思い出

生涯で一度しか笑ったことがないニュートン

生涯で一度しか笑ったことがないニュートン

 

堅物ニュートン

生涯で一度しか笑ったことがないって、そんな堅物を想像できるでしょうか?

では、ニュートンの生涯をざっくりと見ていきましょう。

生まれた時には、すでにお父さんは亡くなっていました。

(まさに、それらしい出だしです。)

ニュートンが3歳の時に、お母さんは養育費のために、再婚すること決めます。

それを聞いたニュートンは猛反対

「放火して家ごと焼き殺す」

ってお母さんに言います。

(たった3歳でこの発言をするあたりが、ある意味で天才ぶりを発揮しています。)

 

ニュートンと聞いて思い浮かべるのは

「庭にあるリンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついた」

これ、なんだかとっても軽いんです。

とても、すごい発見だそうですが、なぜかすごく感じがしないのは私だけではないはず。

そもそもこれ、当時の文書記録や物証がないんです。

ニュートンがおっさんになってから、生涯ずっと喧嘩していた「ロバート・フック」と万有引力に関して先取権争いしていた時に、とっさに知人や親類に語った話だと言われています。

 

 

つまり、後付けなわけで、急に軽い話になったのは、この知人や親類のノリが軽かったってことです。

でも、“微分積分”の産みの親と聞けばまだ、私にも理解が出来ます。

“万有引力の法則”“微分積分学”を応用して生み出したと言われています。

やっぱり、物理・数学の天才ニュートンです。

 

国会議員のニュートン

あまり知られていませんが、1689年ニュートンは、大学選出の国会議員となって1期を務めていました。

議会って、議員の発言をすべて議事録として記録しているのがすごい。

この時、議会の記録によれば、ニュートンの唯一の発言・・・

 

「議長、窓を閉めて下さい」

 

だけ。

ニュートンが「議長、トイレ!」って言って、議長が「私はトイレではありません!」とかも言ってて欲しかったです。

 

教え子のモンタギュー

ニュートンの教え子には“モンタギュー”がいました。

モンタギューは世渡りがうまく、早々と財務大臣になりました。

モンタギューは1696年に恩師であるニュートンに王立造幣局監事のポストを与えました。

ニュートンは1699年には王立造幣局長官に昇格し、2000ポンドを超える年収を得ていて、裕福になっていましたが、イギリス史上もっとも悪名高い投機ブーム“南海泡沫事件“に、ニュートンも乗ろうとし、ブームの期間中株を持ち続けた末に大損してしまったエピソードが残っている。

 

孤独なニュートン

科学の分野で偉大な功績を挙げたニュートンですが、我が強く気難しくて偏屈なため、意見の合わない者は反論の余地すら与えず叩き潰すまで論破したといわれています。

また、ニュートンの講義では、あまりに高度で難解なために生徒はおらず、誰も居ない教室で一人講義を続けていたとされています。

(こんな人を見かけたら絶対に誰も近づきませんよね)

 

一度だけ、笑う

生涯で一度だけ笑ったことがあるらしく、それは論敵がボロを出した時に、ちょっとあざけ笑ったという逸話が残っています。

論敵って、きっと“フック”だと思う。

いかがでしたでしょうか、リンゴが落ちるレアな瞬間を見るって、どれだけ長い時間リンゴを眺めてたのかって思ってる方も多いと思いますが、他にもこんなエピソートがあったんです。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 思い出

    スポットライトを浴びる瞬間

    ”Every dog has his day.”というアメリカのことわ…

  2. 思い出

    逆襲のオコゼ

    すごく痛いし、なによりも刺さった痛み以上のものを実感していました。絶対…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽そうに見えた…

  4. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  5. 思い出

    恋心は検便と共に消え去る

    私は、いきなり人生の岐路に立たされてしまった。”検便忘れ”という汚名を…

  6. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん

    こんな特殊な髪形を作れる散髪屋は、そうそうありません。うかつに、いろん…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    英語の発音が難しいと感じる理由
  2. 思い出

    人を疑うことを知らない善ちゃん
  3. 方法、手法

    炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない
  4. 方法、手法

    会社や自宅にかかってくる営業電話の撃退方法
  5. 方法、手法

    金属の鍋がなくても、お湯を沸かすことができます。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。