思い出

逆襲のオコゼ

ヒメオコゼの逆襲

ヒメオコゼの逆襲

前回書いた、アナフィラキシーショクの記事で、私自身にも思い当たる節がありました。

善ちゃんはハチで抗体が出来ているかもしれませんが、私はオコゼ。

 

善:「”シャア”じゃなくて、オコゼですか」

しず:「”シャア”・・・って、なに?」

善:「いや、もういいです。続けてください。」

※本当に、わからなくて数日後にもう一回聞きました。

それが、「逆襲のシャア」

 

私はのんびりと防波堤で小物を釣るのが好き。

ゆったり、まったりと、釣りを楽しむはずの、いつもの釣りが悲劇を産むこともあります。

釣りたくもない、ボラが釣れてどうにもできなくなったり、サビキ釣りで「おまえらバカか!」って思うぐらい、アジやイワシが釣れて、楽しいはずの釣りがただの作業っぽくなってるとき。

フグばかりが釣れて、猛攻を受けて撃沈することだってあります。

しかし、そんなものは、全然悲劇ではありません。

その日は、朝からヒメオコゼばっかりが釣れてた日

「今日はダメだなぁ」

そう思っていた時にまさに悲劇は訪れた。

釣っては、針を外して逃がしの連続。

だんだんと、ヒメオコゼに嫌気をさしていた私は、後半になると、結構雑に、釣れたオコゼを処理するようになっていました。

ある瞬間、釣れたオコゼを掴もうとしたら、ハリスが竿立てにあたり、竿たてにあたったハリスの部分が支点になり、オコゼがすごい勢いで1回転しました。

まさに、一瞬の出来事。

1回転した拍子に、私の腕、ちょうど手首に近い、血管がものすごくよく流れていそうな部分に、オコゼの棘部分がジャストミート。

 

最悪

 

すごく痛いし、なによりも刺さった痛み以上のものを実感する。

なにか嫌な予感がします。

これは毒が身体に注入されているような感覚があります。

なんだか熱っぽくもなってきました。

いつもなら、このような役は、善ちゃんですが、今回は私。

 

善:「いやいや、そんなアクシデントは、人生のアクセサリーみたいなもんやから、いいと思うよ、俺はね。」

恐るべしヒメオコゼ。

後に病院で抗体検査をしましたが、オコゼはなかったようでした。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    私が背負った十字架の重さ

    よく見るとそいつは、妖怪大百科のボスみたいな「油すまし」の顔にそっくり…

  2. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

    ゾンビ化した善ちゃん披露宴会場で、ゾンビ化した善ちゃんは、いつになった…

  3. 思い出

    西くんの探し物

    今日、無くなるはずのない物が、目の前から一瞬で消えた出来事がありました…

  4. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか

    何故に、わざわざ呼び出されて告白を受ける立場だった私が、頼んでもいない…

  5. 思い出

    ひげそりの使い方を説明するつらさ

    彼の目の前に現れたお客さんを見て彼は動揺を隠せなかった。「え、なんで?…

  6. 思い出

    ボケた善ちゃんと焦げるメカニズム解説

    焦げは、たんぱく質に熱を加えることで炭化していく現象ですが、どうしてフ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法
  2. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して情報提供料の100円を節約する
  3. 方法、手法

    水槽で使う、ぶくぶくポンプの作り方
  4. 方法、手法

    書類をめくる時は、指サックを付けなくても、ペロペロ舐めなくてもいいのです。
  5. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。