思い出

株式会社ノーリツと私の出会い

株式会社ノーリツと私の出会い

給湯器メーカーのノーリツ

ノーリツと言えば、能率手帳が有名ですが、今回の話は給湯器メーカーの株式会社ノーリツです。

私が尊敬する人の中に“太田敏郎“という人物がいます。

この方は、誰かというと、株式会社ノーリツの創業者です。

私が初めて出会ったのは、とあるビルのエレベーターの中でした。

 

私は、エレベーターに乗って、目的の階のボタンを押した後、ふと前方を見ると、ゆっくりと歩いてくる老人がいるのを見かけました。

エレベーターに真っすぐ向かって歩いている様子から、もしやと思い、「開」のボタンを押して待っていました。

すると、慌てることなくゆっくりとエレベーターに乗車しました。

私以外の人が居たら絶対に待てなかった時間だと思いました。

私は、「何階に行かれますか?」と尋ねると「おぉ、3階を頼む!」と言いました。

この一声で、その姿からは想像できないほどの迫力のある声とオーラを感じました。

 

エレベーターが動き出してすぐに、エレベーターから異音が鳴り始めました。

そして、しばらくすると…

 

『ギーッ ガシャン!』

 

ついに、エレベーターが停止しました。

私は一瞬動揺し、すぐに呼び出しベルのボタンを押そうとしました。

すると、老人は私に言いました。

老人:「まぁ、慌てんでいいよ」

しず:「はぁ…あっはい。」

なんといった風格でしょうか、そんなことは“小さなことだ“とでも言いそうなオーラでした。

老人:「これも何かの縁や、わしは上品にはしゃべられへんけど太田敏郎と申す、お前さんは誰かのう?」

しず:「私は、寒冷地対策プロジェクトのオーディションでここに参りました。」

老人:「そうか、名前は?」

そんな、たわいもない話をしていたら、エレベーターはすぐに復旧して動き始めました。

老人の降りる階と私の降りる階は同じで、一緒にエレベーターを降りました。

すると、何人かが老人に話しかけました。

「会長!大丈夫でしたか?」

 

 

しず:「かっ会長!?」

老人は、会長だったことを、その時はじめて知りました。

フルネームを伺ったのに気が付かなかったなんて、大変失礼な行動だったに違いありません。

しかし、ほんのわずかの時間でしたが、太田敏郎さんと会話をして、思いました。

「先方が承諾してくれるなら、喜んでこの仕事は引き受けよう」って。

この企業のプロジェクトに参加しているとき、太田敏郎さんの信念をずっと耳にすることになりました。

それは、「お風呂は人を幸せにする」です。

そして、とても健全なモノづくりを実践している良い会社だと感じました。

プロジェクト期間は1年半といつもよりも短めでしたが、3回も「正社員として働く気はないか?」と誘っていただきました。

プロジェクトに参加すれば、決まって言われるセリフですが、私はいつも2つ返事でお断りしています。

ですが、この会社だけは、2つ返事で断ることが出来ませんでした。

最終的には、最後まで断ったのですが、未だに思うのは、あの会社なら就職してもよかったかなぁって思える、心の底からいい会社だと思える企業です。

 

ノーリツ製の給湯器

私の地元企業だという理由もありますが、一緒にお仕事もさせていただいています。

ノーリツ製品なら安心して進められると確信もしています。

なによりも、創業者のファンであることから、エスキ―ジャパンでおすすめしている標準機器は、ノーリツ製品としています。

こういった理由があって、基本的にノーリツの給湯器を薦めますが、ほかのメーカーを批判するつもりはありませんし、批判する理由も見当たりません。

ですから、リンナイとかほかのメーカーであっても、希望があれば対応しますので、気にせず申し出ください。

 

公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団などは、自社で機器は作りません。

ノーリツなどの各メーカーが作ったものを、自社ブランドとして販売しています。

保証はメーカーと同じですから、ほんとはなんの違いもないのですが、〇〇ガスといったネームバリューが非常に強いため、ユーザーには安心感があるようです。

そのため、同じ性能であっても非常に高額な設定価格となっています。

給湯器は高額ですから、〇〇ガスのような公益財団法人から購入するのは得策とは言えません。

検索しても、上位にあるのがこれら公益財団法人系列のお店ばかりですから。

それと、公益財団法人〇〇ガス系列のお店では、工事だけを請け負ってくれるお店はほぼないと考えておいてください。

エスキ―ジャパンでは、ガス給湯器などのガス工事に力を入れています、ユーザー持ち込み機器であっても工事を請けることが出来るめずらしい会社です。

是非、この機会にお見知りおき下さいませ。

関連ページ:ガス給湯器工事

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    あなたは、オバケを見たことがありますか?

    オバケを見た人の言葉私自身もそうなのですが、自信がないのです。だから、…

  2. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽(らく)そう…

  3. 思い出

    両目を失ったガリレオ

    上を向いて大きな声で「地動説を捨てる」と宣言し、下を向いて誰にも聞こえ…

  4. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  5. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか

    何故に、わざわざ呼び出されて告白を受ける立場だった私が、頼んでもいない…

  6. 思い出

    西くんの探し物

    今日、無くなるはずのない物が、目の前から一瞬で消えた出来事がありました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由は?
  2. 考え方

    【狙われる!】もしも、家の鍵がこれだったら、20秒で開けられます
  3. トレンド

    Gポイントのススメ
  4. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは
  5. 方法、手法

    プレゼンの極意
PAGE TOP