思い出

私がはじめて飼うことになった憧れのペット

私がはじめて飼うことになった憧れのペット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のペットを紹介します。

 

 

私は常々ペットを飼うことに憧れていました。

 

”無邪気にまとわりつく子犬”や”ねこパンチを繰り出すかわいらしい子猫”・・・そうペットは私の中で憧れの存在でした。

 

 

 

 

その憧れは意外な形で現実となりました。

 

私が飼うことになったペット、それは”金魚”です。

金魚との出会いは単純で、近所の納涼祭で金魚すくいがあり、私の息子が無邪気にすくっていたのです。

 

ふだんその金魚は、そこに逃がして持って帰ることはしないのですが、なんと子供は持ちかえると言いだしました。

 

私は、飼える準備がなにも出来ていないから持って帰るのはやめようと説得したが無駄でした。

 

 

 

 

 

 

なんの準備も出来ていない・・・ふと子どこの頃の悪夢を思い出した。

 

金魚すくいで持ち帰った金魚が次の朝、全部死んでいる悲惨な光景を・・・。

 

少年の心に衝撃をあたえた。

 

無知な少年の私にはまったく予想していなかったことで大変ショックを受けたのを今でも覚えている。

 

どうにかしないと・・・

 

このままでは、私が子供の頃に受けたトラウマを我が子にも植えつけてしまうのではと思い、とりあえず庭にあった水瓶に雨水やらをかき集めた。

※水道水ではカルキがあるので死ぬかもって思ったから。

 

夜店でも、カルキ抜きとかぶくぶくポンプを売ってて欲しいなぁって思った。

ぶくぶくポンプも無かったので、出来るだけたくさんの水を用意しました。

※水の量と残留酸素量は比例するから

 

次の問題はえさです。

 

とにかく何かあげないとと思い、図鑑を見てみたら、”ミジンコやらイトミミズなど生きたえさを食べる”と書いてあった。

 

当然、そんなものはありません。

 

すでに夜だったので、お店も閉まっています。

 

代用品を家中さがしていたところ、サッポロポテトなる物を見つけたました。

「これを餌にしてみよう!」と考えた。

 

なぜかと言うと、サッポロポテトはおいしいからです。

私がおいしいと思うのだから金魚もおいしいと思うに決まっていると思ったから。

 

ところが大方の予想に反して、まったく見向きもしない。

 

それどころか水面に油が浮いて事態は悪化した。

 

このやらかし現場を誰かに見られたら、避難されるのは間違いない。

すぐに、水面の油をクッキングシートでこそっと取り出した。

 

次に、私は考えた。

 

今度はコンビーフを与えることにした。

※だって、イトミミズみたいに見えるから。

 

しかし、金魚は賢かった

コンビーフは生きていないとわかったらしく、金魚は一口も食べようとしなかったのです。

※もっとも、コンビーフが生きていたら、私の方がショック死することになるのですが。

 

暗くなった夜に、庭でこんなことを一人で格闘していたんです。

そして、その夜私は、貯金魚にパフパフされる夢をみた。

 

 

【飼育の話】

なお、金魚はすごく糞をたくさんするのです。

 

それも半端な量ではない。

そして、糞は砂利の中に溜まるので下記の商品をお勧めます。

 

当初、必死に砂利をかき混ぜながら水替えをしていたけど、あることに気が付いたのです。

糞と同時に、バイ菌まで舞いあげることになり、高確率できんぎょさんが病気になるらしいってことがわかった。

 

私は以前から息子に進められていた”プロホース”(下図)について疑いのまなざし(-_-)状態でしたが、藁をも掴む思いで、購入してみた。

 

 

 

私は感動し、息子にこう言った。「なんでもっと早く教えてくれへんかったんやー」

 

いざ、使ってみるとゲェーを吐きそうになるぐらいの糞などが辺りの水を汚さず出ていくではないか!

 

「僕、ずっとこれいいよって言ってたやん、僕は実際に使ってる場面もペットショップで見ててん」

 

そうです、2,3年前ぐらいからずっと進められていたが、私が信用しなかったのだ。

 

”ごめんなー疑ってて”

 

水槽の高さによって適切なサイズを選ぶ必要があるのでよく考える必要があります。

間違っても、大は小を兼ねると判断で、なんでもかんでも”L”を買うのは駄目です。

 

なぜなら、高さが高くなると吸い上げるのに苦労するから。

実際に私も”S”と”M”を兼用しています。

 

※決して、大は小を兼ねると考えてはじめに”M”を買ってから使えない水槽があることに気が付いて、後から”S”を購入したってことを想像しないでね。

 

これの前のバージョンの”プロホース2”なるものがあるがお勧めしない。(価格もほどんど変わらない)

 

この”プロホース2”は使うのにコツがあり、最悪は使えないなんてこともあるのでこれを買うメリットはなにひとつない。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

    ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無…

  2. 思い出

    ボケた善ちゃんと焦げるメカニズム解説

    焦げは、たんぱく質に熱を加えることで炭化していく現象ですが、どうしてフ…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  4. 思い出

    食べ物であることをやめてしまった食パン。

    彼は心の中で叫びながらトースターへと走った。なぜ、煙が吹き出ていますか…

  5. 思い出

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物

    昭和時代を語る上ではどうしても切り離せないと考えました。私は、これを見…

  6. 思い出

    片付け上手な人がうらやましい。

    その家の中は、めっちゃ散らかっていたから。近年まれにみる散らかり具合だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由
  2. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由は
  3. 思い出

    思い込みの激しいコロンブス
  4. 方法、手法

    ユーチューブから音だけをmp3でダウンロードする方法は?
  5. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない
PAGE TOP