思い出

究極の選択は突然に訪れる

究極の選択は突然に訪れる

 

 

 

 

 

 

善ちゃんに話を聞くと、電気工事現場と言うのは、常に危険と隣り合わせのようです。

 

高所で作業をするための2段はしごを使っている時でも、両手を離した状態で作業することはよくあるみたいです。

 

慣れとは恐ろしく、はしごが少々ぐらついていても全く気にならないようになってくるものだと彼は言う。

そう、はしごがきれいに使える現場ばかりではないからです。

ある現場で、はしごが異常に傾いていても気にならないようになるほど、順応していた。

いつものことです。

 

普段と変わらない作業のなかで事件は思いのほか突然に訪れた。

 

彼の天然レーダーはふわふわした感覚を『ビビッ』っと察知した。

 

しかし、時すでに遅し、はしごが壁から離れてる。

 

そして、とっさに掴もうとした雨どい…しかし、雨どいはそんなに丈夫に作られていない…このまま掴んだら雨どいを壊してしまう。

 

しかし、掴まないことは死ぬことさえ覚悟しないといけないのであります。

(お客さん宅で死ぬのも大迷惑な話)

 

時間にして1秒もない時間、この1秒もない時間で人生の究極の選択を迫られることになるとは彼は災難です。

しかし彼はポジティブで、なんの根拠も無く”死ぬことはないだろう”と思ったそうです。

彼は雨どいを掴むのをやめ、流れに身を任すことを決断した。

 

九死に一生を得たと言えば大げさな話ですが、幸いにも軽傷で済み、倒れたはしごで何かを破損することはなかったようです。

 

正義感にあふれる熱血派の彼ならではのエピソードです。

そんな彼へエアコンの工事を依頼するならこちらのフォームから見積もり依頼ください。

電気工事士ではありますが、ガスのスペシャリストでもありますので、ガス機器の交換などの依頼も歓迎です。

インターネットからのお客様は一番大切にしており、中間マージンもカットして工事を提供いたします。

 

 

私は息子にその事を話したら、大爆笑

 

この事は彼には内緒にしておこうと思う。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

 

関連記事

  1. 思い出

    私が背負った十字架の重さ

    よく見るとそいつは、妖怪大百科のボスみたいな”油すまし”の顔にそっくり…

  2. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  3. 思い出

    株式会社ノーリツと私の出会い

    老人は、会長だったことを、その時はじめて知りました。フルネームを伺った…

  4. 思い出

    エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1

    まぁ、私は何となく事情を察しているので、気にしていません。善ちゃんとい…

  5. 思い出

    心が折れた瞬間 二輪整備編

    マフラーのエキゾート部がばっさり割れて離れていました!一体何がどうなっ…

  6. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

    ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    車の内部循環と外気導入は、普段どうするのか?
  2. 思い出

    両目を失ったガリレオ
  3. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編
  4. 考え方

    ルームエアコンは本当にクリーニングで綺麗になるのだろうか
  5. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 暑い家編
PAGE TOP