メモ

兵庫県民が「兵庫出身」と言わない理由


5つの顔を持つ県

神戸市を知ってても、神戸市が兵庫県であることは知らない人も多いといいます。
それは、神戸市の人は「兵庫出身」とは言わず、「神戸出身」と言うからなんですよね。
でもこれ、神戸市だけに限りません。
兵庫県には29の市があるのですが、みなさん「〇〇市出身」と言う人が多いんです。
兵庫県には、「姫路市」「明石市」「尼崎市」「芦屋市」「淡路市」「伊丹市」「宝塚市」などの代表的な市があります。
それは、兵庫県の土地面積は広く、東西南北で文化や方言がとても多い県だからなんです。
さらに、兵庫県は5つの国(「摂津」「丹波」「播磨」「但馬」「淡路」)」から構成されていて、「5つの顔を持つ県」とも呼ばれています。

南北で異なる産業

兵庫県は、関西で唯一南北が海に面している県だったんです。
北部は「日本海」、南部は「瀬戸内海」。
この、2つの海に囲まれているため、兵庫県の場所によっては気候が全然違うんです。
日本海に面している兵庫県の北部は、シベリアから来る北西の季節風が影響して、冬になると豪雪地帯になります。
兵庫県の北部では、「弁当忘れても傘忘れるな」と言う言葉があるくらい。

阪神工業地帯

小学校でも勉強したのを覚えている人もいるかもしれませんが、阪神工業地帯というのは、3大工業地帯のひとつで、大阪や神戸が主な地域になります。
兵庫県の南部の瀬戸内海地域では、鉄鋼業や石油化学工業など、いわゆる重化学工業が盛んで、兵庫県の内陸になると、家電や日用品などを扱う中小企業が立ち並んでいます。
兵庫県の北部では、農林水産業が盛んで、特色が全然違うんです。

6種類の方言

兵庫県では、6種類の方言が使われています。

神戸の方言

「何をしてる?」とかなら、「なにしとお?」みたいに、語尾に「~とお」がついているのが特徴で、私も昔はこれで、大阪の人からいじられていました。

姫路市の方言(播州弁)

口調がきつく、他の地域の人が聞いていると喧嘩しているように聞こえます。
まるで怒っているように感じるかもしれませんが、そんな方言なんです。
「なんですか?」とかなら、「なんどいや!」みたいに独特な言葉を使います。

尼崎市の方言(摂津弁)

これは、尼崎市の方言ですが、大阪の人も使いますので「大阪弁」に近い方言。
「赤ん坊」とかなら、「ややこ」とか言います。
余談ですが、関西弁と大阪弁は別と考えた方がいいですよ。

但馬弁

鳥取県に近い、兵庫県の北部の但馬方面で使われています。
この但馬弁は、かなり標準語に近いと言われています。
「あのね」とかなら、「あんなーあ」みたな感じの言葉を使います。

丹波弁

丹波は京都に近いこともあり、京都弁のような温かい雰囲気の言葉を使います。
ちなみに「うつくしい」という言葉の発症は丹波弁と言われています。
「簡単だ」とかなら、「なやすい」と言います。

淡路弁

淡路島で使われている方言で、和歌山県や徳島県とは近いこともあって、言葉がよく似ています。
「だらしがない」とか「汚らしい」とかなら、「しょうたれとる」と言います。
実は、淡路島の北と南でも方言が変わります。

兵庫県あるある

兵庫県には「宝塚歌劇団」や「甲子園球場」がありますが、意外と甲子園が大阪だと思っている人も多いらしいです。
あとは、運動会とかの掛け声、つまり号令のことですが、先生に指令を受けた子供たちは「や~っ!」と答えるように指導されます!
他の地域の人が知ったら「ダチョウ俱楽部」みたいだと思うかもしれませんが、これは本当の話なんです。
子供たちは、深く息を吸ってから…「や—-っ!!!」と叫びます。
他には、「日直」を「日番」といいます。
さらに、中学になると「日番」の当番が週変わりになるため「週番」というようになります!
とっておきのイベントがあって、小学校5年生になると4泊5日という長い時間をかけた「自然学校」というのがあります。
他の地域なら、1泊2日で「林間学校」とかではないですか?
この自然学校は、兵庫県独特の行事なんです。
公立学校では、中学2年生を対象に「トライやる・ウィーク」という職業体験が実施されています。
この期間も長く、1週間ですよ。
この職業体験は、最近になって他の地域でも見られるようになりましたが、兵庫県は、1995年に発生した阪神・淡路大震災や1997年の神戸児童連続殺傷事件がきっかけになって、生徒の心と教育の充実を図ることを目的に1998年から、この取組みが始まりました。

さいごに

こんなに文化や言葉が違う県は珍しいと思います。
ここまで違うと、やっぱり区別したくなるのも理解いただけましたでしょうか?
兵庫県民がなぜ「〇〇市出身」と言うのかが少しでも理解していただけると幸いです。
兵庫県の中でも神戸市というのが知名度が高く、隣接する明石市の人とかが東京などに旅行に行くと「神戸から来ました!」ということがよくありますが、見栄や嘘ではなく、その方が伝わりやすいと思っているからなのでお許しください。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

コツコツと努力すると大きな力に勝てる理由前のページ

絶対に得をする礼儀作法次のページ

関連記事

  1. メモ

    エアコン工事作業の備忘録1

    これからエアコン工事をする人にとって参考になれば幸いです。初心者の私が…

  2. メモ

    リポビタンDとオロナミンCの違い

    nanacoのチャージにクレジットカードが使えるnanacoといえば、…

  3. メモ

    タイヤの黄色と赤色のマークについて

    新品のタイヤを見ると、何やら赤いマークと黄色いマークが付い…

  4. メモ

    味の素を食べるとハゲる!

    味の素が石油由来だった時代でも安全性は確認されていて、しかもそれは昭和…

  5. メモ

    アルミホイールはスチールホイールより重い!?

    アルミホイールはデザイン性に優れていて、軽量という話で多くの車…

  6. メモ

    0(ゼロ)は偶数か奇数か?

    0を自然数と考えた場合、0は偶数です!0(ゼロ)を中心に+(プラス)側…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 樹木編
  2. 思い出

    利害関係のある人間に相談してはいけない
  3. 考え方

    洗濯機は、ドラム型と縦型ではどちらを選ぶべきか?
  4. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由
  5. 考え方

    アイドリングストップは無意味
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。