思い出

ポジティブシンキング! あなたもきっと、西くんの前向きな気持ちに心を打たれる!?

ポジティブシンキング! あなたもきっと、西くんの前向きな気持ちに心を打たれる!?

 

キン肉マン

私が高校生のころ、入学したころはヒョロヒョロだった生徒の一人が、2年生になったころにはムキムキのキン肉マンに変貌した生徒がいました。

西くんは、その姿にすごく憧れてしまい、すぐにウェイトリフティングを開始しました。

幸い私たちの学校には、トレーニングの設備が揃っていましたので、お金をかけずにすぐにスタートすることができました。

そして、西くんのトレーニングを面白がって見ていた私と善ちゃん。

いつの頃からか、見学ついでにトレーニングしていた私と善ちゃんは、西くんよりも、ムキムキになっていました。

 

西:「なんで、一生懸命にトレーニングしている俺よりも、お前らのほうがムキムキになるねん。」

 

実は、みんな気が付いていなかっただけで、私は元々鍛えていたので、元々ムキムキだったんです。

私がトレーニングしたままの設定で、西くんや善ちゃんが使おうとすると、全然動かなかったことを覚えています。

現在は、デスクワークのみになっていますので、善ちゃんの方がものすごく体格がガッチリしています。

当時の善ちゃんは、非力でしたが、西くんよりはムキムキになっていました。

西くんは、私のことはあまり気にしなかったのですが、善ちゃんに対してはものすごくライバル意識が強かったので、そこからプロテインを飲むようになりました。

そして、食事にも力を入れ、本格的にトレーニングを始めたのです。

トレーニングを始めたのが春ですが、夏になったころは3人ともキン肉マンになっていました。

そしたら西くんから驚くべき提案が・・・!

 

プール

西くんがプールに行きたいと言い出しました。

私は、プールって言うから、鍛えた体を見せるために派手なところに行くものとばかり思っていましたが、違いました。

さすが西くんです、近所にあるスポーツジムのプールを選択しました。

その名は「しあわせの村」

まぁ、私はどこでもよかったのですが、なぜか善ちゃんの顔色が悪いです。

 

しず:「善ちゃん、どうかした?」

善:「俺、“トンカチ”やから」

西:「それは、“かなづち”って言うんとちゃうか?」

善ちゃんにツッコミを入れるときの西くんは、最高の笑顔を見せます。

 

善:「俺はてっきり、プールに浸かるだけで、マジの水泳とは思ってなかったぞー」

西:「まぁ、落ち着けや」

善:「おまえのそれは、いつ聞いても、ほんまにムカつくわ!」

私は、すごく水泳が得意だったので、できるだけ泳がないことにしました。

私の泳ぎを見て、この2人が泳ぎにくくなったらかわいそうだと思ったから。

 

西:「俺が見とったるから、おまえ(善ちゃん)一回泳いでみろや」

そう言いながら西くんは足の着くプールへ移動しました。

私と西くんが見守る中、善ちゃんの泳ぎが始まりました。

 

善:「じゃぁ、ちょっと泳いでみるわ」

泳げないといいながら、飛び込みからのスタートです。

 

バッ シャーン!

 

 

泳げないくせに飛び込むって…、しかも雑い。

 

 

バシャ……バシャ バシャ バシャ…

 

 

西:「なんやー、泳げてるやないか!」

しず:「いや、リズムが悪すぎ、絶対とまると思なぁ。」

 

 

バシャ…バシャ…バシャ…

 

 

善ちゃんが、15メートルぐらいのところで、溺れだしました。

 

ブハァー…

 

ハァ、ハァ…

 

.。o○ ブク

 

アカン…

 

ハァ…

 

.。o○ ブク ブク ブク

 

○o。.……ブハァー

 

そして、足がつくことに気が付き、立ちました。

 

善:「あっかん、俺、息継ぎが、でけへんわ」

善ちゃんは、顔が青くなった状態で、こちらに歩いて戻ってきます。

 

善:「俺、とにかく、息継ぎが、でけへんねん」

善ちゃんが泳いだ距離は15メートルです、25メートルプールですが、最後まで泳ぐことができませんでした。

気が付くと、西くんが、嬉しそうに、ケラケラと笑っています。

 

西:「まぁ、落ち着けや、練習すれば、俺のように泳げるようになるから心配するな」

善:「そう言うおまえは、どんなけ泳げるねん!」

西:「では、お手本をみせまーっす。」

西くんは、得意げに言いました。

私たちの高校にはプールがなかったので水泳の授業はありませんでした。

誰がどのくらい泳げるのか全く未知数。

西くんも同じように、飛び込み台に立ちます。

 

バッ シャーン!

 

…うん、善ちゃんと変わらないぐらい雑な飛び込みです。

 

バシャ……バシャ バシャ バシャ…

 

善:「おぉー、あいつ、あんなに泳げるのか!」

しず:「いや・・・なんか・・・おかしいようなぁ・・・」

 

バシャ…バシャ…バシャ…

 

善ちゃんが溺れだした魔の15メートルにさしかかりました。

まだ進んでいます。

 

バシャ…バシャ…バシャ…

 

20メートルにさしかかったころです。

 

ブハァー…

 

ハァ、ハァ…

 

.。o○ ブク

 

アカン…

 

ハァ…

 

.。o○ ブク ブク ブク

 

○o。.……ブハァー

 

私には、西くんの動きが、善ちゃんと全く同じ動きにしか見えませんでした。

そう、なんと、西くんもあまり泳げなかったわけです。

そして、25メートルプールを泳ぎ切れなかった西くんがこちらに戻ってきます。

唖然と口を開けて、西くんを見つめる善ちゃんを見た瞬間、私は吹き出しそうになりました。

しかし、私はグッと笑いをこらえた。

西くんは、自信に満ち溢れた顔でこちらに戻ってきます。

そして、善ちゃんに言います。

西:「ほらなぁ、お前も練習したら、これくらい泳げるようになるからな! はーっはっはっはっー

 

これ、西くんの冗談ではなく、マジで言っています。

善ちゃんはそっと、こぶしを握り言います。

 

善:「そっそうやな、すっすごく…参考になるわ」

西:「ほたら、今から俺が教えるから、プールに入ろうぜ!」

善ちゃんは、私を見て、目で訴えています。

 

善の心:「今すぐ西くんをどうにかしろよ」

 

しず:「じゃー、2人で一緒に溺れておいで。」

西:「溺れるのは、善ちゃんだけやでー」

 

善:「おまえもじゃー ボケー」

 

 

 

ポジティブ

自信を持つことは非常にいいことです。

善ちゃんはあきれていましたが、私は、西くんの前向きな気持ちが非常にまぶしかった。

その西くんのポジティブシンキングには、意外と何度も救われた記憶があります。

西くんぐらいのレベルになるには、常人には難しいですが、実際に彼を見ていると、なぜか幸せそうに見える。

私は、設計開発の仕事を生業としているのですが、かなり精神的に追い詰められることもあります。

こんなときは、西くんのポジティブシンキングをいつも思い出し、そして「まぁ、落ち着けや」の魔法の言葉を自分の心に言い聞かせています。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    片付け上手な人がうらやましい。

    いったいあの泣きたくなるような屈辱は何だったのだろうかと拳を握り締めて…

  2. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

    ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無…

  4. 思い出

    読み込み出来ないはずのバーコードが!

    部長:「俺の頭が成功したりしてな!わぁーはっはっはー!」すかさず…しず…

  5. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット

    金魚は賢かったコンビーフは生きていないとわかったらしく、金魚は一口も食…

  6. 思い出

    希望部署に配属されなくても得るモノはたくさんある話 前編

    希望に満ち溢れた状況で就職を果たし、長い入社研修が終わった後に待ち受け…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    掃除機選びのコツ
  2. 思い出

    死のドッチボール
  3. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?
  4. 方法、手法

    本の読み方
  5. トレンド

    ビットコインの歴史と流通する理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。