思い出

逆襲のオコゼ

ヒメオコゼの逆襲

 

 

 

 

 

 

ヒメオコゼの逆襲

前回書いた、アナフィラキシーショクの記事で、私自身にも思い当たる節がありました。

 

善ちゃんはハチで抗体が出来ているかもしれませんが、私はオコゼです。

善:「”シャー”じゃなくて、オコゼですか」


しず:「”シャー”・・・って、なに?」

 

善:「いや、もういいです。続けてください。」

 

 

私はのんびりと防波堤で小物を釣るのが好きです。

ゆったり、まったりと、釣りを楽しむはずの、いつもの釣りが悲劇を産むこともあります。

釣りたくもない、ボラが釣れてどうにもできなくなったり。

サビキ釣りで「おまえらバカか!」って思うぐらい、アジやイワシが釣れて、楽しいはずの釣りがただの流れ作業に代わってるとき。

フグばかりが釣れて、猛攻を受けて撃沈することがあります。

しかし、そんなものは、全然悲劇ではありませんでした。

その日は、朝からヒメオコゼばっかりが釣れて、今日はダメだなぁって、思っていた時にまさに悲劇は訪れました。

釣っては、針を外して逃がしの連続でした。
だんだんと、ヒメオコゼに嫌気をさしていた私は、後半になると、結構雑に、釣れたオコゼを処理するようになっていました。

ある瞬間、釣れたオコゼをつかもうとしたら、ハリスが竿立てにあたり、竿たてにあたったハリスの部分が支点になり、オコゼが1回転しました。

まさに、一瞬の出来事でした。
1回転した拍子に、私の腕、ちょうど手首に近い、血管がものすごくよく出ている部分に、オコゼの棘部分がジャストミートしました。

 

 

最悪です。

 

 

すごく痛いし、なによりも刺さった痛み以上のものを実感していました。

絶対に毒が注入されています。

なんだか熱っぽくもなってきました。

いつもなら、このような役は、善ちゃんですが、今回は私です。

 

 

善:「いやいや、そんなアクシデントは、人生のアクセサリーみたいなもんやから、いいと思うよ、俺はね。」

 

 

恐るべしヒメオコゼ。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    活字やニュースを鵜呑みにしてはいけない

    メキシコ湾流、北大西洋海流、カナリア海流、大西洋赤道海流に囲まれた海域…

  2. 思い出

    ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

    すこしでも異変を感じたならすぐ、車に帰還です。ふたたび、ゴーストバスタ…

  3. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか

    何故に、わざわざ呼び出されて告白を受ける立場だった私が、頼んでもいない…

  4. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  5. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!

    「俺から、盗めるものがあったら、なんでも盗めよ」次の日、車から道具が結…

  6. 思い出

    心が折れた瞬間 二輪整備編

    マフラーのエキゾート部がばっさり割れて離れていました!一体何がどうなっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    日程調整が楽になる方法
  2. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 輻射熱退治編
  4. 方法、手法

    メガネがないときの緊急処置方法
  5. 方法、手法

    配管図面からアイソメ図の書き方
PAGE TOP