思い出

忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん

忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん

隠せない動揺

高校受験ともなると、学力試験に加えて、面接なるものも存在します。

面接では、緊張のあまり、とんでもないハプニングが起こることも、よくあることです。

高校受験の面接では、複数で受けることが多くなると伺いました。

一緒に面接を受けるグループに、妖怪ウォッチの腕時計を付けて来る様な強者がいたとしたら、あなたはどう思うか。

しかも、それに気付くのが、面接会場に入場してからだとすると・・・

若干15歳にして、それを見なかったことにするのは至難の業でしょう。

妖怪ウォッチの腕時計を、付けてくる強者の目的はなんなのか。

いろんな、疑問が頭の中を埋め尽くし、面接のシュミレーションは、すべてどこかへ行ってしまうかもしれません。

私の場合は、これほどの緊張感はありませんが、見てはいけないものを見てしまった気持ちがすこしわかります。

いつも、利用している、コンビニの店員にこんな髪型の人が居ます。

いつも、私はその店員の髪型に目を奪われてしまいます。

この画像は、イメージですがカッコよすぎ。

実物は、こんなにカッこよくなく、超オタクっぽい感じで、小汚い。

私が言いたいのはモミアゲ。

その店員は、モミアゲが異常に長い。

モミアゲが、余裕で肩にかかっています。

動くたびに、ひらひらとモミアゲが揺れています。

女なら、まだわからなくはないのですが、男です。

しかも、推定35歳ぐらい。

他の客も、それをあざ笑うかのように、チラチラ見ているのが、よくわかります。

 

私のプロファイル

あの人は、散髪屋さんで、いつもどうしているのか。

こんな特殊な髪形を作れる散髪屋は、そうそうありません。

うかつに、いろんなお店に行けば、きっと、どこかの散発屋さんで、カットされてしまいます。

あそこまで、伸ばし、その状態を維持するためには、きっと、おなじ散発屋さんに通っていることは間違いなさそうです。

そもそも、こんなモミアゲで散髪屋に行ったら、普通の店なら、笑われてしまう。

だから、このモミアゲを生み出した犯人は、おなじみの散発屋さんに違いありません。

美容室かもしれませんが、散髪屋なら、必ず聞かれる、決まり文句があります。

まず椅子に座ると「今日はどうなさいますか?」です。

必ず、これを聞かれます。

この質問に対しては「いつもと同じで」と答えるのが慣用的な使い方。

散髪屋の主人は、ハサミやキリ吹きを準備し始め、次にもうひとつの決まり文句を言います。

「モミアゲはどうしましょうか?」です。

きっと、この人は、この質問に対して、「そのまま残しておいて」と言うのでしょう。

そう、何年その散発屋に通っているか、わかりませんが、何も考えずにずっと、そうやって言い続けているのではないのか。

この答えを、毎回聞かされる、散髪屋さんの気持ちは、いったいどんなんだろうか。

いや、きっとターニングポイントがあったはず。

ある時期から、自分が担当する、この客のモミアゲが不自然な長さとなり、やがて明らかに奇妙な髪型へと進化をとげてしまう。

しかし、それでもこの人は毎回モミアゲを「そのまま残しておいて」と言い続けるに違いありません。

ただ、いつもと同じセリフを言っているだけで、人の迷惑をこれっぽっちも考えていないのは間違いない。

散髪屋の主人にしたって、今さら「お客さんのモミアゲ、すごくおかしいですけど」とは、口が裂けても言えない。

もしも、正直にそれを口にすることができたなら、どんなに気持ちが楽になるだろうか。

悶々とした日々が過ぎていく。

誰も悪くなんかない。

散髪屋の主人もモミアゲマンも悪くありません。

やがて散髪屋の主人は、モミアゲマンが店を出た途端に、周囲の人が笑いをこらえていることに気付いて、散髪屋としてのプライドをズタズタにされることでしょう。

それにしても、これほど現実離れした髪型(モミアゲ)の人が、今まで、誰にもつっこまれずに、生活をしてきたというのも考えてみると不思議なこと。

だって、私の中では、ちょっとした都市伝説ぐらいには、なっているのだから。

時には、モニアゲが邪魔になるときだってあるに違いありません、そんなときは、きっとこのように、モミアゲをくくっているのかもしれません。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    両目を失ったガリレオ

    上を向いて大きな声で「地動説を捨てる」と宣言し、下を向いて誰にも聞こえ…

  2. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 後編

    ゾンビ化した善ちゃん披露宴会場で、ゾンビ化した善ちゃんは、いつになった…

  3. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!

    ってかー、普通間違わんやろーっこれは悪意さえ感じる。…

  4. 思い出

    ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

    すこしでも異変を感じたならすぐ、車に帰還です。ふたたび、ゴーストバスタ…

  5. 思い出

    あの先行者はどうなったのか?

    日本ではHONDAがASIMOを開発し、ソニーもAIBOを開発していた…

  6. 思い出

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物

    昭和時代を語る上ではどうしても切り離せないと考えました。私は、これを見…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 思い出

    善ちゃんのテレビ出演
  2. トレンド

    ランサムウェア 注意「Wanna Cry」が全世界に拡大!解除法発見?
  3. 考え方

    暑い夏に、長袖シャツはどうなのよ!
  4. 方法、手法

    表示されたメッセージの対処方法を調べるには
  5. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。