなければ、私はおいしいご馳走を堪能できたものを。

暇になり、ゾンビ化した善ちゃんは、こっそりと女性陣に見とれていました。

すると、女性陣の怪訝な顔が気になりました。

女性の怪訝な表情にドキッとした善ちゃんは、この瞬間に正気を取り戻しました。

その女性陣の視線の先には、西くんがいました。

善ちゃんは、西くんのことを怪訝な顔で見る女性陣達がすごく気になりました。

 

善:「 気のせいかなぁ?」

 

そう思って、善ちゃんが西くんの方を見てみると、本当の意味で、見てはいけない光景を善ちゃんは見てしまいました。

西くんは、誰にも気づかれないように、股間を必死で触っていました。

それも、女性陣を見ながらです!

 

西くんの名誉のためフォローしておきますが、ほんとうは女性陣など見ていませんでした。

ただ、視線の先に、たまたま女性陣がいただけで、特にそれを見ているわけではなかったのです。

何をしていたかというと、披露宴のはじめに、座ったままスボンのチャックを上げようとしたところ、テーブルクロスにチャックが挟まって、上にも下にも動かない状況になったようです。

それから西くんは、誰にも悟られないように必死に外そうとしていたのです。

 

 

善ちゃんは、ディナーを食べている私に、言いました。

 

善:「しず!」

しず:「ん?」

善:「西くんを見てみ」

しず:「遠慮する」

善:「ちゃうねん、すごいことになっているから」

 

私が、西くんを見たら、それは、まさに、あかんやつを見た気がしました。

でも、すぐに気が付きました。

そう、チャックを上げようとしているのですが、なにかに挟まって、戻すことも出来ない様子がすぐにわかりました。

良く見てみると、顔は高揚して赤くなり、右手にフォークを持って、左手で股間をものすごい勢いでいじっています。

しかも、視線の先は、司会者ではなく、女性陣だけが座っているテーブルです。

そんな状況なので、ろくに料理も食べていません。

確かにこれは、なにか誤解される可能性がある動きでした。

必死にチャックと格闘している西くん。

それを見て、怒る善ちゃん。

なんで怒る必要があるのか理解できなく、笑いをこらえる私。

もはや、私はディナーの味なんてわかりませんでした。

結局、何を食べたのかも今では思い出せません。

西くんは、きっと心の中で「チャックに挟まるようなテーブルクロス掛けるなよなー!」って思っていたに違いありません。

どうりで、席から動かなかった理由が納得できました。

 

 

ディナーの終わりが意味するもの

ディナー料理が終われば、皿はすべて下げられ、テーブルクロスも張り替えられます。

ディナーの終わりは、西くんの平凡な人生の終わりを意味しています。

元ホテルマンだった私は、この一連の流れを予測していたので、エセ司会者の善ちゃんにそのことを教えてあげた。

正義感に満ち溢れる善ちゃんは、西くんを救うために、ディナー時間を延ばす作戦に出ました。

まったく、予定していなかった新郎の上司を勝手に指名して、ディナーの途中にスピーチさせようとしました。

突然指名された上司は、口に入った食事に喉を詰まらせて、すごくせき込んでいました。

また、その上司も断ればいいものを、そのままスピーチを行いました。

さすが、いつも人前で話慣れていることはあります。

善ちゃんはというと、勝手に人にスピーチさせておいて、いつのまにか手に料理バサミを持っていました。

すかさず、料理バサミを西くんの元へ届ける善ちゃん。

私は、それを見ていて、「なるほど!」って思いました。

その時、善ちゃんが想像していたことは、引っかかっているテーブルクロスを切ることでした。

私も、同じことを想像していました。

でも、西くんのとった行動は、私たちの想像を裏切るものでした。

西くんは、気が弱い性格だったからか、ホテルのクロスをカットするのではなく、あろうことか自分のズボンの股間部分をごっそりとハサミでカットしていました。

確かに、他人の所有物を傷つけるよりかは良い気がしますが、その後のことを考えていたのだろうか?

食事がおわり、全員が席を立つ頃、西くんはまだ座ったままです。

私は、西くんに、「そろそろ行こうか?」と声を掛けました。

西くんは、引き出物の紙袋を正面に持って、なにやら不自然に歩いています。

私は、ズボンが破れていることを知っていたので、ダメもとでホテル従業員になにか出来ないか相談しました。

ホテル従業員の粋な計らいで、私物のジャージズボンを貸してもらえることになりました。

それは、まるで小学校でありがちな、お漏らしをした子の服装です。

 

披露宴の2次会

2次会もあったのですが、西くんだけ、スーツのズボンがジャージです。

さらに、ひどいことに、西くんのジャージズボンを皆が気になっていたはずなのに、誰も口に出さなかったことです。

そして、本人もなにも言い訳しない堂々とした状況、善ちゃんが西くんから離れようとするけど、気が付けばいつも善ちゃんのとなりに西くんがいること。

私の中で、楽しくて仕方がなかった2次会でした。

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

    ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無…

  2. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン

    いかがでしたでしょうか、リンゴが落ちるレアな瞬間を見るって、どれだけ長…

  3. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん

    こんな特殊な髪形を作れる散髪屋は、そうそうありません。うかつに、いろん…

  4. 思い出

    あなたは、オバケを見たことがありますか?

    オバケを見た人の言葉私自身もそうなのですが、自信がないのです。だから、…

  5. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽そうに見えた…

  6. 思い出

    「ワシントンの斧」の話はどこが逸話なのか?私の心の叫びを聞いて欲しい

    彼女の手料理を「すごくマズイです」と正直に述べて平手打ちされる彼氏相談…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ
  2. 方法、手法

    誘いや頼まれごとを4つのステップで上手に断る方法
  3. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?
  4. 方法、手法

    最適な机と椅子の高さの関係。そして、それらの実現方法とは
  5. 思い出

    『備忘録』 阪神・淡路大震災の記憶
PAGE TOP