方法、手法

神輿(みこし)の担ぎ方

神輿(みこし)の担ぎ方

神輿とは

神霊(しんれい)が普段いる場所は、神社です。

祭りで渡御(とぎょう)するときは一時的に神霊を輿(こし)に移し、氏子町内(うじこちょうない)を巡行(じゅんこう)します。

難しい言葉がたくさん出てきますので解説を挟んでいきます。

神霊:神のみたま。

輿:人を乗せ人力で持ち上げて運ぶ乗り物。

氏子町内:氏神(うじがみ)が守ってくれる範囲に生まれた者。

渡御:神輿が出かけて行くこと。

巡行:方々をめぐり歩くこと。

つまり、おみこしとは、神様の乗り物で、そこには神様が乗っているということです。

巡航中の人に「お花」と書いた封筒にお金を入れて、渡すと神輿が家の前まで来てくれることがあります。

お花の中に入れる金額がわかりにくいですが、いくらでもいいので、1000円で大丈夫です。

1000円だろうが、5000円だろうが、1つは1つです。

たくさん入れても、あまり変わらず、出すか出さないかが大きな違いとなりますので、太鼓の音が近づいてきたら、小額でもまったく問題ありませんから、是非お花を出してあげてください。

神輿は落とすべからず

べからず:すべきでない。

「いちいち解説を入れるなら、素直に書けよ」って言われそうですが、これは大切なニュアンスですし、覚えておいて損はありませんから悪しからず。

悪しからず:悪く思わないで

神輿には神様が乗っているわけですから、むやみに地面に置くことは許されません。

台車(御所車、牛車)の乗せるのは大丈夫ですから、巡行中は台車に乗せています。

小さな神輿でも1トンぐらいは普通にありますから、担いで巡行なんてとても出来ません。

巡行して宮入り(神社に戻る)したときは、いよいよ台車から降ろして担ぎます。

神輿は、大変重いですし、絶対に落さないほうがいいので、担ぎ手さんの数が要ります。

地域にもよりますが、神輿に担ぐスペースが空いている場合、希望すれば担がせてくれることが多いです。

ただ、要領をしらないと、あまり戦力にもならないし、ケガをします。

今年も、初参戦の人がケガしていく様子を見て、初めて担いだ時の自分を思い出しました。

終わった後に、「来年もがんばりましょうね」って言ったら、「もうコリゴリっす!」って言った人がいました。

私はまだ、参戦して7年目ですが、今となっては完全に要領を得ていますので、そんなに体を痛めることもなくなりました。

今年も、肩にはタオルを挟まずに神輿を担ぎましたが、痛くもなんともありません。

コツさえつかめば、神輿を担ぐのはそんなに苦痛はなく、とても楽しいものです。

 

 

担ぎ方のコツ

 

担ぐ位置

背の高さが同じくらいの人がいる場所が良いです。

安全性を重視するなら、内側に入らず、外側が良いと言えます。

それは、もしもの時に逃げられるからです。

その代わり、外側になればなるほど荷重の負担は大きくなります。

みなさん遠慮して、外側や端っこを担ぐ人が多いので、比較的、内側がスカスカです。

密集するのが苦手な人には、内側がおすすめ。

 

担ぎ棒から肩を離さない『重要度:中』

担ぐ肩を決めたら、担ぎ棒に肩をグッっと入れ込みます。

そして、担ぎ棒が肩から離れないように、担いでいる側の手で担ぎ棒を上から下にしっかりと押さえこみます。

これは一見、とても勇気がいりそうな行動ですが、初心者はこれをしないから肩を痛めたりケガしたりするのです。

逃げても、痛いだけですから、グイグイ肩を押し付けて、決して離さない事がポイントです。

 

膝(ひざ)を使う『重要度:大』

体は担ぎ棒と垂直を保ちます。

担ぎ中は、掛け声と共に、リズムよく上下します。

肩は、固定していますので、どこかで上下のストロークを吸収しないといけません。

それは、腰ではなく、膝です。

膝の動きを滑らかにして、神輿の上下の動きに合わせます。

この合わせをミスすると肩には信じられないほど大きな負荷が掛かりますので、このポイントが最大のコツとなります。

 

足はがに股で左右に広げる

神輿で一番危険なのは、左右に揺れた時です。

神輿は前後に長いので、前後にこけることは物理的にありえませんが、左右には簡単に倒れます。

ですから、担ぎ手は、左右に揺れないように常に意識しておく必要があります。

そのために足は、左右に踏ん張っていることが望ましいと言えます。

 

息を合わせる

神輿はとても重いものですから、個人の意思でコントロールすることはまず不可能です。

拍子木(ひょうしぎ)を持った人のリズムに合わせ、周りの人と息を合わします。

担いでいると、だんだんと神輿の高さが低くなってくることがあります、その時は遠慮せず声を出しましょう。

例えば「落ちよんぞー!」って声を張り上げてみてください。

すると、拍子木でみんなの息を合わせ始めます。

息が合うと、不思議と神輿が軽くなり、スッっと上がるので不思議です。

そう、拍子木を持った人がヘタクソだった場合、本当にエライ目に合います。

 

祭りは、長時間歩くので、エアークッションのあるこの靴はおすすめですよ。


 

最後に

担ぎ手には、担ぐ前から、たくさんのお酒が振る舞われることがあります。

お清めのために少しは飲んだ方がいいですが、酔った状態で神輿を担ぐのは大きなリスクを伴います。

お酒の弱い人は、神輿を担ぐ前のお酒を控えておいたほうが良さそうです。

神輿を担いでいると、その雰囲気に飲まれ、実力以上の力を出してしまいます。

まぁ、それも醍醐味のひとつですが、次の日は体がバキバキになっています。

神輿を担いだ日なら、まだ動けますから、後片付けなどやっておかないといけないことは、その日に終わらしておきましょう。

関連記事:お酒はマイナスの水分補給

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

    炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。飲み残した炭酸飲料に金属の…

  2. 方法、手法

    インスタントコーヒーがおいしくなる作り方

    コーヒーに使う水は、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い水道水がおすす…

  3. 方法、手法

    排水口のおもしろい掃除方法とは

    臭いは、換気で防ぐことが出来ますが、お風呂場は密室で換気が難しい場所と…

  4. 方法、手法

    オリジナル洗剤でナチュラルクリーニングを始める方法

    重曹はとても有名ですよね、そのまま使用できますし、水に溶かして重曹水に…

  5. 方法、手法

    金属の鍋がなくても、お湯を沸かすことができます。

    紙皿に水をいれて、直接火にかければ、お湯を沸かすことができます。紙は、…

  6. 方法、手法

    車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

    上抜きと下抜きでは、それぞれにメリットとデメリットがありましたね。総合…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. メモ

    パソコンのキーボードの便利な使い方
  2. 方法、手法

    画像で画像を検索する方法
  3. メモ

    このHP立ち上げるまでの備忘録
  4. 思い出

    子どもをくじく、大人の一言
  5. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。