思い出

あなたは、オバケを見たことがありますか?

あなたは、オバケを見たことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

オバケを見た!

善:「なぁなぁ、しずって、オバケ見たことある?」

しず:「あるよ!」

 

善:「あるんや! いつ? どこで?」

しず:「子どもの時、家で」

 

善:「どんなやつ?」

しず:「毛が3本だけ生えていた。」

 

善:「それって、ハゲって言ったほうがわかりやすいよ。で、色は?」

しず:「真っ白」

 

善:「うわぁ、本格的やなぁ。それから、やっぱり、足はなかったのか?」

しず:「短いのが少し見えていたよ。」

 

善:「うわぁ、なんかリアルやなぁ。他にも見た?」

しず:「見たよ」

 

善:「似たようなオバケ?」

しず:「よく似てたけど、ピンク色やった。」

 

善:「なんか特徴あった?」

しず:「2体目は、お腹に星(☆)があった。」

 

善:「星?? スケールデカそうやな、正直、全くイメージできないわ。」

しず:「イラスト書こうか」

 

善:「えっ、書けるの??」

しず:「ヘタなのは愛嬌ですよ。」

 

えーっと、だいたいこんな感じやったかなぁ~。

 

 

カリカリ

 

 

しず:「一応、出来たよ。」

 

 

善:「早やく見せて!」

 

 

しず:「はい、どぅぞっ!」

 

 

 

 

 

善:「おまえこれ!

 

 

「オバQやないか!」

 

 

「おまえさっきから、オバQの話していたのか?」

 

正しくは、オバケのQ太郎 です。

この絵を見れば、私の絵のヘタクソ加減がよくわかると思います。

 

 

しず:「さすがアニオタですねぇ、こんなへたくそなイラストでもわかるって、逆にすごいね。」

善:「あほか、アニオタじゃなくても、わかるわ!」

 

しず:「だって、これ、オバケやろ?」

善:「確かにそうやけど、こういったオバケじゃないよ。」

 

しず:「ちなみに、なんでオバケの話なん?」

善:「俺、見たかもしれん・・・ついにオバケを・・・」

 

しず:「西くんじゃなくて?」

善:「いくら俺でもそこまでは言わんよ。おまえひどい奴やなぁ。」

 

しず:「油すましでも見たのか?」

善:「だから、西くんじゃないからぁ」

 

しず:「そしたら、カッパでも見たか?」

善:「おまえ、西くんがこれ読んだら怒るぞ!」

 

 

西くんのことを知らない人のためにこの内容がわかる記事のリンクを貼っておきます。

私が背負った十字架の重さ

 

 

善:「夜にパソコンで、完了報告書を入力したときに、なんか視線を感じて、振り返ったらな。」

しず:「振り返ったら?」

 

善:「中学生ぐらいの女子が立っていた。」

しず:「善ちゃん、玄関いつも開けっぱなしやから、本当に誰か入っていたんじゃないの?」

 

善:「よけいに怖いわ。その時は、玄関閉めていたし。」

しず:「中年のおじさんじゃなくてよかったな。」

 

善:「もし、中年のおっさんやったら、すぐに2番アイアン握ってたやろうな。」

しず:「なんで、2番アイアンなん?」

 

善:「ほとんど、使わないから。」

しず:「それから?」

 

善:「それだけ。」

しず:「ふぃーん、じゃぁサイナラ」

 

 

 

 

 

 

 

オバケは本当に居るのか?

実は、私自身も鮮明にオバケを見たことがあります。

特に、何かの被害にあったわけでもなく、驚いたわけでもありませんでした。

 

意外にも、冷静に対応していた記憶があります。

しかし、時間の経過とともにその記憶は、だんだんと自信を失うようになっています。

 

もしかすると、あれは夢だったのだろうか?

最近では、そう思うようになってきました。

 

 

 

記憶の中のオバケ

夜中なんとなく目が覚めて、目を開けてみると、そこにはよく知っている同級生が立っていました。

よく考えたら、『なんで居るの?』って思うはずですが、不思議となにも思いませんでした。

 

私は、「そんなところで、なにをしているの?」と聞きました。

返事がなかったので、起き上がって電気を付けようとしたとき。

 

「蛍光灯は付けないで」って言われました。

 

でも、姿が良く見えないから電気を付けたいと伝えました。

すると、「豆電球ならいいよ」と返事があったので、小さな豆電球の明かりだけ付けました。

 

それでも、部屋は十分に明るくなり、友達の顔が鮮明に見えるようになりました。

私は、「なんでここにいるの?」と聞きましたが答えはありませんでした。

 

ただ、ブツブツ何かを一方的に話しているのでした。

 

よく聞いてみると、「幽霊に成れる人と、成れない人がいる」とか、「おまえも静電気が多いから成れるタイプや」とか「蛍光灯の光に当たったら、姿が消えてしまう」とか「ここには磁場の渦があるから心地よい」とか一人でブツブツしゃべっていました。

 

まとめると、幽霊になれる条件を言っている様子でした。

1.強い意志があること。

2.静電気が強いこと。

3.磁場があること。

 

はっきり言って、正しいのかどうかもわかりませんが、こんなことを言っていました。

 

そのうち私は、寝てしまったようで、朝になり昨夜のことを思い出し、朝になってから驚いた記憶があります。

 

 

そして、もっと驚いたのが、昨夜にその同級生が自殺していたことでした。

今となっては、「見ていた夢の中に同級生が出てきた」と思ったほうが納得しやすいのでそう思うようになっています。

 

 

 

 

オバケを見た人の言葉

私自身もそうなのですが、自信がないのです。

だから、善ちゃんにも、オバケを見た時のことを何度聞いても、結構あいまいなのです。

 

私が思うのは、例え見たとしても、見たって言わない人も多いんじゃないかなぁって考えています。

実際に目撃する人の割合は4人に1人だそうですが、実際は、もっと多いと想像しています。

 

 

 

 

オバケって、心地いい話じゃないから、あまりそんな話をしないのだと思いますね。

見た人の統計をみると、なぜか40代が圧倒的に多いみたいです。

 

でもこれ、精神的に一番追いつめられている年齢ではないでしょうか?

40代のみなさん、オバケに出会ってしまうかもしれませんが、気にしないでがんばりましょうね。

 

気になるようであれば、氏神(地元の神社)の鳥居をくぐって、お参りに行けは、すっきりしますよ。

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。

    彼は鍵を閉め忘れていたが、児童たちはドアを閉め忘れていった!…

  2. 思い出

    ポジティブシンキング! あなたもきっと、西くんの前向きな気持ちに心を打たれる!?

    自信を持つことは非常にいいことです。善ちゃんはあきれていましたが、私は…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽そうに見えた…

  4. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット

    金魚は賢かったコンビーフは生きていないとわかったらしく、金魚は一口も食…

  5. 思い出

    片付け上手な人がうらやましい。

    その家の中は、めっちゃ散らかっていたから。近年まれにみる散らかり具合だ…

  6. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン

    いかがでしたでしょうか、リンゴが落ちるレアな瞬間を見るって、どれだけ長…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    意外に使える計算方法が出てくる善ちゃんとの買い物
  2. 方法、手法

    三相交流が理解できる話
  3. 考え方

    あの、カビキラーの噂は、本当なのか?
  4. 考え方

    電子レンジを振り返って見る
  5. 方法、手法

    絶対に得をする礼儀作法
PAGE TOP