思い出

エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1

エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1
 

 

 

 

 

 

 

 

従業員を募集する

うれしいことに、続けてさえいれば、日ごとに業務の依頼が増えてくるものです。

まぁ、起業って続けていくことが最大の難関ですけどね。

 

ただ、どう考えても人手が足りずに、せっかく依頼を頂いても断らないといけないことも、頻繁に出てきています。

仕事を断ることは、売り上げの減少につながるのですが、それ以上に求められた仕事を断ることは信用問題の低下につながり、今後の仕事に影響が出てきます。

 

事務仕事や簡単な作業なら、他の人にやってもらうべきだと考え、“ココなら“を利用していました。

しかし、本格的にフルタイムで従事してくれる従業員が必要となり、ついに従業員を募集するようになりました。

 

ちなみに、簡単な業務なら、“ココなら“を利用すればワンコインから仕事が依頼できるので、かなりおすすめです。

こんなに小さな企業でも、募集すると応募があるものです。

 

面接は、善ちゃんを主にして、私も同席して二人で行います。

この度は、面接で起きたエピソードを紹介します。

 

本人の名用のため、実名を公表せず、仮名で紹介していきます。

 

 

 

 

応募者 仮名:斉藤さん

無事に高校を卒業し、一回限りの新卒カード使って就職した会社がブラック企業だったようです。

結局、1年も持たずにその会社を逃げるように退社した応募者の斉藤さん。

 

フレッシュ感が満載で、まっすぐに見つめるその目は、私たちの薄汚れた部分を直視しているようにも見え、私たちの方が緊張しそうなオーラを持った青年でした。

それに、そんな事情なら第二新卒として、もっと大きな企業を狙えるのでは?と、内心で私は思っていました。

 

善ちゃんは、一目で気に入り、提出される経歴書と履歴書を必死で読んでいます。

もうすでに、採用する気満々です。

 

善ちゃんが、一人で独占して読んでいるのを、私は横から見ていたのですが、その経歴書は2ページ構成で、ホッチキスで固定されていました。

とても気合の入った職務経歴書で、応募者のアピールポイントはどうやら2ページ目に書いているようでした。

 

1ページ目しか見ない善ちゃんに、しびれをきらした斉藤さんがいいます。

 

斉藤:「口頭でもお伝えしますが、私のアピールポイントは経歴書の2ページ目に書いていますので、ぜひ2ページ目もご覧ください!」

 

それを聞いた善ちゃんは、すぐに1ページ目をめくりました。

善ちゃんは気付いたか気付いてないのかわかりませんが、内容を読むのに必死です。

 

私は、2ページ目の異変にすぐに気が付き、おそらく応募者もすぐに気が付いていた様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

その異変とは、2ページ目の紙の上に、真っ黒な、曲がりくねった、毛がポツンと乗っていました。

だいぶ前から、挟まっていたようで、まるで押し花のようにきれいに張り付いています。

 

先ほどまで、あんなに2ページ目をアピールしていたのに、善ちゃんが2ページ目を読み出したら、応募者は一瞬固まりましたが、急にマシンガントークになりました。

きっと、一瞬自分の中で時間が止まったんでしょう。

 

私たちの注意を、職務経歴書…いや、○毛からそらしたかったのでしょう。

それに、一瞬固まったのは、斉藤さんだけ時間が止まっていたに違いありません。

 

斉藤:「2ページ目は後ほど見ていただき、まずは私自身が説明したいと思いますので聞いていただけないでしょうか!」

 

「さっきと、言ってることが変わった!」

 

まぁ、私は何となく事情を察しているので、気にしていません。

善ちゃんというと、2ページ目の○毛…いや、職務経歴書を凝視し続けています。

 

善ちゃんの悪い癖で、集中しすぎると周りの音が耳に入らないようで、応募者の声は無視される形になっていました。

隣にいた私は、聞こえていたし、もっと言えば、2ページ目で勃発している○毛の乱にも気が付いていました。

 

私は、その○毛の乱にも気付かず、その2ページ目の○毛を凝視する善ちゃんの姿がおかしくておかしくて。

ついに笑いをこらえるために、善ちゃんの頭を叩いてしまいました。

 

叩かれて驚いた善ちゃんが言った言葉

 

善:「今、俺の頭叩いたのは、自分か?」

 

と斉藤さんに言いました。

 

これに便乗して私はやっと大笑いすることが出来ました。

 

善ちゃんナイスです。

 

しず:「ちがうよ、善ちゃんが無視してるから、俺が叩いた。」

善:「…無視?あっごめんごめん」

 

しず:「書類は後から見てほしくて、今は話を聞いてほしいみたい。」

善:「確かにその通りやった。続けて」

 

そんなこんなで、斉藤さんの面接は終わりました。

採用結果は後日報告するとし、私たちは斉藤さんと別れました。

 

車に乗り込んで、再び職務経歴書を見た時には、○毛の乱は消えてなくなっていました。

おそらく、善ちゃんの車内のどこかに落ちたんだろうと思った。

 

この事実は、本人も知らない。

 

後日、善ちゃんから斉藤へ電話連絡し、「採用」と伝えられましたが、「辞退」させてほしいと返答があったようです。

私は思いました、きっと、斉藤さんは自分が採用されるのは雰囲気てきに分かっていたはずです。

 

でも、自分の恥ずかしい押し花を見られた上司の下で働くことを非常にためらったはずです。

斉藤さんは、私がそれに気づいていることも察していたのでしょう。

 

でも、私はそれで良かったと思っています、あの曇りのない青年の斉藤さんなら第二新卒として、大きな企業でリスタートしたほうがいいと思いました。

 

 

 

 

エピローグ

エピソード1ということは、続きがあるのだろうか?

今のところは、面接は頻繁に行っているわけではありませんから、そんなに珍事件はありませんが、面接と言った特殊な環境では、意外に珍事件は多いものです。

 

私は、普通の人が見逃しそうな小さな出来事まで観察していますのでエピソード2も公開できる日も近いと思いますので期待してください。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    食べ物であることをやめてしまった食パン。

    彼は心の中で叫びながらトースターへと走った。なぜ、煙が吹き出ていますか…

  2. 思い出

    スポットライトを浴びる瞬間

    ”Every dog has his day.”というアメリカのことわ…

  3. 思い出

    人を疑うことを知らない善ちゃん

    私の通っていた高校は、男女共学でありながら、私の学年には女子が一人も在…

  4. 思い出

    両目を失ったガリレオ

    上を向いて大きな声で「地動説を捨てる」と宣言し、下を向いて誰にも聞こえ…

  5. 思い出

    ラーメン屋パニック

    ラーメン屋でカレーを食べる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    締付け管理とは。軸力について
  2. 方法、手法

    とにかく蚊にさされたくない!
  3. 方法、手法

    電車で痴漢の犯人に疑われたときに覚えておくこと!
  4. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して、情報提供料の100円を節約できます。
  5. 思い出

    善ちゃんのテレビ出演
PAGE TOP