思い出

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

これは、続きの話ですので、はじめから読まれる方はこちらからどうぞ

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

オーダーミスの後

続けて、キャプテンは私に言います。

キャプテン:「あのお客さんのオーダーも行ってごらん」

私は、気を取り直してもう一度、オーダーを伺いにいきました。

すると、どうでしょう

なにが起きたのかさっぱりわかりませんが

また違う料理が運ばれてきたのです!

 

しず:「この機械(ターミナル)壊れているのかぁ?」

キャプテン:「ちょっと貸してごらん」

 

キャプテンがテストしても機械は正常動作していました。

そんな中、容赦なくお客さんは来店します。

また、キャプテンは言います。

キャプテン:「あのお客さんのオーダーも行きなさい」

怯える自分をグッとこらえて、次こそは!

必死にオーダーを受けました。

しかし、またオーダーミスです。

なんと私は、3回も連続でオーダーミスをしてしまったのです。

私は、立ちくらみで、その場に崩れそうになりました。

普段冷静な私も、オーダーを取るのが怖くなってしまって・・・

「もう、私はブロック業務はやりません!」

そう言っちゃいました。

そこから、私はまた料理を運ぶ「パントリー」に逆戻りです。

フロアで、淡々とオーダーをとっている人たちが神に見えていました。

それから、数か月が経過し、後から入店する人に教育する立場になりながらも、自らオーダーを取ることを一切しない中堅トレーナーになっていました。

お客さんの前での復唱も正しかったのに、はじめ何が原因で、オーダーミスをしたのかが、さっぱりわかりませんでした。

結局自分なりに、冷静に分析した結果、“略語”を完全に勘違いしていることに気が付きました。

他の人が、同じような間違いを犯さないように新人には略語の紛らわしさを徹底的に教えました。

新しく来た人が、言います。

新人:「なぜ、そんなに詳しくて、なんでも知っているのに、実際のオーダー業務はやらないのですか?」

しず:「俺は、実務でオーダーを成功したことがないから」

新人:「うっそー、それはおかしいですよ。私たちに教育する時は、普通に間違いのないオーダー打てているのに?」

そうなんです、やらないといいつつも、トレーニングする立場上、いつも練習していましたから。

 

しず:「初めに3回ミスしてから、めっちゃビビってる」

新人:「4回目は?」

しず:「やってない」

新人:「え、わたしなんて、今まで10回以上オーダーミスしていますよー」

しず:「俺の場合、本番で成功した経験がないからトラウマになっている。」

新人:「いつも、しずかさんがフォローしてくれているから、これで済んでいるけど、本当ならもっとミスしてますよ」

しず:「俺には、水面下が似合ってるから」

 

その会話を聞いていた、店長がいいました。

 

店長:「えー!今度の花火大会の日は、忙しいから、オーダー業務お願いしようと思っていたのにぃ。」

しず:「他に出来る人間を育てます!」

 

それを聞いていた、キャプテンが言いました。

 

キャプテン:「へぇ、実務をしない人間がトレーナーって、おまえそれでいいと思っているのか?」

店長:「そうそう、どんなにラッシュになっても、君だけはうろたえないよね、ラッシュになればキャプテンとの立場も逆転するような優秀な君がオーダーも取れないって非常に残念だよ!」

この店長は、最近東京から来たばっかりだったので、私の事情は知りませんでした。

マドンナ店員:「出来るのに、やらないんだー、ふぅーん。いつ再デビューするのか、とても楽しみやったのにぃ」

このマドンナ店員は、文字通りこの店のマドンナ的な存在です。

私以外のほとんどの男が告白するような存在で、とてもきれいな人でした。

私は、きれいだとは思っていたのですが、なぜか、まったくトキメキがありませんでした。

マドンナ店員もそのことを知っていたようで、夜遅くなった時には必ず私を指名して家に送るように言われていました。

他の男たちも、私に関してだけは、嫉妬することはありませんでしたから。

いや、本当に私は興味がありませんでしたからね。

マドンナ店員は、ほとんどの男がときめくような美人だったのは確かなのですが。

気のせいか、この人の言葉は、私の心にグサグサ刺さるようでな物言いで、どちらかというと避けていました。

ただ、別の意味で、この人に文句を言われるのが誰に言われるよりも、私は嫌だったので、変な意味で再度オーダー業務をするきっかけになってしまったのです。

 

リベンジ

さぁ、「今日からオーダーとるぞぉー」と気合を入れて入店してみれば、いきなりラッシュが始まっていました。

ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無情にも、私がフロアに出た瞬間に手を挙げているお客さんと目が合ってしまいます。

すぐに誰かを呼ぼうとしましたが、ターミナルを持っている人間は少なく、私の手にはそのターミナルがしっかりと握られていました。

こんなに緊張することはめったにありません、ドキドキしながら、リベンジオーダーを伺いに行きました。

マシンガンのような早口で、連続して注文するお客さんに対して私は、全く遅れることなくオーダーを打つことが出来ました。

 

自分でも驚きました。

 

だいたいの、注文のパターンも知っていたので、お客さんが言う前に予測でボタンを打てるほど、言われる注文よりも打つ方が早くなっていた自分に驚きました。

いつも、教育していて、みんなが悩んでいたから、対策も一緒に考えていたことで、知らない間にコツを掴んでいたようです。

リベンジのオーダーが早口で且つ、量も多かったので非常に緊張しましたが、注文通りの料理が出てきました。

当たり前のことなのですが、私はすごく感動しました。

結局、私が最後にレストランを去るその日まで、オーダーミスをしたのは初めの3回のみでした。

私にも、はじめ何が起きていたのかわからないままでしたが、もしも、あの時、あのまま諦めていたら、私は失敗から何かを学んだにもかかわらず、それを気が付かないままでいたのかもしれないと思うと、今でも本当に良かったと思っている思い出の一つです。

 

どうでもいい豆知識

ファミレスでよく見る豪華なメニューはご存知だと思いますが、私のアルバイトしていたレストランにもグランドメニューと呼ばれる豪華なメニュー表がありました。

新メニューになるたびに一新されていましたが、1冊あたりの制作費はおよそ1万円もするそうですよ。

少なくとも半年に一度は一新されるので、個人経営でない限りいつもきれいですよね。

 

その他にも、このレストランでは面白いエピソードがあります。

関連記事:レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

関連記事:レストランのアルバイト 貯金箱編

関連記事:レストランのアルバイト マニュアル編

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編

    披露宴の始まりライトアップされたフロアは、まるで1枚の絵のように周囲の…

  2. 思い出

    私が背負った十字架の重さ

    よく見るとそいつは、妖怪大百科のボスみたいな「油すまし」の顔にそっくり…

  3. 思い出

    心が折れた瞬間 二輪整備編

    マフラーのエキゾート部がばっさり割れて離れていました!一体何がどうなっ…

  4. 思い出

    ブログ初投稿から1年間経過しました。

    ホームページ作りとある銀行で法人口座の開設条件に、「ホ…

  5. 思い出

    株式会社ノーリツと私の出会い

    老人は、会長だったことを、その時はじめて知りました。フルネームを伺った…

  6. 思い出

    「名は体を表す」姓名が与える恐ろしいほどの影響とは

    「名は体を表す」といいますが、まんざらでもなさそうです。それと、苗字が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    上司や先輩から仕事を教えてもえない場合
  2. 考え方

    手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要
  3. 方法、手法

    アウトドアや非常時に炎を手に入れる方法
  4. 方法、手法

    髪の毛に付いたガムを取る方法
  5. 考え方

    わき毛を抜くと、わきのニオイがひどくなるのは本当か?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。