思い出

ひげそりの使い方を説明するつらさ

 

 

 

 

 

 

電気製品のことを聞かれることも多い

電気工事士の善ちゃんは、お客さん宅に工事しに行くと、ついでのようによく電気製品のことを聞かれることも多いものです。

ある、年配のお客さん宅に工事に行った時もこんなことがあった。

お客さんから、電気カミソリについて質問されていた。

 

「兄ちゃん、電気カミソリ買ってんけど、どうやって使うか教えてくれへんかー」

 

彼は一瞬「教える方がむずかしいわ」と言いそうになるのをぐっとこらえた。

 

どうやって説明しようか悩んだ挙句、「今、実際に使ってみませんか?」と提案してみたのでした。

 

「え、ええんか!工事前やのに悪いなぁ」と言いながら、その言葉を待ってましたと言わんばかりに、すぐに電気カミソリを箱から取りだした。

 

お客さんはすぐにスイッチを”ON”にしたが、まったく動く気配はなかった。そう、充電が無かったようでした。

 

すごく、気を落としてるお客さんに善ちゃんは

 

「今すぐ使えますよ」

 

最近の電気カミソリは未充電でもコンセントに接続すればDC電源でフルパワーで動くようになっているので、教えてあげた。

 

コンセントと鏡がある洗面所で電気カミソリのレクチャーは始まりました。

 

レクチャーと言っても、「スイッチを入れて、ヒゲのあるところにあてる」だけです。

 

とても簡単で・・・・・・と言うか

彼はまだ何も発言してないのにすでに使用していたではないか!

 

その様子を黙って見ていた彼は一言

 

「そうそう、ジョリジョリ音が聞こえていたら剃れているってことだから、ジョリジョリ音が無くなったらそこにはもうひげはないから、別の場所に移動すればいいですよ」

 

この一言が後々の悲劇につながることは彼はこの時点では知る由もなかったのです。

 

ひげを順調に剃っているのを横でじっと見ている姿もなんだかあほっぽいので、彼はお客さんをそこに残して、さっそくエアコンの設置工事に取り掛かったのだ。

エアコン取付作業も終盤に入り、真空ポンプで真空引きしている時(真空引き中は少し時間の余裕がある)に一息いれてたところ、なにかの異変に気が付いた・・・

 

「あれ?まだ電気カミソリの音が聞こてるやん」

「よっぽど、気に入ったんやなぁ」

と思ったが、それにしても長すぎるのは考えすぎだろうか・・・。

 

少々気にはなったけど、まさか電気カミソリで怪我をする人もいないだろうし、電気カミソリは短い毛しか剃れないので、まさか髪の毛までツルツルにはしていないだろうと思い、様子を見に行くのを差し控えた。

 

今から思うと、その時に見に行っていたとしてもすでに遅かったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

約20分の真空引き作業が終わり、その間に片付けも終わり、最終確認をお客さんと行うため、お客さんを呼びに行った。

 

彼の目の前に現れたお客さんを見て彼は動揺を隠せなかった。

「え、なんで? なんで・・・・こめかみ辺りまでの髪の毛も無くなってるん」

 

つい、口が滑ってしまった。

 

”しかも、若干まゆげにまで被害が及んでいるではないか!”

 

そう、正直者の彼は真実をありのままオブラードに包むことなく伝える時があります。

 

お客さん「えっ、なんかおかしい?」

いや、おかしいすぎる。つっこみどころがありすぎて彼は絶句した。

 

「あっあ、あー、いや、えーっと、ちょっと・・いや、めっちゃ・・あの・・・」

 

「顎辺りでジョリジョリ音が無くなったから、いろんなところ探っとってん。」

 

彼は心で叫んだ

「探りすぎ! 程があるやん。絶対に手首の角度変わってたはず!」

 

彼は自分の説明方法に重大な欠陥があったのだと非常に後悔した。

 

「そうそう、ジョリジョリ音が聞こえていたら剃れているってことだから、ジョリジョリ音が無くなったらそこにはもうひげはないから、別の場所に移動すればいいですよ」

 

”そこはもうヒゲじゃないからー”と心の中で叫び続けた。

 

せめてもの罪滅ぼしに、テレビやビデオの設定をしてあげたら、お客さんは大喜びだ。

 

 

昔の電気カミソリって、短い毛しかきれなかったけど、最新のカミソリは多少長くても剃れてしまうのかなぁ
次の現場に向かいながら思った。

正義感の強い善ちゃんは罪悪感で胸を締め付けられる思いだったようだ。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    究極の選択は突然に訪れる

    時間にして1秒もない時間、この1秒もない時間で人生の究極の選択を迫られ…

  2. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編

    披露宴の始まりライトアップされたフロアは、まるで1枚の絵のように周囲の…

  3. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん

    こんな特殊な髪形を作れる散髪屋は、そうそうありません。うかつに、いろん…

  4. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!

    「俺から、盗めるものがあったら、なんでも盗めよ」次の日、車から道具が結…

  5. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

    ゾンビ化した善ちゃん披露宴会場で、ゾンビ化した善ちゃんは、いつになった…

  6. 思い出

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物

    昭和時代を語る上ではどうしても切り離せないと考えました。私は、これを見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。
  2. 方法、手法

    【ひとつの選択肢】これから犬や猫を飼いたいと検討している人たちへ
  3. 方法、手法

    オリジナル洗剤でナチュラルクリーニングを始める方法
  4. トレンド

    生態系の頂点にいるものは何?
  5. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん
PAGE TOP