思い出

西くんの探し物

西くんの探し物

書類紛失

さっきの書類が見当たらない!

学生時代のある日、西くんと解体屋めぐりをしていました。

私は、お目当てのバイク部品を数点見つけ、値段も言い値の25%ほどの値段で買い付けし、さっそく西くんの自宅前で部品の交換をしていました。

西くんは、なにも入手してなかったので、その間は部屋で電車の写真を整理していました。

西くんの家は、とにかく壁が薄いので、外にいるだけで家の様子が手に取るようにわかる状態の家でした。

どれだけ薄いかというと、高校生が家の外からパンチをしただけで、家の中まで腕が貫通します。

それは、西くんが彼女に振られた夜に、私たちの目の前で実際に起きた出来事。

私は、部品交換している最中に聞こえてくる、西くんの家の様子を盗み聞きしながら作業していました。

 

西くん兄:「お前が学校に提出する書類は、俺が書いてやったから、ちゃんと持っとけよ。」

西くん:「お兄ちゃん、ありがとう」

 

3分後

 

西くん兄:「ごめん、さっき渡した書類やけど、書くの忘れてるとこがあるから追記させて」

西くん:「あれ、どこいったんかな?・・・書類が見当たらん・・・」

西くん兄:「ちょっとコンビニ行ってくるからちゃんと探しとけよ!」

西くん:「うっうん!」

 

西くんは、兄が怖かったので、書類を必死に探しました。

必死に探しますが、まったく見つかりません。

西くんの身体から、大量の汗が噴き出しています。

それを見かねた、お母さんがキッチンから来ました。

 

【お母さんが探し物に参加】

母:「全然見つからないね、ちょっと2階も見てくる」

 

全然見つからないからって、お母さんが2階に探しに行きました。

私は、書類を預かった西くんが一歩も動いていないのを知っていたので、そんなことして意味あるのかなぁって思って聞いていました。

お母さんが2階に行っている間にお父さんが来ました。

必死に探し物をする西くんを見て・・・

 

【お父さんも探し物に参戦】

父:「一応、も見てみるわ」

全く意味を分かっていないんでしょうね、お父さんは外を探すと言いながらお父さんが、私のいるところに飛び出してきました。

私は、「絶対に外には無いと思う」と言いたかったけど、言えば盗み聞きしていると思われるのも嫌だったので、軽く挨拶だけ済ませました。

 

 

善ちゃん登場

そうこうしているうちに、善ちゃんが西くん宅に遊びに来ました。

私は、バイクを触っていたので、私には声を掛けず、西くんに声を掛けました。

家の中で、必死で探し物をしている西くんに声を掛けます。

 

善:「なにしてるん?」

西くん:「見つけないと叩かれる」

善:「俺も一緒に探そうか?」

善ちゃんは、なぜそう思ったのかわかりませんが、勝手にバイクの鍵だと思ったそうな。

そして、必死に鍵を探しはじめまていました。

外を探していたお父さんが、戻ってきたと同時に、お母さんも1階に降りてきました。

お父さんとお母さんが話しています。

 

父:「どこにもないな、こんなときは意外な場所にあったりするけどな。」

母:「それは、どこよ」

父:「キッチンとか?」

それを聞いた両親は、キッチンに向かった。

私は外でそれを聞いていて、確かお母さんに限っては、はじめキッチンからきたんじゃないのか?と思った。

キッチンを探しているお父さんが、冷蔵庫のビールがなくなっていることに気付く。

 

父:「お母さん、ビールがなくなってるよ」

母:「いいえ、どこかにあるはずよ」

両親は、ビールを探し始めました。

そんな、やりとりに気を取られたせいか、私はスパナと言う工具を見失ってしまいました。

そうこうしていると、お兄ちゃんがコンビニから帰ってきました。

必死で探し物をしているみんなに、お兄ちゃんが言いました。

「みんな、いったい何を探してるの?」

しず:「スパナです。」

善:「バイクのです。」

母:「ビール

父:「チューハイ

母:「あなたは、ビールを探していたでしょ!」

父:「あきらめて、チューハイ探してた」

みんなの違うそれぞれの探し物を聞いて、みんなが初めて目を合わしました。

「自分たちは、いったいを探していたのか?」

そして、お兄ちゃんは、西くんに、言います。

 

兄:「おまえは、書類は見つけたのか?」

西くん:「ちょっと別の探し物してて」

兄:「それは、何?」

西くん:「扇風機のリモコン

当の本人が、本来の探し物をしていないといった事実まで発覚しました。

お兄ちゃんがよく見ると、書類は、西くんのすぐ目の前に落ちていました。

それに、そもそも扇風機のリモコンなんて、はじめから存在もしていなかったことも後から判明した。

 

善:「おまえ、ボケかー!」

 

 

ハサミさんにお願い

探し物といえば、「ハサミさん」です。

なんでも、なくした物をハサミさんにお願いすれば、探し物が見つかるすごい裏技です。

先ほど、西くんのお父さんが、言っていましたが、探し物は意外なところから出てくるもの。

だから、固定概念をなくす必要があります。

さっきの探し物騒動でもそうでしたが、固定概念を外しすぎて、大変なことになっていましたね。

そこまでする必要はなくて、ほんの少しだけ観点をずらせばいいのです。

この時に、「ハサミさん」は使えます。

使い方はとっても簡単

さっそくやってみましょう。

「ハサミさん、ハサミさん、私の大切な書類はどこにありますか?教えてください!」

これだけ。

こうやって、ハサミさんに探し物をお願いすることで、自分で探すのを一旦やめる事ができます。

でも、やっぱり、ハサミさんは探し者を持ってきてくれないので、再び自分で探し始めます。

再び探し始めた自分は、頭の中が整理されているので、的確に探し物ができる状態になっている。

 

あとがき

まえがきもなく、あとがきです。

今日、無くなるはずのない物が、目の前から一瞬で消えた出来事がありました。

まるで、異次元にでも言ってしまったのだろうか?と思うほど。

余りにも不思議でした。

最終的には見つかったのですが、本当になかなか見つからずに困っていました。

そんなとき、昔にあったおもしろかったエピソードを思い出しましたので記事にしました。

あまり内容がありませんが、すこしでも笑ってもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    スポットライトを浴びる瞬間

    ”Every dog has his day.”というアメリカのことわ…

  2. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。

    彼は鍵を閉め忘れていたが、児童たちはドアを閉め忘れていった!…

  3. 思い出

    あの先行者はどうなったのか?

    日本ではHONDAがASIMOを開発し、ソニーもAIBOを開発していた…

  4. 思い出

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物

    昭和時代を語る上ではどうしても切り離せないと考えました。私は、これを見…

  5. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編

    披露宴の始まりライトアップされたフロアは、まるで1枚の絵のように周囲の…

  6. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

    ゾンビ化した善ちゃん披露宴会場で、ゾンビ化した善ちゃんは、いつになった…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ブレインストーミングと10個のチェックリスト
  2. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。
  3. 方法、手法

    アイソメ図の書き方
  4. 方法、手法

    表示されたメッセージの対処方法を調べるには
  5. 考え方

    『猫バンバン』のやりすぎで車が凹む?!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。