方法、手法

竹を根っこから枯らす方法


切るだけ

実行出来る時期は限られていて、12月~2月の真冬です。
その間に実行したとしても上手に枯れないこともあります。
出来るだけ真冬を意識して寒い時に切ってください。

地表から1メートルぐらいの高さで切るだけなんです。

寒い時期に切られた竹が春になった時、竹は自分が切られていることに気付かないらしくて地下から水分をどんどん汲み上げてオーバーフローさせてしまうようです。
切り口から水がどんどん出てくるようになります。
だんだんと水だけではなく地中の茎や根っこにある養分まで使い果たしてオーバーフローさせていきます。
養分が溢れ出てくるので、大量の虫が寄ってきます。
竹は養分を使い果たして勝手に枯れてしまうわけです。

マジ?って思うかもしれませんが、現代農業2019年4月号に掲載されている情報です。

真竹なら1年後にはスポッと根っこから抜けるらしいです。
もうそう竹だと抜けるまでに2~3年はかかるらしいです。
竹が抜ける時、グラグラとなっていて竹だけが抜けて茎や根は地中に残ったままになります。
茎は残りますが枯れているのでタケノコが出てくるこはありません。

成功した状態

すべての竹で成功するわけではなさそうです。
成功したらこのようになるのですぐにわかります。
※閲覧注意(クリックで大きな画像になります。)

養分に虫がたくさん集まっていて白い酵母菌が沢山溢れています。
匂いはパンが発行するときの匂いらしく、これで本当にパンも作れるらしいです(^_-)-☆

失敗した状態とその対処方法

失敗した竹は一目でわかります。
表面は枯れていますが、地中の茎や根っこは元気な状態

こうなったら根本から切って次の竹で再チャレンジするのが良いです。
あまりお勧めしませんが、ここから枯らすなら除草剤を使うしかありません。
使うのは「ラウンドアップマックスロード」

これを、1本の竹に対して10ml注入します。

注入方法

竹用のドリルで節と節の間に穴を開けます。

注射器にラウンドアップマックスロードを入れて、10mlだけ注入します。

シリコンシーラントなどでコーキングします。

注意

ラウンドアップマックスロードを注入した場合、周囲15m以内のタケノコは2年間食べないように気を付けてください。
これがあるので、ラウンドアップマックスロードの注入はお勧めしていません。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

エクセルの小数点の見え方について前のページ

精神的に強くなる方法次のページ

関連記事

  1. 方法、手法

    使い捨てカイロの作り方

    鉄が、塩水で錆びることは、なんとなく知っていると思いますが、その錆びる…

  2. 方法、手法

    男女問わず薄毛必見!毛が増えるシャンプーのやり方

    今回の話は、あくまでもケアの話です。薄毛には、医学的な観点もあり、ケア…

  3. 方法、手法

    なぜ昆布は海でダシがでないの?

    昆布が生きている間はグルタミン酸というのは表皮細胞に蓄えられています。…

  4. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編

    CADというのは、意外に最低限のオペレーション機能だけで実は業務をまか…

  5. 方法、手法

    ファンヒーターへの給油のイライラはすべて解消できる!

    一昔前から、これに灯油をいれて石油ファンヒーターなどに給油する人がいま…

  6. 方法、手法

    有料道路で降りるインターを間違えても無料でUターンできる方法

    なにかの拍子に目的のインターチェンジを通過してしまった場合は、堂々とU…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    パソコンのキーボードがおかしくなった原因
  2. 考え方

    ガス給湯器の交換を考える時期とは
  3. 考え方

    日記を書き続けると知恵が発揮される理由
  4. 方法、手法

    ほとんどの電卓で使える、ちょっとした技
  5. 思い出

    散らかすってのは、どういうことやねん!
PAGE TOP